ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想




東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2019-20


2019年7月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 日別の混雑予想は現在作成中です。公開までもう少しお待ちください。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


30 1 2 3 4 5 6
TDL E E F F F E E
TDS C E D D E D D
7 8 9 10 11 12 13
TDL E E F E E F D
TDS D D D D D E C
14 15 16 17 18 19 20
TDL D E F E F F E
TDS C D D D D E D
21 22 23 24 25 26 27
TDL D E E E D E D
TDS C D D D D D C
28 29 30 31 1 2 3
TDL E E E E E E E
TDS C D D C D C D
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2019年7月の解説

1.全体

 7月は、夏休み前の前半が空いています。後半になると夏休みに入りますが、近年の夏休みは暑さの影響からかそれほど混雑しません。夏休みの中でも8月より7月のほうが断然空いているため、行くならこの7月をオススメします。

2.梅雨の影響

 7月は梅雨なので、梅雨明けのデータ(確定値)を参考に。平年は7月21日、2018年は6月29日、2017年は7月6日、2016年は7月29日、2015年は7月10日、2014年は7月21日です。

 天気がパークの混雑に与える影響は大きく、雨の日は空き、晴れる日は混みます。特に土日の一方が雨で、他方が晴れの場合、晴れの日は集中的に混みます。混雑予想は全て晴れの日と仮定して予想しているので、天候の影響までは反映できません。天気に応じて混雑予想から+あるいは-という形で考えてください。

3.期間別の混雑予想

3-1.上旬(1~8日)

 7月の中でも夏イベントがスタートする前は、中高生の期末テスト時期にあたるため、特に空いています。
 7日までは七夕イベントがありますが、七夕イベントは年々開催期間が延びており、小規模な上にレア感も薄れてしまったので、混雑への影響はほとんどありません。

 イベントスタート前日の8日は、両パークの夏イベントのプレビュー(ファンの間ではスニークと呼ばれ、プレス向けに告知無しでイベントのショー等を実施)が行われることが濃厚で、アトラクションへの影響はありませんが、イベントの目当てのファンや取材のプレスが多くなりそうです。

3-2.中旬(9日~21日)

 9日から夏イベントがスタートします。例年、20日からはじまる夏休みを境に混雑が一段変わってきます。21日までであれば、夏休みの影響もほぼ無く、空いているパークを楽しむことができるでしょう。

 三連休も毎年それほど混雑していません。まだ夏休みがスタートしたばかりで、8月のお盆期間に比べると明らかに空いています。夏休み期間の休日に行く場合、できればこの3連休は避けて他の土日に行くのがベストですが、この3連休も激混みとまではならないので悪くないと言えます。



3-3.下旬(22日~31日)

 夏休みがはじまった7月の下旬は、中旬までと比べると混雑します。特に平日は影響が大きく、D混雑する時期の平日レベルの日が多くなります。同じE普通の平日レベルだとしても、中旬までと比べると混雑すると思ったほうがよいでしょう。8月からは混雑が顕著になってくるため、8月中に行くよりはマシと考えておきましょう。

3-4.夏休み期間の特徴

 例年、20日頃を境に夏休みの混雑がはじまりますが、夏休みの特徴は『平日は混雑するが、土日はあまり変わらない』ということです。
 平日が休みになる学生の影響で、平日が賑わうイメージです。土日が激混みとなるハロウィンやクリスマス期間とは異なり、夏休みの土日はそれほど混雑しません。


4.ソアリン:ファンタスティック・フライト

 ディズニーシーでは7月23日に新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》がオープンします。海外のディズニーパークで人気のアトラクションとして有名です。

 ファストパスが導入される大型アトラクションになります。メディテレーニアンハーバーの、プロメテウス火山に向かって右側にできるため、ディズニーシー全体の人の流れが大きく変わりそうです。
 特に開園直後は、《トイ・ストーリー・マニア!》と《タワー・オブ・テラー》がある方向に大半の人が流れていましたが、ソアリンのオープンによって分散することになりそうです。

 新アトラクションなので、オープン直後はファストパスが開園直後に発券終了、待ち時間も平日は120分、土日は180分程度を想定しておくべきでしょう。
 また、このアトラクションのオープンにより他のアトラクションの混み具合にも影響が出ると思われますが、そこまで正確に予想することは極めて難しいです。オープン直後にブログで詳しく待ち時間の傾向を分析するので、そちらをご覧ください。

休止施設

ディズニーランド

5月7日~9月3日
ウエスタンリバー鉄道
5月7日~9月3日
蒸気船マークトウェイン号
5月7日~9月3日
トムソーヤ島いかだ
5月7日~9月3日
スプラッシュ・マウンテン
5月7日~9月3日
ビーバーブラザーズのカヌー探険
5月9日~7月22日
ガジェットのゴーコースター
7月2日~7月18日
モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

7月8日~9月1日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト

2月9日~8月31日
トレジャーコメット横(ポップコーンワゴン)
5月7日~9月3日
ラケッティのラクーンサルーン
7月1日~7月12日
トゥーンポップ

5月7日~9月3日
フート&ハラー・ハイドアウト
5月7日~9月3日
スプラッシュダウン・フォト
ディズニーシー

5月22日~7月10日
スカットルのスクーター
6月17日~7月5日
海底2万マイル
7月1日~8月9日
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
7月15日~7月26日
フランダーのフライングフィッシュコースター

7月8日~9月1日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト

混雑予想関連情報

両パーク共通

6月6日~7月7日
ディズニー七夕デイズ
6月14日~9月1日
ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4
ディズニーランド

7月9日~9月1日
ドナルドのホット・ジャングル・サマー
ディズニーシー

7月9日~9月1日
ディズニー・パイレーツ・サマー
6月6日~8月27日
ダッフィーのサニーファン

過去の入園制限

無し


2019年8月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 日別の混雑予想は現在作成中です。公開までもう少しお待ちください。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


28 29 30 31 1 2 3
TDL E E E E E E E
TDS C D D C D C D
4 5 6 7 8 9 10
TDL E D D E D E D
TDS C B C C C C C
11 12 13 14 15 16 17
TDL C C B B C C C
TDS B B A A B B B
18 19 20 21 22 23 24
TDL D C D D D D C
TDS C C D D D D C
25 26 27 28 29 30 31
TDL D D D D D D C
TDS C D D D D C C
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2019年8月の解説

1.全体

 8月に入ると夏休みの混雑が本格化し、7月中よりも混雑します。特に中旬のお盆期間は夏休みでもっとも混雑しますが、近年は暑さの影響で激混みとまではなっておらず、入園制限がかかるような混雑にはなっていません。

2.期間別の混雑予想

2-1.上旬(1~9日)

 8月に入ると、お盆期間に向けて徐々に混雑するようになります。7月中に比べると1段階ずつ混雑度があがると考えておきましょう。この期間はほとんどの日がD混雑する時期の平日レベルとなっていて、8月下旬と同じような混雑度になっていますが、夏休みの思い出作りで混雑する8月下旬よりは空いています。8月中に行くのであれば、できるだけ早めのこの時期のほうが空いていると言えるでしょう。

 2週目の後半には、お盆期間の連休と合わせて来園する人が増えてきます。9日は同じD混雑する時期の平日レベルでもC普通の土日レベルに近い混雑と考えたほうがよいでしょう。

2-2.お盆休み(10~18日)

 毎年お盆の混雑は10日頃からスタートし、16日頃に落ち着くという傾向があります。
 ここ数年、お盆の混雑のピークが前倒しになる傾向があり、ピークは13日・14日になっています。休日よりも平日のほうが空いているというのを狙って来る人がいるため、平日に当たる日は混雑する場合が多いです。

 今年は土曜日の10日から日曜日の18日までがお盆休みになります。例年、連休最終日にあたる16日は空いていますが、今年は実質18日までが連休なので、16日が空いているとは思わないほうがよいでしょう。
 混雑度としては、13=14>15=12>11>10=16>17>18と予想しています。12~14日は年間パスポート使用不可日となっているため、ショー・パレードやグリーティングは普段よりも空いているため、これらが目当ての方にはとてもオススメの日です。



2-3.下旬(19~31日)

 8月下旬は、夏休みの最後の思い出作りとして来園する人が多いため混雑します。同じD混雑する時期の平日レベルでも、8月上旬と比べると混雑するので、注意しましょう。
 夏休み期間の特徴は『平日は混雑するが、土日はあまり変わらない』ことなので、ムリして平日に行くくらいなら土日に行くことをオススメします。

 数年前までは、夏休みの最後の週になると混雑がおさまり、特に最終日の31日は空いているという傾向がありましたが、この1~2年は逆に最後の週まで混雑が続くようになっています。
 今年は最終日が土日と重なり、夏イベントも9月1日となっているように、夏休みも9月1日までとなるので、31日まで混雑が続くと考えたほうがよいでしょう。


3.ソアリン:ファンタスティック・フライト

 ディズニーシーでは7月23日に新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》がオープンします。海外のディズニーパークで人気のアトラクションとして有名です。

 ファストパスが導入される大型アトラクションになります。メディテレーニアンハーバーの、プロメテウス火山に向かって右側にできるため、ディズニーシー全体の人の流れが大きく変わりそうです。
 特に開園直後は、《トイ・ストーリー・マニア!》と《タワー・オブ・テラー》がある方向に大半の人が流れていましたが、ソアリンのオープンによって分散することになりそうです。

 新アトラクションなので、オープン直後はファストパスが開園直後に発券終了、待ち時間も平日は120分、土日は180分程度を想定しておくべきでしょう。
 また、このアトラクションのオープンにより他のアトラクションの混み具合にも影響が出ると思われますが、そこまで正確に予想することは極めて難しいです。オープン直後にブログで詳しく待ち時間の傾向を分析するので、そちらをご覧ください。

休止施設

ディズニーランド

5月7日~9月3日
ウエスタンリバー鉄道
5月7日~9月3日
蒸気船マークトウェイン号
5月7日~9月3日
トムソーヤ島いかだ
5月7日~9月3日
スプラッシュ・マウンテン
5月7日~9月3日
ビーバーブラザーズのカヌー探険
8月28日~9月8日
ホーンテッドマンション

7月8日~9月1日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト

2月9日~8月31日
トレジャーコメット横(ポップコーンワゴン)
5月7日~9月3日
ラケッティのラクーンサルーン

5月7日~9月3日
フート&ハラー・ハイドアウト
5月7日~9月3日
スプラッシュダウン・フォト
ディズニーシー

7月1日~8月9日
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

7月8日~9月1日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト

混雑予想関連情報

両パーク共通

6月14日~9月1日
ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4
ディズニーランド

7月9日~9月1日
ドナルドのホット・ジャングル・サマー
ディズニーシー

7月9日~9月1日
ディズニー・パイレーツ・サマー
6月6日~8月27日
ダッフィーのサニーファン

過去の入園制限

無し


2019年9月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 日別の混雑予想は現在作成中です。公開までもう少しお待ちください。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


1 2 3 4 5 6 7
TDL D E E E E E D
TDS D D E E E E D
8 9 10 11 12 13 14
TDL E E D D E E C
TDS D D D D D D B
15 16 17 18 19 20 21
TDL B+ C D D D D B
TDS B+ C C C C C B
22 23 24 25 26 27 28
TDL B+ C D E E D B
TDS A C D D D D B
29 30 1 2 3 4 5
TDL C D C E E D B
TDS C C C E E F B
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2019年9月の解説

1.全体

 ハロウィンイベント期間は、1年の中でもっとも混雑する3月に及ばないものの、クリスマスと並んで混雑する時期です。
 ハロウィン期間は10月のほうが混雑するので、空いているうちに行きたいのであれば9月中がオススメです。しかし、3連休や運動会の代休で月曜日が混雑するなど、注意すべき日も多いです。

2.期間別の混雑予想

2-1.ハロウィンイベント前(1~9日)

 今年は8月31日が土曜日になるので、夏休みは実質的に9月1日までになります。両パークの夏イベントも9月1日までとなっていて、この日までは夏休みの混雑が続くでしょう。

 夏休みが終わると、新学期がスタートするため、空いていきます。
 イベントが無い合間の期間になるため空いているとよく言われますが、大学生はまだ夏休みなので、決してガラガラになるほど空くわけではありません。それでも、9月中ではもっとも空いている1週間と言えます。

 9月4日はディズニーシーの開園18周年ですが、セレモニーなど特別な催しはありません。
 また、9月9日は両パークのハロウィンイベントのプレビュー(ファンの間ではスニークと呼ばれ、プレス向けに告知無しでイベントのショー等を実施)が行われることが濃厚で、アトラクションへの影響はありませんが、イベントの目当てのファンや取材のプレスが多くなりそうです。

2-2.中旬(10~23日)

 ハロウィンイベントがスタートすると、その前の1週間に比べると混雑が1段階上がります。それでも10月に比べると空いています。
 2016年まではハロウィンイベント期間の最初と最後の1週間がフル仮装期間になっており、この1週間は他と比べて混雑していましたが、2017年から両パークともイベント期間中はいつでもフル仮装が可能になったため、イベント期間の最初と最後の1週間の混雑は無くなりました。

 今年は9月中に3連休が2回、10月に2連休が1回あります。3連休の場合、中日に混雑が集中するため、この3連休はいずれも中日が入園制限レベルの混雑になる可能性があります。
 昨年も同様に9月は3連休が2回ありましたが、2回とも入園制限がかかるほど混雑しました。

 さらにこの3連休に挟まれた期間も、他の平日に比べると混雑します。いわゆるシルバーウィーク期間となっていて、9月中ではもっとも混雑する時期なので、注意しましょう。



2-3.下旬(24~30日)

 9月の3連休と10月の3連休の間にあたるこの時期は少し混雑が落ち着きます。
 ハロウィンイベント期間は10月が混雑するので、空いている日に行きたい場合は、イベント最初の週か、この週が狙い目と言えるでしょう。

 通常は日曜日よりも土曜日のほうが混雑しますが、この時期は運動会(晴れていれば土曜日に行われる)が集中する時期になるため、土曜日も日曜日も同じくらいの混雑になる傾向があります。

2-4.月曜日・連休明けの火曜日

 9月中旬から10月中旬にかけては、運動会や体育祭などの学校行事が集中する時期になります。ピークは10月14日の体育の日ですが、9月中旬から既にこの影響が出始めて、代休となる月曜日や連休明けの火曜日は混雑します。
 普段の土日レベルの混雑になることが多いので、この時期の休日明けは避けることをオススメします。もし代休で行く場合は、土日だと思って、しっかりと混雑対策をしていきましょう。


3.ソアリン:ファンタスティック・フライト

 ディズニーシーでは7月23日に新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》がオープンします。海外のディズニーパークで人気のアトラクションとして有名です。

 ファストパスが導入される大型アトラクションになります。メディテレーニアンハーバーの、プロメテウス火山に向かって右側にできるため、ディズニーシー全体の人の流れが大きく変わりそうです。
 特に開園直後は、《トイ・ストーリー・マニア!》と《タワー・オブ・テラー》がある方向に大半の人が流れていましたが、ソアリンのオープンによって分散することになりそうです。

 新アトラクションなので、オープン直後はファストパスが開園直後に発券終了、待ち時間も平日は120分、土日は180分程度を想定しておくべきでしょう。
 また、このアトラクションのオープンにより他のアトラクションの混み具合にも影響が出ると思われますが、そこまで正確に予想することは極めて難しいです。オープン直後にブログで詳しく待ち時間の傾向を分析するので、そちらをご覧ください。

休止施設

ディズニーランド

5月7日~9月3日
ウエスタンリバー鉄道
5月7日~9月3日
蒸気船マークトウェイン号
5月7日~9月3日
トムソーヤ島いかだ
5月7日~9月3日
スプラッシュ・マウンテン
5月7日~9月3日
ビーバーブラザーズのカヌー探険
8月28日~9月8日
ホーンテッドマンション
9月23日~10月11日
ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション

7月8日~9月1日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト

5月7日~9月3日
ラケッティのラクーンサルーン
9月1日~2020年2月29日
プーさんのハニーハント前(ポップコーンワゴン)

5月7日~9月3日
フート&ハラー・ハイドアウト
5月7日~9月3日
スプラッシュダウン・フォト
ディズニーシー

7月1日~8月9日
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
9月2日~11月30日
センター・オブ・ジ・アース
9月3日~9月5日
マーメイドラグーンシアター
9月30日~10月11日
ジャスミンのフライングカーペット

7月8日~9月1日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト
9月17日~9月19日
ディズニー・ライト・ザ・ナイト

9月2日~9月20日
ゴンドリエ・スナック

混雑予想関連情報

両パーク共通

9月10日~10月31日
ディズニー・ハロウィーン
6月14日~9月1日
ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4
ディズニーランド

7月9日~9月1日
ドナルドのホット・ジャングル・サマー
ディズニーシー

7月9日~9月1日
ディズニー・パイレーツ・サマー

過去の入園制限

[2018]
16日(日)─10:50~18:30(TDL)
16日(日)─12:55~18:00(TDS)
23日(日)─9:20~16:30(TDL)
23日(日)─11:15~16:00(TDS)

[2015]
21日(月祝)─10:15~16:30(TDL)
21日(月祝)─10:15~16:30(TDS)
22日(火祝)─8:20~13:30(TDL)
22日(火祝)─9:00~16:00(TDS)

[2014]
14日(日)─10:10~18:00(TDL)
14日(日)─11:00~15:30(TDS)

[2013・TDR30周年]
22日(日)─8:50~16:00(TDL)
22日(日)─11:20~17:00(TDS)

[2011・TDS10周年]
18日(日)─12:00~14:00(TDS)

[2009]
20日(日)─10:00~14:00(TDL)
20日(日)─8:30~13:30(TDS)
21日(月)─9:00~17:00(TDL)
21日(月)─9:00~17:30(TDS)
22日(火)─9:00~17:00(TDL)
22日(火)─9:00~17:00(TDS)

[2008・TDR25周年]
14日(日)─10:30~14:00(TDL)



Disney Colors ディズニー混雑予想 6つのポイント!

アトラクションの待ち時間で混雑を予想!月毎に混雑がわかりやすいカレンダー表示!

 Disney Colorsでは、他のディズニー混雑予想サイトでよくある『入園者数』ではなく、『アトラクションの待ち時間』を基準に予想しています。
 その理由はディズニーランド、ディズニーシーのアトラクション待ち時間と入園者数は比例していないからです。

 例えば、毎年2月は入園者数がとても少ない時期なので『入園者数』を基準にすると、とても空いているという予想になります。
 しかし、実際のところは、キャンパスデーパスポートの期間&入試休みの学生が多いため、アトラクションは年間を通じてもかなり混雑しています。

 おそらくディズニーの混雑予想を見に来た方が一番知りたいのは『アトラクションの待ち時間』ではないかと思います。
 そこで、Disney Colorsでは、誰にでもわかりやすい『アトラクションの待ち時間』を基準にしたディズニー混雑予想を提供しています。
 年間パスポートで頻繁にディズニーランド、ディズニーシーに通うコアなファンだからこそ分かる、細かな混雑予想が特徴です。

ディズニー 混雑予想

 月ごとのディズニー混雑予想ページでは、カレンダー形式で1か月の混み具合が分かりやすくなっています。
 また、主な混雑予想を記載したカード形式の詳細や、その月の解説、過去の入園制限などのデータも掲載しています。

 なお、カレンダーでは過ぎた日については天気と実際の混み具合を掲載しています。

行きたい日の詳しい混雑状況がわかる!日別の詳細ページは必見!

 月ごとのディズニー混雑予想ページで、行きたいと思っている日をクリックすると、その日の超詳しいデータを見ることができます。

ディズニー 混雑予想

 Disney Colorsのディズニー混雑予想では、この日別の詳細ページにもっとも力を入れています

 混雑予想の解説、ほぼ全てのアトラクションの待ち時間予想、ファストパス発券予想、過去2年分のショースケジュールなどのデータや実際の混み具合など、過去のデータを含めて、どのくらいの混雑になるのかを徹底的に分析しています。
 ここまで詳しく分析し、情報を提供しているディズニー混雑予想サイトは他になく、きっと計画を立てるのに役立ちます。

日別の詳細ページでは、混雑知識、過去の混み具合、特殊要素を組み合わせた混雑予想を解説!

ディズニー 混雑予想

 日別の詳細ページでは、まず混雑予想の解説を詳しく記載しています。
 Disney Colorsのディズニー混雑予想では、『アトラクションの待ち時間』を基準としたA~Fまでの6段階で予想をしていますが、当然同じEレベルの中でも少し差が出てきたりすることがあります。

 そのような細かい混み具合をここでは解説しています。
 もちろん予想の根拠となっている混雑要素を、パークに詳しくない人にもわかりやすく解説しています。

 また、過去のデータも積極的に活用し、過去の同じ条件の日(同じ週の同じ曜日)にどのような混み具合だったのかを掲載しています。
 入園制限などのデータや、最新のパーク情報をお届けしているブログと連動して解説しています。

ほぼ全てのアトラクション待ち時間とファストパスがいつ何時のものを発券するかも細かく予想!

 日別の詳細ページでは、アトラクションに特化した混雑予想も提供しています。

ディズニー 混雑予想

 ここでは両パークのほぼ全てのアトラクションがどのくらいの待ち時間なのか、一目でわかるようになっています。
 さらに、ここでは何時にどの時間帯のファストパスが発券されるかという、ファストパス発券予想もあります。

 特徴的なのは、季節や休止アトラクションの影響も完全に反映している点です。
 例えば、絶叫系が混雑するキャンパスデー期間、夏場に混雑する「スプラッシュ・マウンテン」と「アクアトピア」、限定バージョンで混雑する「ホーンテッドマンション」と「タワー・オブ・テラー」、そして休止アトラクションの影響も反映しています。

 これによって、行きたい日のアトラクションの混み具合がどのくらいになるのかをより正確に予想しています。
 他のディズニー混雑予想サイトではここまで反映しているところは無く、年間パスポートを持って通うファンだからこそ分かる細かな予想になっています。

過去2年分の同じ日の実際の混み具合を掲載!混雑をイメージする参考に!

 日別の詳細ページでは、過去の同じ条件の日(同じ週の同じ曜日)の実際の混み具合も掲載しています。

ディズニー 混雑予想

 ここでは過去2年分の、実際のアトラクション待ち時間、実際のファストパス発券状況、実際のレストラン待ち時間を掲載しており、どの程度の混雑になるのかイメージしやすいようになっています。

過去2年分のショースケジュール、前売券の完売、入園制限などの細かい混雑情報も!

 日別の詳細ページでは、過去の同じ条件の日(同じ週の同じ曜日)の細かいデータも掲載しています。

ディズニー 混雑予想

 ここでは過去2年分のショースケジュールと混雑要素を掲載しています。
 前売券がいつ完売したのか、入園制限がいつかかったのか、という情報も網羅しています。

Disney Colors ディズニー混雑予想を参考にして、計画を立てよう!

 これがDisney Colorsのディズニー混雑予想の特徴です!

 パークに詳しくない方でも出来るだけ分かりやすいように試行錯誤を重ねた結果、現在のスタイルになりました。
 ここまで細かく情報を掲載しているサイトは他にありません。しっかりと準備をして、楽しい1日を過ごしてください!

このページをシェアする

リンク集