ディズニー実写

特別試写会に行ってきました!3月21日公開・映画「ウォルト・ディズニーの約束」レビュー

 先日、当選したことをお伝えした「ウォルト・ディズニーの約束」特別試写会に行ってきました!
 まだ公開前なので、今日はその「ウォルト・ディズニーの約束」のレビューも兼ねて見る前にこれは知っておいてほしい!ということを記事にしました。ディズニーファン必見の映画ですよ!


3月21日公開・映画「ウォルト・ディズニーの約束」

 先日、映画「ウォルト・ディズニーの約束」特別試写会に当選したことをお伝えしましたが、ずっと楽しみにしていたこの試写会、ついに行ってきました!
 前の記事で試写会場を気にさせてしまいましたが、それは最後におまけとして載せますね(・∀・;)

ウォルト・ディズニーの約束

 今回は映画のレビューと見ておく前に知っておいてほしいことを中心に書いていきたいと思います。
 悩んだのですが、どうしても若干のネタバレ(物語の結末を話すものではない)を含んだ感想も書きたかったので、その部分はきちんと明示して読み飛ばせるようにしています。未鑑賞の方も安心して読み進めてもらえればと思います!

 公開が「アナと雪の女王」に重なっているためそちらに話題を奪われがちですが、映画自体はとても素晴らしく、ディズニーが好きな人、「メリー・ポピンズ」が好きな人、パークが好きな人には特に見てもらいたい作品です。これを見たらディズニーランドで過ごす時間がより楽しくなると思いますよ!
 それと今回のレビューなんですが、私は洋画を中心に映画はよく見るほうだと思ってはいますが、こんな映画のレビューだとか批評はしたことないので、あくまで初心者的なレビューだということをご理解ください。

映画「ウォルト・ディズニーの約束」レビュー

「メリー・ポピンズ」誕生の舞台裏を描いた作品

 この「ウォルト・ディズニーの約束」は1964年に制作されたディズニー映画「メリー・ポピンズ」の制作の舞台裏を描いたものです。
 「メリー・ポピンズ」はアカデミー賞5部門を獲得したディズニー映画の名作。アニメとの融合、そしてミュージカル映画として特に楽曲が印象的で、このブログの読者の方なら東京ディズニーランドで様々なところで流れているBGMやパレード・ショー音源としてもよく耳に残っていると思います。

 しかし、その映画製作では原作者のパメラ・L・トラヴァースが映画化を拒み続け、20年という非常に長い月日がかかりました。
 さらに完成した映画に対してパメラ・L・トラヴァースは不満を露わにし、その後の「メアリー・ポピンズ」シリーズの映画製作をディズニーに一切許可しなかったというのは有名な話です。
 この事実からもわかるように「メリー・ポピンズ」の制作には複雑な舞台裏があったようですが、「ウォルト・ディズニーの約束」は「メリー・ポピンズ」の原作者パメラ・L・トラヴァースと、映画製作者ウォルト・ディズニーを中心とした裏話を描いた作品になっています。

邦題「ウォルト・ディズニーの約束」
原題「Saving Mr.Banks」

 非常に完成度の高い映画で、私は最後まで引き込まれるように楽しめました。とても感動します。でも、それはちょっと切ない感動のストーリーでした。辛いお話と言ってもいいかもしれません。
 どうしましょうね。私これからパークで「Let’s Go Fly a Kite(凧をあげよう)」を聞いたら、いろいろと込み上げてくるものがあって泣いてしまうかもしれません(笑)
 あれってたしかBGMに使われてるのは東京ディズニーランドのエントランスでしたよね?入園するときに泣いてたらヤバイ!Σ(゚д゚lll)
 きっとこれまで以上に「メリー・ポピンズ」が好きになる、そんな作品です。

 さて、この映画のタイトルは邦題が「ウォルト・ディズニーの約束」です。
 ウォルト・ディズニーが「メリー・ポピンズ」を映画化しようとしたきっかけは、娘のダイアン・ディズニーがベッドの脇に置いていた原作「メアリー・ポピンズ」を目にしたことで、これを作品にと約束したエピソードは有名な話です。
 ですが、この映画はウォルト・ディズニーが娘との約束を果たすために映画化に奮闘する映画とはちょっと違います。

 この映画を見ることで私たちは、パメラ・L・トラヴァースがこの作品に、メリー・ポピンズに、バートに、バンクス家の人々に、どのような思いを抱いているのか、そしてそれを映画化するに際しての彼女の苦悩を知っていく映画なのです。
 原題は「Saving Mr.Banks」。パメラ・L・トラヴァースがこの物語の中心なのです。

 映画ではそんなパメラ・L・トラヴァースがどのような人物かというのがとてもよく伝わってきます。映画化を20年も拒み続けた彼女の気難しい人物像が実話を元にした様々なエピソードで描かれていき、映画製作における彼女の苦悩、ウォルトたちの苦悩を知ることになります。
 演じるのはエマ・トンプソンですが、そんな複雑な彼女の心情を見事に表現していると感じました。見ている側としては段々と彼女に感情移入してくことになりますね。

 ウォルト・ディズニーはトム・ハンクス。私はそんなにウォルト・ディズニーという人物に詳しいわけではないですが、パークが好きな人間として漠然とウォルトさんってこんな人だったのかな~っていうイメージ像はあります。で、まさにそんなかんじのウォルトさんが出てきました(笑)
 映画の中ではけっこう細かくウォルト・ディズニーの考え方や価値観がわかるエピソードも出てくるので、そういうところも楽しみにしておくとより楽しめると思いますよ~!

「メリー・ポピンズ」を見てから行くほうが3倍楽しめる!

 この映画を見るにあたって、なによりも重要なのは「メリー・ポピンズ」を見ておくことです!
 私はかなり前に1度見たきりだったので、今回試写会の前にもう1度見直しました。ほぼ実写の映画なので日本の方にはあまり馴染みのないディズニー映画だと思うんですよね。見たことない方もけっこういるんじゃないかと思います。
 でも、これを見てるのと見てないのでは、「ウォルト・ディズニーの約束」の理解度がまったく違ってくると思います。見たときの理解度を100とすれば、見てないときの理解度は50にも満たないと思います。

 というのも、上で話したようにこの映画は「メリー・ポピンズ」の制作の舞台裏を描いたものです。
 作品中には「メリー・ポピンズ」の多くのシーンや楽曲が出てきて、そのシーンや楽曲に対するパメラ・L・トラヴァースやウォルト・ディズニーの想いを知ることができます。
 そして、「2ペンスを鳩に」「チム・チム・チェリー」「お砂糖ひとさじで」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」といった数多くの名曲を生み出したシャーマン兄弟の楽曲の素晴らしさをさらに感じることができると思います。

 この映画の根幹はパメラ・L・トラヴァースが「メリー・ポピンズ」の登場人物やシーンに込めた思いを感じ取るところにあると私は感じたので、やはりそれを理解するためには「メリー・ポピンズ」のストーリーを知っていなければ難しいのではないかと思うんですよね。
 いろんなシーンを提示して、それにパメラ・L・トラヴァースが文句をつける、そういうかんじで映画製作が進んでいくんですが、それも「メリー・ポピンズ」を見ているからこそ、原作者側の考えも映画製作者側の考えも理解できるのであって、やはりこの映画を見る前には絶対見ておいたほうがいいと思います。

 このブログを見ている方に「メリー・ポピンズ」を見る動機をもうひとつあげるとすると、それはより東京ディズニーランドを楽しめるということですね~!
 さっきも言ったように、「メリー・ポピンズ」の素晴らしい楽曲がパーク内でもけっこう使われているので、映画を見た上であの曲たちを聞くとより楽しい気分になれると思います。
 それから、昨年スタートした新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」は「メリー・ポピンズ」の1シーンを元に作られていると言っても過言ではないですね!あのカルーセルですよ。
 このパレード自体がまさに「メリー・ポピンズ」の世界観そのままというかんじなんですよ!「メリー・ポピンズ」を見ていると、「ハピネス・イズ・ヒア」の感動も3倍です(笑)

ハピネス・イズ・ヒア メリー・ポピンズ

[注意!]ここは若干のネタバレを含みます
未鑑賞の方は次の見出しまで読み飛ばしてください

 この映画では過去の回想と、現在を交互に繰り返しながら物語が進んでいきます。
 序盤はこの回想の意味が掴めないかもしれませんが、それが終盤に向かうに従って私たちがパメラ・L・トラヴァースの感情を理解していくきっかけになります。このクライマックスへの展開の仕方は非常に上手くて引き込まれるものがありました。

 過去の回想シーンはとても美しく、時にはショッキングな描写で描かれていて、これがより私たちをパメラ・L・トラヴァースに感情移入させるきっかけにさせてくれるんですよね。
 正直、私は客観的に見ると父親は家庭崩壊の原因を作ったあまりよくない人物だとも思うんですが、それでもパメラ・L・トラヴァースが父親を好きになる理由が序盤の描写でとてもよく理解できるように作られています。
 だからこそクライマックスで泣けるんですよね。

 それからエンドロール部分では当時の音声や資料も流されるんですが、これでまたパメラ・L・トラヴァースに対する印象も少し変わるような気がしますよね。
 あっ、あのシーンって本当に実話を元にしてるんだっていう感覚だったり、うまく客観的な視点に戻させられるような感覚がしました。やはり映画、エンターテイメントですから、“味付け”されてる部分もあるのかなと思うところもあったりで。

 実際に、パメラ・L・トラヴァースが不満を露わにしてその後の映画製作は許可しなかったんですから、最後のプレミアで涙を流した理由はこの映画で伝えられるものとは違うかもしれないんですよね。
 これはあくまで制作・ディズニー側の伝えたい物語であって、パメラ・L・トラヴァースがどういう思いだったのかはわかりません。
 でも、しっかりとパメラ・L・トラヴァースに対する尊敬の念を感じ取ることができた作りだったと思います。

 史実を扱う映画なので、こういう部分がどうしても入ってきてしまうのですが、そういうのに囚われずに1本の映画として見たときに、この映画は「メリー・ポピンズ」の舞台裏、パメラ・L・トラヴァースという人物を知るとても良い映画でしたし、素直に感動できる作品だったと思います。

「ウォルト・ディズニーの約束」
日本での公開は3月21日(金・祝)から!

 ということで、「ウォルト・ディズニーの約束」は3月21日から公開です!ちょうど三連休からですね!
 みなさん!三連休は「メリー・ポピンズ」を見てから、この「ウォルト・ディズニーの約束」をぜひ見に行ってください!とっても素晴らしい映画ですよ!
 「アナと雪の女王」もいいけど、こっちも大人のディズニー好きな人は絶対見たほうがいい作品です。

 ちなみに今回の試写会では2D字幕だったんですが、どうやらこの映画2D字幕しか無いっぽいですね。たぶん吹き替えは無いです。イクスピアリでさえも字幕しか上映しないですし。
 私は役者の声が聞ける字幕が好きなのでいいんですが、そのあたり探しても情報が無かったので気を付けてくださいね!

おまけ

 最後におまけです!実は今回はスペシャルな場所での試写会でした。
 みなさん試写会ってどういうの想像してます?大きな映画館とかに出演者とかが来て、プレミア試写会!的なの想像しますよね?私もそうでした(笑)
 が、今回はそれにも勝るとも劣らないスペシャルな場所!ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン試写室で見てきたんです!!

ウォルト・ディズニーの約束

 就職活動ですか?はたまた転職活動ですか?と言われそうですが、違いますよ(笑)映画の配給元の特別試写室だったんですよ~!
 所在地を口外することは禁止されていて、写真も場所が推測できるものはネット上にアップしてはいけないとのことでした。場所知ってる方もコメントとかに書いたらダメですからね!
 なので、今回は許可されている範囲で少しだけ写真載せておきますね!

 入り口ではミッキーが迎えてくれます。

ウォルト・ディズニーの約束

 この場所自体もそんなに広くないですし、試写室もたぶん30~40人くらいしか入らないと思いますね。でも、画質も良かったし、すごく見やすかったですよ~!飲食禁止ですし、集中して見れました。
 今回、私は1月31日に東京ディズニーランドで行われた夜間貸切営業「ディズニー★JCBカード5th Anniversary スペシャルナイト」の参加者の中から抽選で当たったので行ってきたんですが、最後に「ウォルト・ディズニーの約束」と「アナと雪の女王」の記念品も貰えました(o・∀・)b゙

ウォルト・ディズニーの約束

 なんか至れり尽くせりだったので、しっかりとブログでレビューさせて頂きましたよ!ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンさん!(笑)今回はステキなところに招待して頂いて感謝しています。
 上で話したスペシャルナイトもすごく良かったので、まだレポート読んでない方はぜひ読んでみてくださいね~!

当サイト運営者
クロロ執筆・監修
TDRガイド本 発売中!

ビジュアル版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド 2021 美女と野獣新エリア速報!
こんな情報がわかる!
  • 実際に体験!9月28日オープンTDL新エリア情報
  • 今まではまったく違う!感染症対策下のパーク
  • 全アトラクションの待ち時間を完全予測!
  • 予約戦争を勝ち抜く方法
  • 効率的にまわるためのテクニック

実際に体験し、パークを楽しんでいるからこそわかるパークの攻略法を、図解・イラストを用いてわかりやすく解説しています。

Amazonで探す

楽天で探す

POSTED COMMENT

  1. ホリ より:

    なんだか、見たくなりました( ´_ゝ`)

  2. きょうこ より:

    私はメリーポピンズをみたことがないし、何故ディズニーにメリーポピンズ?といった具合に何も知らなかったので、凄く観てみたいなぁと思いました。
    そして、インパした時の楽しみが増えそうでワクワクしています。

    ですが、メリーポピンズって3歳児は楽しめる内容なのでしょうか?
    一緒にメリーポピンズ観てくれるかしら(;A´▽`A

    • う~ん、3歳児ですか~(・∀・;)アニメではないので、楽しめる内容とは言い難いような気がします。
      ちょっと大人向けの、家族の関係を描いた物語でもあるので(>_<) 大人が見る分にはメリーポピンズとウォルトディズニーの約束はとても楽しめるし感動すると思うんですよね~! パークに行く楽しみも増えると思いますよ♪

  3. はるとたけのはは より:

    クロロさん、こんにちは!

    メリー・ポピンズは中学生の時に初めてみて大好きになり、「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を何度も口ずさんで覚えました♪
    50周年記念版のブルーレイはもちろん買いましたよ!
    娘も気に入ってほぼ毎日観ていて、弟と一緒に歌ったり踊ったり台詞を真似して遊んでます(*^_^*)
    「ウォルト・ディズニーの約束」、必ず観ます!!

    今まで普通のJCBカードを使ってましたが、スペシャルナイトの記事を読んですぐさま30周年記念のカードを申し込みました♪
    私もいつか行けるといいなあ(*^。^*)

    • 私も予習のために久しぶりに見たら、やっぱりスーパーカリフラ……が頭に残りました(笑)
      あのブルーレイもちょっと欲しいんですよね~!
      ウォルトディズニーの約束見たらもっと欲しいと思っちゃって(-∀-`; )
      公開が終わってブルーレイ化されたときにセットのやつが出ないかな~と思ってるんですが…。
      メリーポピンズ好きなら絶対見たほうがいいと思いますよ~!
      子供にはちょっと難しすぎる話ですが、大人はすごく感動すると思います。

      ディズニーJCB申し込んだんですね!
      スペシャルナイトだけじゃなくて、普段から限定のグリーティングとかもやっているので、どんどん利用するといいですよ~!

  4. fuufuu より:

    こんにちは。
    随分お久しぶりです。
    今、2月に年パスが切れてから一ヶ月以上振りのシーに来ています。
    ドナのグリ待ちです!
    この一ヶ月色々あり過ぎて、コメントする気力も体力もありませんでしたが、ブログは毎日見ていましたよ^_^

    色々コメントしたいのですが、何と言っても衝撃の動画!あまりの衝撃にポカンとしてしまいました(°_°)凄過ぎます。

    映画、ディーライフで宣伝を見る度、ハピネスイズヒアだ!と思っていたのですが、とても良い映画の様ですね。
    見てみたいです!

    長くなりましたが、今まで単パーク年パスでしたが、遂にツーパーク年パスを購入しました!
    クロロさんのブログと共に、今年は楽しくなりそうです!

    • パークからのコメントありがとうございました。
      2パーク年パス購入されたんですね~!
      これからは2倍楽しめると思うので、ぜひブログ活用して楽しんでください!
      例の動画に関しては今日また新しい情報が出たのでご覧くださいね。

      Dlifeではメリーポピンズをやるみたいですね。
      それを見てから、ウォルトディズニーの約束を見てもらうとよく理解できると思います♪

  5. whale より:

    スゴイ体験をされてきましたね!
    試写の会場が正かの場所!!
    しかも、お土産付き(*^▽^*)

    メリーポピンズも本作品も一度見てみようと思います!
    そうしたら、改めて感想書かせてください(^o^)

    • そうなんです!滅多に行けない場所だったので、これも感動しました(笑)
      お土産はディズニーJCBのやつだったからくれたみたいですね~!

      この映画見るなら絶対メリーポピンズ見てからのほうがいいと思うので、ぜひ両方見てみてくださいね!

  6. manaco より:

    こんばんは☆

    この映画、上映されたら観に行くつもりでした(o^^o)
    こんなにオススメされちゃうと、絶対行かねば!(笑)

    私も元々洋画字幕派なんですけど、歳と共に(笑)邦画派になりつつありました、が、久々に洋画字幕、行ってみましょうか!

    場所も、記念品もどこまでもプレミアな感じがします、いいですね〜♪

    メリーポピンズはちゃんと観た記憶が無いですが、必ず観てから行きますね。
    でも、私、結構メリーポピンズに使われてる曲好きなんですよ〜♪

    クロロさんの今年は、なかなかいい始まりですね(^_-)

    • 思ってたよりもずっと面白かったですよ~!
      こんなに感動するものだとは思ってなくて、ちょっと大変でした(笑)
      予告編の印象とはだいぶ違って、良い意味で重い・深いお話です。
      メリーポピンズを見てるからこその感動があると思うので、ぜひ見てから行ってくださいね!

      あの作品の曲はどれも良いので耳に残りやすいですもんね~!
      でも、この映画を見るとどの曲ももっと好きになりますよ♪

      今年はちょっとイベントに参加したりとなかなか特別な時間を過ごすことが多くて楽しいです(o・∀・)b゙

  7. 茶々 より:

    お久しぶりのコメントです!

    この作品は、テレビとかでも
    予告流れてたりしてたので、
    ちょっと見てみたいな~とは思っていました☆

    クロロさんのレビューを読んでから、
    見たさが、前よりも高くなってきたので、
    時間があるときに、見に行こうか検討中です!

    あと、訂正なんですが…..
    “「ウォルト・ディズニーの約束」
    日本での公開は3月21日(金・祝)から!”
    の部分に、「アナと雪の女王」って書いてあると思うんですけど、
    「アナと女王の雪」になってませんか?
    他の部分は、「アナと雪の女王」で、あってるんですが….。

    • まず訂正の部分、ありがとうございました!
      記載の通り間違っていたので、修正させて頂きましたm(__)m
      全然気付いてなかったので助かりました。

      この映画のほうですが、私は予告編のイメージとはかなり違った印象を持ちましたね~!
      けっこう重い・深いストーリーなので、そのあたりのギャップを埋めておかないと期待に沿わない可能性もあると思いました。
      この記事を読んで見てみたいと思ったのであれば、きっと期待に応える作品になってると思うので、ぜひ見に行ってみてくださいね!

  8. Mimiy より:

    クロロさんこんばんは。
    予告の「スーパーカリフラ〜」を作っているシーンを見てとっても気になってました^ ^
    ディズニー映画のストーリーももちろん好きですが何より音楽が大好きなので、
    パークの中でもショーやBGMに使われてる曲に一人ニンマリしてたりします(笑)
    レビューをわかりやすかったです!益々観に行きたくなりました(>_<)
    この映画みてからハピネス・イズ・ヒア見ると、また違った感動がありそうですね^ ^

    • ん~、「ハピネス・イズ・ヒア」を見るときにはあまり影響は無い映画のように思います(笑)
      ああいう楽しい雰囲気、予告編の軽い雰囲気はあまり無い映画で、重く・深い作品なんですよ。
      私は邦題とか予告編とは全然違うイメージの映画だと思いました。

      でも、メリーポピンズのキャラクターだったり、曲がより好きになることは間違いないと思いますよ!
      製作者と原作者の考えがとてもよくわかる作品だったと思います。
      きっと泣くと思うので、覚悟して見に行ってみてください(笑)

  9. chegeco より:

    クロロさんこんばんは

    私も同じ場所で見てきました!
    別の募集だったので、お土産はなかったですが(^^;;
    まだメリー・ポピンズを見ていなかったので、秘話を知ってから見ようと思いあえて見ずに行きました…
    私は作曲家の奮闘に感動しました!
    あの曲はこんな風に出来たんだぁって。 よかったです♪
    CMの予告とは少し違って感じましたね
    あの大きなミッキーのぬいぐるみを見ると吹き出しそうになっちゃいます( ^ω^ )

    • やはり別の回だと記念品とか無かったんですね(・∀・;)
      でも、他の回の方はなんか違う冊子みたいなの持ってたりしてましたね。

      メリーポピンズ見てないまま見てこられたんですかー!
      内容はどうでした?見てないとたぶんトラヴァース夫人の気持ちがあまり理解できないんじゃないかな~と思ったんですが…。
      そうなんです!予告編とはだいぶ印象が違いますよね!
      けっこう重いストーリーでしたし。
      あの曲たちもトラヴァース夫人の想いもあって聞くとまた違ったかんじに聞こえますね。

  10. ななたいむ より:

    コメントご無沙汰しております。(毎度のことですが笑)

    試写行かれたんですね〜。羨ましい!!
    ご存知でしたらスルーして欲しいんですが、今月23日18:05からDlifeで「メリーポピンズ」放送するみたいです。私も「ウォルトディズニーの約束」を観る前におさらいしたかったので、ありがたいです。
    Dlife観れる環境でしたら、良ければ(^^)

    私は今日「アナと雪の女王」観てきました!
    本当は字幕で観たかったのですが、時間の都合もあって吹き替えで。
    でも吹き替えも良かったですよ。松さんも神田さんも歌が素晴らしかったです!
    同時上映の短編も楽しいですよ〜!!
    最近パークでの紳士淑女なミキミニに慣れてしまったので、原点回帰で新鮮でした。

    私は最寄りの映画館が対応していなかったので2D上映だったんですが、できれば3Dで観たかったです〜(T T)特にミッキーの短編の方。
    3Dやってる映画館まで行ってもう1回観ようかな。
    クロロさん、可能なら3Dオススメします!

    • メリーポピンズの情報ありがとうございます!
      そもそもDlifeってなんだろうっていうところから調べました(笑)
      時期的にもおさらいしておくにはちょうどいいですね~!

      もう見てこられたんですね!
      う~ん、私はどうしても吹き替え好きではないので、字幕で見ようかな~と思ってます(>_<) で、字幕となると3Dでは非常に見難いので、2Dかなと…。 スミマセン~、どうしてもそのあたりこだわってしまうんですよ(。´Д⊂) 同時上映の短編がけっこう面白いらしいですね!期待して行こうと思います!

  11. ななすけ より:

    特別試写会お疲れ様でしたー!
    ブログ楽しみにしてましたよ〜(*^^*)
    当日は今頃クロロさん試写会見てるのかなっ⁉︎って私まで緊張してましたよー!( ゚д゚)ハラハラ
    メリーポピンズは昔観たのみで、忘れてしまったんですよね⤵︎
    アドバイスもあったようにしっかり見てから映画館ですね♪
    メリーポピンズはランド年パスのななすけには馴染みのある音楽ですし、好きな音楽です‼︎♪( ´▽`)
    私パークの音楽大好きでたまに、インしたら感動で鼻歌で歌っちゃう位ですから!←あっ、静かにですよ。周りには迷惑かけない程度に…
    ブログを読んで、とても深い映画なんだなーって感じました( ^ω^ )
    会場もすごいですね‼︎
    感動倍増じゃないですかっ‼︎∑(゚Д゚)うひゃー
    映画楽しみになりましたー!
    丁寧なレポありがとうございました〜d(^_^o)

    • ずっと楽しみにしてた試写会行ってきました!
      滅多に行けない場所なので、ちょっと緊張しながら(笑)

      メリーポピンズ私も忘れかけてたのでちゃんと見直したんですが、やっぱり見てから行ったほうがいいと思いますね~。
      そうしたら余計に泣けると思います。
      ほんとこれ見たら鼻歌どころか、逆に泣くと思いますよ(笑)
      予告編とかはけっこう明るい・軽い雰囲気になってるんですが、実際見たら全然違うイメージだったので、その深い映画って言うイメージで行くと楽しめると思います!
      もうすぐ公開なのでぜひ見に行ってみてださいね♪

  12. おれんじ より:

    クロロさんこんにちは!

    この映画は見たいなーと思ってたのですが、クロロさんのブログを読んで絶対行かなきゃ!と思いました。
    メリーポピンズができるまでの映画とのことなので、この映画を見てから見ようかなと思っていました。でも先に見てから行こうと思いました^ ^もしくはメリー→ウォルト→メリーとか!

    公開が楽しみです!

    • 私も予告編がけっこう明るい・軽いかんじに作られていたので、メリーポピンズ見て無くてもある程度楽しめるのかなと思ってたんですよね。
      でも、あのイメージとは全然違って、けっこう重くて深いストーリーなので、メリーポピンズは見ておいたほうが絶対感動できるだろうなって思いました。
      やはりあのストーリーがベースにあって、この映画の登場人物の気持ちがわかると思いますし。
      ぜひメリーポピンズ見てから見に行ってみてくださいね!かなり泣けると思います!

  13. ペリン より:

    クロロさんのレビュー、一気に読ませていただきました!
    クロロさんのこの映画に対する熱い思いが染み入るように伝わって来て、読み終わったら今すぐ観たい衝動にかられました!人の感情のうねり、切なくも温かい映画なのでしょうね!
    私も「メリー・ポピンズ」は1度しか鑑賞していないので、復習してから映画館へ行くことにしますね♪
    思わずハミングしたくなるような本当に素晴らしい名曲ばかりですし、その曲を耳にすると、そのシーンをぱっと思い出したりしますよね。
    パークで「Let’s Go Fly a Kite」が流れている時に涙を拭う方がいらっしゃったら「あ、クロロさん見付けた!」ってなっちゃいます!そんな時はハンカチ差し出して(←表現古くてすみません)そっとしておいてあげますね~(笑)そういう私も映画鑑賞後はウルウルしちゃうのでしょうが…。
    色々と背景を知っているのと知らないとでは、楽しみ方や感じ方が違うでしょから、鑑賞後のハピネスの更なる大感動が楽しみです♪

    • この映画、予告編がかなり明るく楽しい雰囲気で作ってあるんですが、実際はそれとは全然違ったイメージなので、こんなかんじのレビューになりました(笑)
      熱い思いというか、映画自体がけっこう重くて・深いストーリーなんですよね。
      メリーポピンズの作者のお話だと思って見てもらうのがちょうどいいと思います。
      1度見て大体あらすじ分かってれば大丈夫だと思いますが、見直していくとよりよくわかるかもしれませんね!

      いやいや、わかりませんよ!
      逆に公開後はあそこで曲聞いて泣いてる人が続出するかもしれませんよ?(笑)
      でも、それくらい深く感動できる映画です!ぜひ泣いてください!

  14. そら△ より:

    お土産付試写会 かなりプレミアム感たっぷりですね~!!
    いままでメリー・ポピンズにあまり興味がなかったのですが、映画を見てみたいと思いました^^
    そして、ウォルト・ディズニーの約束も見たいな♪

    • 本当に滅多に行けない場所に行くことができたので、映画を見れたこと以上に楽しいことがあったかんじです♪
      「メリー・ポピンズ」は見ておくとパークがより楽しめますし、「ウォルト・ディズニーの約束」でさらに理解が深まると思うので、見に行ってみてください!

  15. pwdg より:

    クロロさん こんにちは( *・ω・)ノ
    待ってましたー(≧▽≦)
    「ウォルト・ディズ ニーの約束」レビュー!
    クロロさんのレポートで凄く観たくなりました♪
    春休みに映画館に行こうカナー
    ところで「ウォルト・ディズ ニー・スタジオ・ジャパン試写室」ってどこですか?
    気になります(–;)

    • もう公開がはじまってますが、「メリーポピンズ」を見た上でぜひ見に行ってみてくださいね!
      試写室の場所の件に関しては、記事中に丁寧に口外禁止と書いてます。
      そうである以上、そういったコメントは遠慮して頂きたかったです。

  16. ニツパパ より:

    このクロロさんの記事を見て「アナ」かこちらかどちらを見ようかと思っていましたが、この「ウォルトディズニーの約束」を見てきました!

    クロロさんのご忠告通り、「メリーポピンズ」を見てから行ったのですが、本当にそうして良かったです!
    事前に見ているのと見てないのではこの作品への理解度がまるで違うと思いました。
    ご忠告ありがとうございました。m(__)m

    本当に「大人」な映画で、トラヴァース夫人の気持ちが分かれば分かるほど作品に引き込まれていきましたね。
    素晴らしい映画でした。(*^_^*)
    ディズニーファンなら必ず見て欲しいと思いましたね。
    ウォルトの映画への気持ちも伝わりますし、「ディズニー」の仕事への取り組み方の基本姿勢も見ることが出来ます。

    その際は必ず「メリーポピンズ」を見てから行って欲しいですね。
    いい映画を紹介して頂いてありがとうございました。m(__)m

  17. スプーキー より:

    いやいや、立派な論評でした。
    そこらの雑誌読むよりよっぽどいいんじゃ?

    でもこれはDVD出たときに、メリーポピンズと一緒に借りてきて
    落ち着いてみますね!
    僕の場合、こういった類のドキュメントみたいなのって
    客観視しにくいので、しっかり見たいなーと。
    レビューありがとうございました!!

    つい昨日、ディズニー90年展見てきましたが、
    そこでも少し、メリーポピンズのお話がありましたよ!
    ちょっと玄人向きの展示でしたが、ディズニー作品に興味あればぜひ!

    • この映画の場合、もともと知られているエピソードがかなりあるので、どこまでをネタバレと考えていいのかちょっと難しかったです。
      やはり一番はタイトルとか予告編とは全然違う印象の映画っていうことですかね~。
      あんな楽しそうな雰囲気の映画ではないです(笑)

      90年展はディズニーJCBカードから招待券来たんですが、行くかどうかはちょっと微妙です(´д`ι)

  18. DIOP より:

    今ごろゴメンナサイ。この記事の存在に気付いてなかったみたいで…。
    詳しいレビューをありがとうございます。

    春休み中に友達と観に行く予定です。
    友達は初めは乗り気ではありませんでしたが、この記事を見せたところ、一緒に見に来てくれることになりました。レビュー上手ですね。
    かくいう私も、この記事で観に行くことを決めました。Yahoo!とか映画.comの評価が高いのは知っているのですが、どうも信用出来ないんですよね~。

    アナと雪の女王で1人涙腺崩壊していたので、この映画もきちんと観られる自信がありません。せめて吹替ならストーリが入ってくるのですが、字幕は見えないですね…。

    ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンで観られたなんて、羨ましい限りです。そういえば、以前カンブリア宮殿で、ここの試写室を使って撮影をしていました。

    ところで、改めて受付の写真を見てみると、右の置き物には、ディズニー(オラフ)・PIXAR(バズとザーグ)・MARVEL(アイアンマン)・ルーカス・フィルム(C-3PO)が揃い踏みなんですね。しかも、左のアナと雪の女王の置き物より大きいっていうw
    なんだか、貫禄というか迫力というか、そういうものを感じます。

    • 邦題や予告編からはすごく楽しそうな雰囲気のする映画ですが、そうではないかなり重い悲しいストーリーの映画ですね。
      誰にでも勧められるかと言われればそうではない映画ですが、好きな人が見たらとても面白いんじゃないかと思います。
      字幕しかないので、がんばって見てもらうしかないですが(笑)

      ここの試写室、テレビでも紹介されたりするんですね~!
      普通は入れない場所なので、じっくり見てきました!
      おっしゃる通り、大きなバズがいるところには様々なキャラクターのフィギュアがありましたね。
      マーベル作品なんかもここで試写会やったりするならまた行くチャンスあるといいいな~って思います♪

  19. kk より:

    遅ればせながら、観て来ました。おっしゃるとおり!私もパーク前で号泣しそうな予感です。
    メリーポピンズはこれまで見たことがなく、今回映画を見る準備として見たのですが、もっと早く見ておけば良かったと後悔してしまいました…ハピネスのパレードをもっと楽しむ事ができたのに(._.)復活したらすぐ見に行きたいです!
    メリーポピンズは吹き替え版がなく、4歳の娘がどんな反応をするのかなぁと心配していたのですが、そこはさすがディズニー作品!娘をトリコにしていました(*^_^*)

    そして、映画では親と子の絆を考えさせられました。どんな親になれるか、まだまだこれからですけど、大事にしていきたいなぁと思いました。

    • 映画見てこられたんですね!
      やはりこれは音楽聴いたら泣きそうになりますよね~(。´Д⊂)
      どうやら「メリー・ポピンズ」は見た事ある方がかなり少ないようなので、見てもらいたいですね~!
      おっしゃる通りハピネスなんかはもっと感動すると思います。

      「メリー・ポピンズ」吹き替えあると思いますよ!
      ディズニーチャンネルでも吹き替えで放送してますし、最近出たブルーレイにも入ってます。

      その部分がこの物語の核心でもあり、深く突き刺さる部分ですよね。
      とても良い映画だったと思います。

      • kk より:

        吹き替え版があるんですね!
        私が見たDVDはレンタル品だったのでもしかすると古いやつなのかも〜
        ディズニーファンにはバイブルのような作品?と思いましたのでさっそく購入して娘と楽しみたいと思います!ありがとうございます(*^_^*)

        • 古いものだと吹き替えがなかったと思います。
          レンタルのDVDは古いものだと思うので、無かったのかもしれませんね(>_<) ブルーレイのほうは最近出たばかりで、映像自体もキレイになっているので、この作品が好きであれば購入して損はないと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。