東京ディズニーシー

海の魔女に立ち向かう新ハーバーショー!TDS『ディズニー・ハロウィーン2019』詳細発表

 東京ディズニーシーで2019年9月10日~10月31日に開催されるハロウィンイベント『ディズニー・ハロウィーン2019』のイベント内容詳細が発表されました!

 ディズニーシーのハロウィンイベントでは、昨年までの4年間、“クールで怪しいハロウィーン”をテーマに、ヴィランズが主役となって自らの魅力をアピールするかっこいいショーが公演されていました。

 今年は“ダークで怪しいハロウィーン”にテーマを一新し、新しいハーバーショーが公演されます。その詳しい内容やキャラクターのコスチュームなどを解説します。

新ハーバーショー《フェスティバル・オブ・ミスティーク》

東京ディズニーシー ディズニー・ハロウィーン2019 フェスティバル・オブ・ミスティーク

東京ディズニーリゾート®のハロウィーン|株式会社オリエンタルランド

 まずは、今年初公演となるハロウィンの新ハーバーショーです。名称は《フェスティバル・オブ・ミスティーク》

海の魔女たちに立ち向かうハロウィンのハーバーショー

 《フェスティバル・オブ・ミスティーク》の舞台となるのは、ハーバーの港町ポルトパラディーゾで行われるディズニーの祝祭。美しい女性たちが現れて、忘れ去られていたハロウィーンの祝祭を復活させようとし、そこにミッキーたちが参加。

 しかし、その女性たちの正体は海の魔女で、祝祭を利用して魔王復活を企てていたということがわかり、ミッキーたちは魔王の復活を阻止すべく立ち向かうというストーリー。

 メディテレーニアンハーバーの静かな港町ポルトパラディーゾでは、かつてハロウィーンの祝祭が行われていましたが、その祝祭はいつしか忘れ去られていきました。ある日、美しい女性たちが現れ、ハロウィーンの祝祭の復活を提案し、ミッキーマウスやディズニーの仲間たちも祝祭を盛り上げるために参加することになりました。
 港町らしい海のモチーフが散りばめられた妖しくも華やかなハロウィーンの祝祭は、幻惑的な音楽に合わせたダンスで幕を開けます。ところが、美しい女性たちが妖しく歌い始めると、港は徐々に不気味な雰囲気に包まれていきます。彼女たちに誘われるがまま港に伝わるというダンスを踊っていると、突然雷が鳴り響き、炎や水柱が上がります。なんと、彼女たちの正体は海の魔女で、邪悪な魔王を復活させるため、この祝祭を利用したのです。気付いた時には既に遅く、ミッキーマウスは邪悪な力によって捕えられてしまいます。ディズニーの仲間たちは魔王の復活を阻止し、この港ならではの妖しくも華やかなハロウィーンを取り戻すため、立ち向かいます。

 去年まではヴィランズが主役ではあったものの、悪さをしたりするわけではなく、ヴィランズのかっこよさ・素晴らしさを知ってもらうという趣旨のショーでした。

 今年は“ダークで怪しいハロウィーン”をテーマに、ハロウィンの祝祭を舞台に悪に立ち向かうショーになっていますね。

 ヴィランズのショーは良かったのですが、ハロウィンのショーか?と問われると、冷静に考えたらちょっと疑問に思いますよね(笑)悪役のヴィランズ=ハロウィンというわけではないですし、ハロウィン要素ってほぼ無かったですし←

 今回はハロウィンの祝祭が舞台ということなので、しっかりハロウィン要素を入れつつ、ダークな展開になっていくという、なかなか面白そうなショーになりそうです。

出演キャラクターにヴィランズの名前は無し

 海の魔女というワードから『リトル・マーメイド』のアースラを連想したのですが、出演キャラクターは以下のようになっているので、今年はヴィランズの出演は無さそうですね。

出演キャラクター
ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、プルート、チップ、デール、クラリス

 各キャラクターの衣装は、ショーのイメージ画像のほかにも、ウォーターフロントパークのフォトロケーションからもわかりますね!

東京ディズニーシー ディズニー・ハロウィーン2019

東京ディズニーリゾート®のハロウィーン|株式会社オリエンタルランド

 ポルトパラディーゾの祝祭が舞台ということなので、みんなイタリアン要素が強めの衣装になっている印象がありますね!グーフィーは騎士っぽいです。

 ドナルドはタコ……なぜタコ?かつてマレフィセントの格好をして調子に乗ったドナルドのせいで、本物のマレフィセントがやってきて大変なことになったショーがありましたが、デジャブ感が(笑)

 ショー内容や登場キャラクターにはいませんが、アースラ関連のことを示唆しているのか、気になります!

ショー出演者数が125→100人に大幅減少

 ショーの公演データは以下のようになっています。2018年まで公演されていたハロウィンのハーバーショー《ザ・ヴィランズ・ワールド》と比較すると、このようになっています。

フェスティバル
オブ
ミスティーク

ヴィランズ
ワールド
時間約25分約25分
回数1日3回1日3回
出演者約100人約125人
5隻5隻

 出演者数以外は同じになっています。公演回数については、2018年の《ザ・ヴィランズ・ワールド》は1日2回でしたが、それはTDR35周年イベントのハーバーショーがあったためで、同内容だった2017年は1日3回でした。

 問題は出演者数ですが、《フェスティバル・オブ・ミスティーク》は約100人です。《ザ・ヴィランズ・ワールド》が約125人、《イッツ・クリスマスタイム!》が約130人、《Tip-Top イースター》が約130人というのと比較すると、20%ほども減少していることがわかります。

 これだけ減ると、見応え的にどうなのだろう?というがちょっと心配ですね。夏イベントのショー《パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”》は約90人ですが、あれは散水ショーなので、また別物ですし。

 あとは、こういうショーなら夜にやってほしいという気持ちもありますよね(笑)昼だけの公演だと思われますが、また夜のハロウィンのショーも復活してほしいです。

花火《ナイトハイ・ハロウィーン》が復活!

東京ディズニーランド 東京ディズニーシー ディズニー・ライト・ザ・ナイト

 夜の花火は、ハロウィンバージョンの《ナイトハイ・ハロウィーン》になります。

 ナイトハイは人気が高く、昨年はTDR35周年イベントの花火をやっていたため公演がなかったので、復活してくれて嬉しいです!過去の公演では終演後の曲が良かったので、今年もあるならぜひ聴いてほしいですね。

メニューとグッズは9月2日から先行販売!

 スペシャルグッズは約60種類、それに加えて両パーク共通のゴーストデザインのグッズが約60種類、両パーク共通の身につけグッズも約10種類が販売されます。スペシャルメニューは約15種類販売。グッズやメニューに関しては、公式サイトの掲載待ちですね。

 先行販売日は9月2日になっています。最近はグッズの即品切れが頻発していて、イースターイベントでも人気のグッズはほとんどが先行販売初日に品切れになりました。

今年も毎日大人の全身仮装・フル仮装が可能!

 今年もハロウィンイベント期間中は、両パークで大人がフル仮装をして入園することができます。ただし、ディズニーランド・ディズニーシーでの仮装には様々なルールが定められているので、ディズニー仮装に関する公式サイトを必ず確認しましょう。

東京ディズニーリゾートogpディズニー仮装|東京ディズニーリゾート

 仮装ができる作品も網羅されていますが、マーベル関連が無いことから見ても、東京のパークにマーベル要素をもってくることは相当難しいということがわかりますね。

7月23日オープンの新アトラクション&新ショーも楽しめる!

 ディズニーシーでは7月23日に新アトラクションと新ショーがスタートします!久しぶりの大型アトラクションとなる《ソアリン:ファンタスティック・フライト》

ソアリン:ファンタスティック・フライト
TDS新アトラクション ソアリンの内部映像が公開!CMやグッズも!7月23日オープン東京ディズニーシーに2019年7月23日オープンの新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》の内部動画とCMが公開されました。久しぶりの大型アトラクションの内容が明らかになってきました。...

 そして、ハンガーステージの新ショー《ソング・オブ・ミラージュ》

ソング・オブ・ミラージュ
TDS新ショー《ソング・オブ・ミラージュ》2019年7月23日スタート!ミッキーたちの冒険にプロジェクションマッピングの演出も東京ディズニーシーの新ショー《ソング・オブ・ミラージュ》が、2019年7月23日にスタートすることが発表されました。ショー内容や出演キャラクターなど、詳しい情報をお伝えします。...

 9月になれば多少は混雑も落ち着いてきそうですし、ハロウィンイベントと併せて、こちらも注目ですね!

 以上がディズニーシーのハロウィンイベントです。ディズニーランドのハロウィンイベントは別記事で解説しているので、そちらをご覧ください。

スプーキー“Boo!”パレード2019 ミッキー
パレード停止はプラザの1回のみ!?TDL『ディズニー・ハロウィーン2019』詳細発表東京ディズニーランドで2019年9月10日~10月31日に開催される『ディズニー・ハロウィーン』のイベント詳細が発表されました。昨年に引き続き公演される《スプーキー“Boo!”パレード》は停止1回のみで激戦が予想されます。...

 昨年までは『カスバ・マジックトリート』や『ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー』(いわゆる手下)といったアトモスフィアショーやプログラムがありましたが、今年はそういったものはありません。

 ちょっと寂しいかんじもしますが、テーマを一新した新しいハロウィンイベントですし、新アトラクションや新ショーもあるので、物足りない感は無さそうですね。

 これから出てくるグッズやメニューの情報が楽しみです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。