東京ディズニーリゾート

TDL新エリアオープンで、季節イベントごっそり削減!2020年度イベントスケジュール発表

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで2020年4月~2021年3月に開催されるイベントスケジュールが発表されました。

オリエンタルランドogp東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー® 2020年度のスケジュール

 季節ごとのイベントやショー・パレードを楽しみにしてパークに通っている年間パスポートホルダーとして、こんなにガッカリしたイベントスケジュールは、過去なかったです…。情報見て、激しく動揺しました。

 もちろん新エリアは楽しみですし、もっとライトなゲストの感覚からすればこれで十分なのは分かっているのですが、やはり季節イベントを楽しみにしている人が多いファン・マニアの人にとっては、ちょっとどころかだいぶ物足りないイベントスケジュールだと思います。

東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 2020年度イベントスケジュール
  • 4月15日TDL新エリアオープン
  • TDLはハロウィンまでイベント無し
  • 七夕無し
  • ハロウィンとクリスマス、TDSイースターと夏は再演
  • 1年間で新しいショーは2つだけ
  • 小規模のスペシャルプログラム多数

 ざっとまとめるとこんなかんじで、新しい要素はほとんどありません。各季節のイベント内容を詳しく見ていきましょう。

2020年3月27日~6月12日『ディズニー・イースター』(東京ディズニーシー)

Tip-Top イースター2019 グーフィー

 まずは、ディズニーシーのイースターイベント『ディズニー・イースター』。2020年は3月27日からスタートです。

 後述するように、2020年はディズニーランドでイースターイベントが開催されません。パークが1年で一番混雑する3月末に、ディズニーシーだけイベント開催になるので、イベントスタート当初は入園制限レベルの混雑になる可能性が高そうですね。

 イベント内容としては、“うさピヨ”が主役となっていてショー画像も使われているので、2019年に初公演となった《Tip-Top イースター》の再演が確実です。

 2019年のイースターイベントでは、うさピヨ自体はインパクトもあって意外と受け入れられておりましたが、こども向けのショーであることを差し引いてもショー内容はファンからは低評価でした。2020年ではショー内容にテコ入れをしてくるかが注目ですね!

2020年4月15日 東京ディズニーランドに『美女と野獣』のニューファンタジーランドなど、新エリアがオープン

東京ディズニーランド 美女と野獣 ニューファンタジーランド 2020年4月15日

東京ディズニーランド®大規模開発 映画『美女と野獣』の世界が広がる“ニューファンタジーランド” 2020年4月15日(水)グランドオープンを決定

 一方、ディズニーランドのほうは、先日オープン日が発表された『美女と野獣』エリアなどを含む新エリアが、4月15日にオープンします!目玉となるのは4つの施設。

  • 美女と野獣“魔法のものがたり”(アトラクション)
  • ベイマックスのハッピーライド(アトラクション)
  • ミニーのスタイルスタジオ(グリーティング施設)
  • ファンタジーランド・フォレストシアター(屋内シアター)

 この大規模開発エリアの情報が初めて出たのが2014年。6年を経て、ついに足を踏み入れることができるということを考えると、今からもうハンパない期待感!2020年度の目玉であることは間違いないです。

 新エリアの詳しい情報は別記事で解説しているので、そちらをご覧ください。
LINK:TDLに2020年4月15日オープン!『美女と野獣』を含む大規模開発エリアの全施設解説&混雑はどうなる?

東京ディズニーランドは、ハロウィンまでイベントなし

 ディズニーランドは4月15日に新エリアがオープンしますが、その影響からか、ハロウィンまでイベントがありません。これは本当に驚きです。

うさたま大脱走!2019 プルート チップ デール

 春のイースターイベントも開催なし。周年イベント開催時はイースターイベントを開催しない(2018年のTDR35周年もそうだった)のですが、新エリアオープンでも開催なしになってしまいました。

 2019年に2年ぶりに公演された《うさたま大脱走!》ですが、果たして2021年に再び帰ってくるのかが注目です。TDSが周年イベントなので、テーマ一新ではなく継続するのではないかと予想していますが。

東京ディズニーランド 七夕グリーティング2019 ミッキー

 さらに驚いたのは、『ディズニー七夕デイズ』も開催なし!ディズニーランドだけでなく、ディズニーシーでも開催しないので、2020年は東京ディズニーリゾート全体から七夕がなくなるということになりました。

 毎年、ディズニーランドの《七夕グリーティング》で人力車のおじ様にお会いできるのを楽しみにしていましたが、まさかこんな形でそれが途切れるとは思ってもみませんでした。

オー!サマー・バンザイ!2019 ドナルド ミッキー グーフィー

 春は新エリアのオープンがあるので、イベントがないのも百歩譲って仕方ないかもしれませんが、まさか夏イベントまで削られるとは思いませんでした。

 2019年の《ドナルドのホット・ジャングル・サマー》では、6年ぶりに公演されたキャッスルショーがとても評判がよくて、盛り上がりましたが、それも2020年は無し。ドナルド好きとしては落胆です。

 夏すら何もイベントのショーがないのはあまりに寂しいですね。せめて《ジュディとニックのジャンピン・スプラッシュ》だけでもやってくれないかと思いましたが、あれだけのために城前のステージを作りそうもないので、期待薄です。

2020年6月4日~11月1日 スペシャルプログラム『ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス』(東京ディズニーランド)

ドリーミング・アップ! 東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”

 ディズニーランドではイベントはありませんが、スペシャルプログラムが6~11月に実施されます。

 新エリアにアトラクション《ベイマックスのハッピーライド》がオープンするのに関連して、トゥモローランドで『ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス』を実施。映画『ベイマックス』をテーマにしたデコレーションやフォトロケーション、グッズとメニューを展開。

 こちらはあくまでスペシャルプログラムなので、ショーやパレードはありません

 せめてベイマックスとか、ビッグヒーロー6の面々のグリーティングなんかがあればいいのですが、かなり人気のあるキャラクターで超混雑になるのは目に見えているため、期待薄ですね。。。

2020年7月1日~9月2日『ディズニー・パイレーツ・サマー』(東京ディズニーシー)

パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”2019 ジャック・スパロウ

 ディズニーシーだけは夏イベントを開催します。2020年は七夕イベントがないせいか、いつもより早めの7月1日から

 終了日もいつもは8月31日が基本で、土日などと重なれば9月1日や2日ということもありましたが、2020年は普通の平日なのに9月2日までになっています。このあたりは謎のイベント期間ですね。

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界をテーマにしたイベントで、2020年で4年目を迎えます。

 ジャック・スパロウとバルボッサが登場するショーと記載され、写真も使われているので、《パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”》の再演が確実です。

6月4日~8月26日には『ダッフィーのサニーファン』も開催

 6月から8月にかけては、2019年と同様にダッフィーのプログラム『ダッフィーのサニーファン』も開催されます。デコレーション、グッズ、メニューを展開。

2020年9月11日~11月1日『ディズニー・ハロウィーン』

《スプーキー“Boo!”パレード》と《フェスティバル・オブ・ミスティーク》が再び

スプーキー“Boo!”パレード2019

 ハロウィンになって、ようやくディズニーランドではイベントが開催されます。

 ゴーストたちが披露する“ゴースト流の東京ディズニーランド”がテーマで、パレード写真も使われているので、《スプーキー“Boo!”パレード》の再演が確実です。

 このパレードはとても人気が高くて、私も好きなのですが、2019年は停止が1回のみで、数時間待たないと見れないようなパレードになってしまいました。パレードの構成上、停止はプラザ+どこか1ヵ所が最大だと思うので、せめて2回停止にしてほしいですね。

フェスティバル・オブ・ミスティーク2019

 ディズニーシーは、邪悪な魔王の復活をたくらむ海の魔女たちが登場するショーで、写真も使われているので、《フェスティバル・オブ・ミスティーク》の再演が確実です。

 こちらは2019年に初公演だったので、再演は多くの方が予想していたと思います。

2020年11月10日~12月25日『ディズニー・クリスマス』

6年目のパレード、《イッツ・クリスマスタイム!》再演、TDS夜ショーなし

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ2018 ミッキー

 続いて、クリスマスもディズニーランドはイベントがありますが、まさかの《ディズニー・クリスマス・ストーリーズ》が6年目に突入。良いパレードではあるんですが、さすがにもう新しいものが見たいです。

イッツ・クリスマスタイム!2018 ドナルド デイジー スクルージ

 ディズニーシーではクリスマスのレビューショーとして写真も使われているので、《イッツ・クリスマスタイム!》の再演が確実です。こちらはまだ3年目で人気もあるショーなので、納得です。

 しかし、残念なのは夜のショーに関しては何も記載がないこと。《カラー・オブ・クリスマス》は2019年でフィナーレとなることが決定していて、《ファンタズミック!》も3月に終了します。

LINK:夜ショーがフィナーレ!TDS『ディズニー・クリスマス2019』詳細発表

LINK:TDSファンタズミックとアリエルのグリ施設、TDLランチショーのルアウ&ファンが2020年3月に終了

 ディズニーシーではロマンチックな夜の水上ショーは、毎年当たり前のようにあったので、本当に無いの?と。新ショーがあれば確実に記載があるはずなので、これはかなり残念です。

2021年1月1日~1月5日お正月のプログラム

東京ディズニーシー ニューイヤーズ・グリーティング2019

 年が明けた1月は、毎年恒例のお正月イベントが開催されます。2021年は丑年。主役はクララベル?

 5日間しかありませんし、通過だけのグリーティングパレードがあるだけの小規模なものです。デコレーションもエントランスに出てくる門松くらいですね。

2021年1月13日~2月14日 美女と野獣のプログラム『名称未定』(東京ディズニーランド)

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ2018 ベル ビースト

 1~3月は、ディズニーランドでイベントが開催されませんが、『美女と野獣』の世界をテーマにバレンタインのプログラムが開催されます。

 バレンタインのプログラムと言えばディズニーシーですが、今回はディズニーランドで開催です。新エリアの目玉が『美女と野獣』なので、それに関連してプログラムが初開催となったということでしょう。

 スペシャルプログラムなので、デコレーション、グッズ、メニューのみ。ショーやパレードは無さそうです。

2021年1月13日~3月25日 ダッフィー&フレンズのプログラム『名称未定』(東京ディズニーシー)

ステップ・トゥ・シャイン

 ディズニーシーでは、ダッフィー&フレンズの新プログラムを開催。2020年までは『ダッフィー&フレンズのハートウォーミング・デイズ』というプログラムでしたが、2021年は新しくなります。

 新プログラムではグッズ、メニュー、デコレーションだけでなく、グリーティングショーを公演します。2021年度で唯一の、イベント限定の新しいショーが見れますね。

ピクサー・プレイタイム・パルズ2019 ジェシー ブルズアイ

 2020年まで3年にわたって開催された『ピクサー・プレイタイム』は開催されません。2020年が見納めとなるので、ピクサー好きの方は、見逃さないように!

年パスやめる人が続出しそうなイベントスケジュール

 以上が2020年度のイベントスケジュールです。なんというか、ファン・マニア目線だとこれはもう本当に悲しくなるくらい魅力がないです。

 やはり一番の要因は、2020年はディズニーランドの新エリアと東京五輪で集客は十分見込めるということなんでしょう。これだけごっそりイベントや新要素を削ってきたのは、驚きです。

 ディズニーランドに関しては、新エリアが史上最大規模ですし、オープンしてみてどうなるかわからないという不安もあるのでしょうね。キャスト不足やオペレーションもありますし、新エリアの運営がなによりも最優先という事情があることは想像できます。

 また、イベントをごっそり削る&再演祭りで大幅にコストカットをしておいて、2020年度で最高益を出す狙いもあるのかもしれません。

 1年で新しいショーは、《ファンタジーランド・フォレストシアター》のショーと、2021年1~3月のダッフィー&フレンズのグリーティングショーの2つだけ。あとは期待できそうなのが、この3つですね。

  • ファンタズミックの後釜
  • リロのルアウ&ファンの後釜
  • アリエルグリの後釜

 《ファンタズミック!》が2020年3月に終わりますが、普通に考えれば2021年4月のディズニーシー20周年に新ショーをもってくると思うので、これも期待薄ですね…。

 私も10年以上、年間パスポートを更新し続けていますが、これだけ寂しいイベントスケジュールは過去にありませんでした。いや、ディズニーランドの新エリアはたしかに超楽しみではあるんですが…。

 あまりにイベントは手を抜きすぎなので残念です。これで年間パスポートの更新を考えるという人は多いのではないでしょうか?

 もっとライトなゲストから見れば、もう新エリアがあるだけで十分ですし、各季節のショーなんてファン・マニアのように毎回見ているわけでもないので再演でも全然問題ないですよね。やはり2020年は新エリアに集中するという意図があるのだと思います。

東京ディズニーランド 美女と野獣 ニューファンタジーランド 2020年4月15日
TDL『美女と野獣』のニューファンタジーランドやベイマックスの新アトラクなど、2020年4月15日オープンに決定東京ディズニーランドの大規模開発エリア、『美女と野獣』のニューファンタジーランドやベイマックスのアトラクションなどのグランドオープンが、2020年4月15日に決定。詳しい情報を解説します。...
東京ディズニーシー ファンタズミック! 2020年3月25日終了
TDSファンタズミックとアリエルのグリ施設、TDLランチショーのルアウ&ファンが2020年3月に終了東京ディズニーシーの夜のショー《ファンタズミック!》と《アリエルのグリーティンググロット》、東京ディズニーランドのランチショー《リロのルアウ&ファン》などが、2020年3月に終了することが発表されました。これまでの経緯や後継施設、終了となった要因などを解説。...

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    東京五輪で人手不足だから、来年は仕方がないでしょう

    • クロロ より:

      東京五輪とパークの人手不足はまた別問題ではないでしょうか?
      新エリアオープンで、そちらの混雑に人手を割く必要があり、パレードやショーなんかやっている場合じゃないというのは想像できますが…。

  2. あゆ より:

    はじめまして、こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    春からのイベントショーパレ激減、本当に残念です。
    ドリーミングアップもないのでしょうか?
    教えてください。
    春のインパ考え中です。

    • クロロ より:

      あゆさん、はじめまして!
      いつもご覧いただきありがとうございます。

      ドリーミングアップはレギュラーパレードなので、イベントとは無関係です。
      つまり、イベントがなくても毎日公演されます。
      ただし、例年4月から5月にかけては休止期間なので、それは気を付けたほうがいいですね。
      休止施設情報は半年前に公開されるのが通常ですので、休止するのであれば10月か11月には公式サイトに出ると思われます。

  3. 匿名 より:

    こんにちは。
    毎年、子どもの誕生日で春にインパですが…これは…行く価値半減の気分です。シーよりランドが好きなので、ショック極まりない。グッズ買えない件、何もかも混みすぎてて満足できない件、色々サービス低下の件、そして今回の件…それでも行っちゃうのですが、それを見透かされてるようなキガシテならないです。

    • クロロ より:

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      春にパークに行っていたのであれば、2020年の春はたしかに行く価値半減ですよね…。
      新エリアがすぐに体験できることが嬉しいのは間違いないのですが、今後ずっとある施設ですし、混雑を考えると、ほかにも楽しめる要素がほしいですもんね。

      百歩譲って2020年は仕方ないとして、今後こういったイベントスケジュールが続くのがどうかが最大の懸念ですね。
      ファンにとっては、色々なサービスの低下は気になる点ですし、それに加えてイベントまで削減されてしまうと、行く回数は確実に減りそうです。

  4. johnjohn より:

    こんにちは!
    いつも楽しく拝読させて頂いています!

    今年は悲劇的にプログラムに力入れてないですね…
    東京に関しては毎年行く回数が減っているので、ぜひインパしたらレポートご報告お願いします!

    • クロロ より:

      johnjohnさん、いつもブログご愛読して頂きありがとうございます!

      新エリアは当然楽しみではあるのですが、これだけイベントを削減し、さらに再演の嵐というのはちょっと寂しいですよね。
      それなら年間パスポートをやめて、浮いたお金で海外パークに行くという経験をするのも全然アリだと思います。
      私は年間パスポートの期限の関係上、来年も変わらず行くと思います。
      レポートもしていくので、ご期待ください!

  5. 匿名 より:

    手抜きは言い過ぎですね。元々七夕も短期間であったのが伸びて一ヶ月になったものですし、以前は1月~3月まで何もない時期も珍しくは無かったと思いますが。

    私は今年で終わると思っていたパイレーツサマーが来年も実施してくれると知って正直嬉しいです。この件もそうですが、夏のイベントが少ないのは、キャラの中の人の健康を考えての事ではないですか?パイレーツサマーが4年目に入ったのも同じ理由でしょう。着ぐるみが出ませんから。それさえ、気温によって出演時間を調整してましたから、日本の殺人的な夏の暑さを考えれば、私はそれを受け入れます。

    大好きなミッキーやミニーたちが暑さで苦しむなんて考えたくありませんから。それなら以前のように、もっと小規模なショーを増やして欲しい。ダイヤモンドシスターも夏は辛そうだけど、ああいうショーを望んでいるゲストもいるんですから。

    • クロロ より:

      貴重なご意見ありがとうございます。
      七夕は1週間あったものが1カ月に拡大しましたが、以前は代わりに春イベントが長かったので、やはりここが丸ごと削られるのはインパクトが大きいです。
      1~3月も2010年代前半は何もない年が続いていましたが、その前も後もイベント開催してくれていたので、削ったという印象が大きいです。

      夏イベントの暑さに関しては、そのようにも言われていますよね。加えて、今年のハロウィンでも熱バ連発しているところを見ると、暑さ対策は重要な課題です。
      そういった点では今年のような夜ショーの導入はとても効果的だったように思います。

      2020年は新エリアがありますし、このようなスケジュールになるのもしかたないですし、2022年も同様のスケジュールになる可能性が高いですよね。
      この期間のイベントスケジュールが今後も続くとなると、やはり物足りない感があるので危惧しています。

  6. 匿名 より:

    オリンピック観光で海外の方がふえますね!開演後すぐパレードルートに地蔵する、開園ダッシュする!
    ただの通路に人が座ってる
    そんなパークの姿は見せたくないのでは?海外ディズニーでは見れない光景ですね

    • クロロ より:

      地蔵対策というのは、2020年のことに限らず最近ファンの間でも言われることですよね。
      海外ディズニーでは大人がショーやグリに夢中になるっていうのはあまりない光景ですし。

      ただ、それと来園者数どっちを取るかと言ったら当然後者なはずです。
      やはり2020年度スケジュールは、新エリアのオープンで集客が十分だし、逆に人を集めすぎても運営がうまくいかなくなるというのが一番の理由だと思います。
      現にシーのほうは普通にイベントありますし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。