ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想




TDL《スプーキー“Boo!”パレード2018》フロート停止位置・鑑賞ガイド
TDS《ザ・ヴィランズ・ワールド2018》鑑賞ガイド

東京ディズニーランド&シー裏技ガイド 2018新ナイトショー速報!


2018年9月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 行きたい日のランクをクリックすると、その日の詳細が見れます。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


26 27 28 29 30 31 1
TDL D D D D D D D
TDS C C D D D C D
2 3 4 5 6 7 8
TDL E E F E E E D
TDS D D F D E E D
9 10 11 12 13 14 15
TDL E E D D E E D
TDS D D D C D E D
16 17 18 19 20 21 22
TDL B+ D D D D E D
TDS B+ C C C D F D
23 24 25 26 27 28 29
TDL B+ D D E E D D
TDS A D D D D D D
30 1 2 3 4 5 6
TDL F D D E E E C
TDS F E D E E E C
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2018年9月の解説

1.全体

 ハロウィンイベント期間は、1年の中でもっとも混雑する3月に及ばないものの、クリスマスと並んで比較的混雑する時期と言えます。
 ハロウィン期間は10月のほうが混雑するので、空いているうちに行きたいのであれば9月中がオススメです。しかし、3連休や運動会の代休で月曜日が混雑するなど、注意すべき日も多いです。

2.期間別の混雑予想

2-1.ハロウィンイベント前(1~10日)

 今年は8月31日が金曜日になるので、夏休みは実質的に9月2日までになります。両パークの夏イベントも9月2日までとなっていて、この日までは夏休みの混雑が続くでしょう。

 夏休みが終わると、新学期がスタートするため、空いていきます。
 イベントが無い合間の期間になるため、空いているとよく言われますが、大学生はまだ夏休みなので、決してガラガラになるほど空くわけではありません。それでも、9月中ではもっとも空いている1週間と言えます。

 9月4日はディズニーシーの開園17周年ですが、セレモニーなど特別な催しはありません。
 また、9月10日からハロウィンイベントの仮装期間となっており、ハロウィンイベントのショーやパレードもプレビューが行われる可能性が高いです。

2-2.中旬(11~24日)

 ハロウィンイベントがスタートすると、その前の1週間に比べると混雑が1段階上がります。それでも10月に比べると空いています。
 2016年まではハロウィンイベント期間の最初と最後の1週間がフル仮装期間になっており、この1週間は他と比べて混雑していましたが、昨年から両パークともイベント期間中はいつでもフル仮装が可能になったため、イベント期間の最初と最後の1週間の混雑は無くなりました。

 今年は9月中に3連休が2回、10月に2連休が1回あります。3連休の場合、中日に混雑が集中するため、この3連休はいずれも中日が入園制限レベルの混雑になる可能性があります。
 ハロウィンイベント期間は、10月に向けて徐々に混雑していくので、9月の3連休は15~17日よりも22~24日のほうが混雑しそうです。



2-3.下旬(25~30日)

 9月の3連休と10月の3連休の間にあたるこの時期は少し混雑が落ち着きそうです。
 ハロウィンイベント期間は10月が混雑するので、空いている日に行きたい場合は、イベント最初の週か、この週が狙い目と言えるでしょう。

 通常は日曜日よりも土曜日のほうが混雑しますが、この時期は運動会(晴れていれば土曜日に行われる)が集中する時期になるため、土曜日も日曜日も同じくらいの混雑になる傾向があります。

2-4.月曜日・連休明けの火曜日

 9月中旬から10月中旬にかけては、運動会や体育祭などの学校行事が集中する時期になります。ピークは10月8日の体育の日ですが、9月中旬から既にこの影響が出始めて、代休となる月曜日や連休明けの火曜日は混雑します。
 普段の土日レベルの混雑になることが多いので、この時期の休日明けは避けることをオススメします。もし代休で行く場合は、土日だと思って、しっかりと混雑対策をしていきましょう。


休止施設

ディズニーランド

9月10日~9月28日
ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション
9月25日~10月31日
スイスファミリー・ツリーハウス

7月9日~9月26日
ブランニュードリーム

7月9日~9月2日
メインエントランス(メインストリート・ハウス側)※グリーティング
7月9日~2019年3月31日
メインエントランス(ベビーカー&車イス・レンタル側)※グリーティング
ディズニーシー

8月30日~9月21日
マジックランプシアター
9月4日~9月6日
マーメイドラグーンシアター
9月17日~10月26日
ジャンピン・ジェリーフィッシュ

7月9日~9月26日
ブランニュードリーム

9月3日~9月5日
ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ
9月25日~9月27日
パパダキス・フレッシュフルーツ
9月25日~10月4日
ゴンドリエ・スナック

混雑予想関連情報

両パーク共通

2018年4月15日~2019年3月25日
東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”
9月11日~10月31日
ディズニー・ハロウィーン
ディズニーランド

7月10日~9月2日
ディズニー夏祭り
ディズニーシー

7月10日~9月2日
ディズニー・パイレーツ・サマー

過去の入園制限

[2015]
21日(月祝)─10:15~16:30(TDL)
21日(月祝)─10:15~16:30(TDS)
22日(火祝)─8:20~13:30(TDL)
22日(火祝)─9:00~16:00(TDS)

[2014]
14日(日)─10:10~18:00(TDL)
14日(日)─11:00~15:30(TDS)

[2013・TDR30周年]
22日(日)─8:50~16:00(TDL)
22日(日)─11:20~17:00(TDS)

[2011・TDS10周年]
18日(日)─12:00~14:00(TDS)

[2009]
20日(日)─10:00~14:00(TDL)
20日(日)─8:30~13:30(TDS)
21日(月)─9:00~17:00(TDL)
21日(月)─9:00~17:30(TDS)
22日(火)─9:00~17:00(TDL)
22日(火)─9:00~17:00(TDS)

[2008・TDR25周年]
14日(日)─10:30~14:00(TDL)



2018年10月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 行きたい日のランクをクリックすると、その日の詳細が見れます。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


30 1 2 3 4 5 6
TDL F D D E E E C
TDS F E D E E E C
7 8 9 10 11 12 13
TDL B C C D E D C
TDS B C C E D F C
14 15 16 17 18 19 20
TDL C D D D D D C
TDS D D D D D D B
21 22 23 24 25 26 27
TDL C D D D D D B
TDS C D D D D D B
28 29 30 31 1 2 3
TDL C D D D D D B+
TDS C D D D D C B+
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2018年10月の解説

1.全体

 ハロウィンイベント期間は10月のほうが混雑します。特にハロウィン当日が近づいてくる10月下旬は混雑し、9月と比べて1段階、混雑レベルが上がります。
 前半はまだマシな混雑ですが、入園制限レベルになる可能性がある三連休、運動会シーズンになるため代休で混雑する休日明けなど、注意日があります。

2.期間別の混雑予想

2-1.上旬(1~8日)

 上旬は、10月の中では比較的空いている時期です。3連休に入る前であれば、それほど混雑することはなく楽しめるでしょう。
 ただし、運動会シーズンになるため代休で混雑する月曜日には注意が必要です。10月1日は東京都民の日も重なり、平日とは思えない混雑になるでしょう。

 10月6~8日は三連休です。10月で唯一の連休で、ハロウィンイベント期間でもっとも混雑する3日間と言えるでしょう。
 10月の三連休は過去に何度も入園制限がかかるほど混雑するので、今年も入園制限レベルの混雑になることを覚悟しましょう。

2-2.中旬(9~21日)

 三連休後も、10月後半に比べるとまだそれほど混雑しない期間になります。それでもハロウィンイベント期間の中では比較的混雑する時期と言えます。
 9月下旬や10月上旬と同じ混雑レベルでも、この時期のほうが少し混雑しています。

 また、10月8日は体育の日で、この三連休明けの9日はもっとも代休の影響が出る日になります。ピークになる日なので、平日狙いの人は避けたほうが良いでしょう。
 10月12日はディズニーシーで夜間貸切営業があるため、通常営業の閉園時間が早くなっており、ディズニーランドのほうに混雑が集中しそうです。



2-3.下旬(22~31日)

 ハロウィンイベント期間でもっとも混雑するのが、ハロウィン当日が近づく10月下旬になります。
 2年前までは、ハロウィンイベント最初と最後の1週間がフル仮装期間だったため、特に混雑していましたが、2017年からハロウィンイベント期間中ずっとフル仮装が可能になったため、このような影響は無くなりました。

 フル仮装の影響が無くなったとしても、もともと10月下旬は混雑する時期になるため、平日を中心に混雑するというハロウィン特有の傾向が表れる混み具合になるでしょう。


休止施設

ディズニーランド

9月25日~10月31日
スイスファミリー・ツリーハウス
10月1日~10月5日
空飛ぶダンボ
10月15日~10月24日
白雪姫と七人のこびと
10月23日~11月19日
ビッグサンダー・マウンテン

7月9日~2019年3月31日
メインエントランス(ベビーカー&車イス・レンタル側)※グリーティング
ディズニーシー

9月17日~10月26日
ジャンピン・ジェリーフィッシュ
10月1日~10月12日
ジャスミンのフライングカーペット
10月4日
海底2万マイル

10月12日
ブランニュードリーム

9月25日~10月4日
ゴンドリエ・スナック

混雑予想関連情報

両パーク共通

2018年4月15日~2019年3月25日
東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”
9月11日~10月31日
ディズニー・ハロウィーン

過去の入園制限

[2017]
8日(日)─11:15~18:30(TDL)
8日(日)─11:00~16:15(TDS)

[2016・TDS15周年]
9日(日)─8:20~12:00(TDS)

[2015]
18日(日)─10:50~14:30(TDS)

[2014]
11日(土)─11:45~18:00(TDL)
11日(土)─11:20~16:30(TDS)
12日(日)─8:00~18:30(TDL)
12日(日)─9:30~18:00(TDS)
18日(土)─11:30~16:00(TDL)
19日(日)─10:20~16:30(TDL)
19日(日)─11:10~16:30(TDS)
25日(土)─9:25~16:30(TDL)
25日(土)─12:30~16:30(TDS)
26日(日)─11:20~16:00(TDL)

[2013・TDR30周年]
12日(土)─10:00~12:45(TDL)
13日(日)─8:30~18:00(TDL)
13日(日)─9:50~17:00(TDS)
14日(月)─8:30~16:00(TDL)
14日(月)─10:45~16:00(TDS)
19日(土)─10:20~16:00(TDL)
19日(土)─11:45~14:45(TDS)
27日(日)─8:45~16:45(TDL)
27日(日)─11:00~16:00(TDS)
28日(月)─8:25~11:00(TDL)

[2012]
7日(日)─10:00~13:45(TDL)
7日(日)─10:00~15:45(TDS)
27日(土)─9:00~14:45(TDL)
27日(土)─12:00~16:45(TDS)

[2011・TDS10周年]
8日(土)─10:40~13:45(TDL)
8日(土)─11:00~14:30(TDS)
9日(日)─11:00~17:00(TDL)
9日(日)─10:00~17:00(TDS)

[2010]
23日(土)─9:50~15:00(TDL)
23日(土)─12:00~17:00(TDS)
24日(日)─10:10~12:30(TDL)

[2009]
11日(日)─10:45~14:00(TDL)
11日(日)─9:30~14:30(TDS)
24日(土)─12:00~16:00(TDS)

[2008・TDR25周年]
4日(土)─11:30~16:00(TDL)
12日(日)─8:45~17:00(TDL)
12日(日)─10:45~16:45(TDS)
13日(月)─10:15~12:45(TDL)
18日(土)─9:30~16:15(TDL)
19日(日)─11:00~13:00(TDL)
25日(土)─8:15~13:30(TDL)
26日(日)─10:00~15:00(TDL)



2018年11月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 日別の混雑予想は現在作成中です。公開までもう少しお待ちください。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


28 29 30 31 1 2 3
TDL C D D D D D B+
TDS C D D D D C B+
4 5 6 7 8 9 10
TDL C D E E E D C
TDS B C E E D D B
11 12 13 14 15 16 17
TDL C E D D E C B
TDS C E D C E E B
18 19 20 21 22 23 24
TDL C E E E E C B+
TDS B D E E D B A
25 26 27 28 29 30 1
TDL C E F F F E C
TDS C E E E E E B
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2018年11月の解説

1.全体

 11月は、クリスマスイベントがスタートし、1年の中で比較的混雑する時期です。しかし、全体的に混雑するわけではなく、大きく分けて前半と後半で混み具合が大きく上下します。
 また、クリスマスイベント期間はハロウィン期間とは異なり平日はそれほど混雑しませんが、土日に混雑が集中するという特徴があります。

2.期間別の混雑予想

2-1.クリスマスイベント前(1~7日)

 昔はよくイベントの合間は空いていると言われましたが、現在はハロウィンイベントとクリスマスイベントの合間の期間は、意外に混雑する要注意期間です。
 6日や7日はそれほど混雑する要素はありませんが、3日の祝日を中心に平日も混雑するので避けたほうが良いでしょう。

 11月3日の文化の日周辺は、中学・高校の文化祭、大学の学園祭シーズンになるため、学生がとても多く来園し、アトラクションが混雑します。
 2017年も三連休の初日となった11月3日はディズニーランドで入園制限がかかるほど混雑していたので、イベントが無い=空いているとは考えないようにしましょう。

2-2.中旬(8~18日)

 クリスマスイベントのスタート直後は、12月に比べると空いていますが、いきなり要注意日が多数ある激混み週がやってきます。

 まず、11月13日は茨城県民の日、11月14日は埼玉県民の日となっており、公立校は休校となるため毎年とても混雑します。今年は平日なので知らないと思わぬ混雑に巻き込まれるため注意が必要です。
 ショーやパレード目当ての人が多くて混雑するクリスマスイベント最初の週末に続いて、この2日間は避けたほうが良いでしょう。

 11月16日は夜間貸切営業のためディズニーシーの閉園時間が早くなっており、ディズニーランドに混雑が集中します。
 11月18日はミッキーとミニーのスクリーンデビュー日で、誕生日として扱われている日です。お祝いするためグリーティングは激混みになります。



2-3.三連休がある週(19~25日)

 県民の日など、特異日が集中する前週と比べるとこの週の平日は混雑が落ち着きます。
 クリスマスイベント期間は平日は空いていますが、土日に混雑が集中し、激混みになるという特徴があります。

 そのため、この3連休は中日を中心に入園制限レベルの混雑になることが予想されます。
 クリスマスイベント期間の中では、12月22~24日の3連休に次いで混雑する3日間になるでしょう。

2-4.11月末(26~30日)

 11月末から12月の上旬にかけては、学生もテスト期間に入り、世間的にもクリスマスシーズンの前になるため、パークも空きます。
 土日に混雑が集中するというクリスマスイベント期間の特徴は変わりませんが、平日はかなり空いていてオススメの時期です。


休止施設

ディズニーランド

10月23日~11月19日
ビッグサンダー・マウンテン

7月9日~2019年3月31日
メインエントランス(ベビーカー&車イス・レンタル側)※グリーティング
ディズニーシー

11月5日~11月23日
海底2万マイル
11月15日~12月5日
マーメイドラグーンシアター
11月26日~12月25日
レイジングスピリッツ

11月16日
ブランニュードリーム

混雑予想関連情報

両パーク共通

2018年4月15日~2019年3月25日
東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”
11月8日~12月25日
ディズニー・クリスマス

過去の入園制限

[2017]
3日(金祝)─11:30~18:00(TDL)
25日(土)─11:30~14:30(TDS)
25日(土)─11:00~14:30(TDS)

[2015]
22日(日)─9:50~16:15(TDL)
22日(日)─10:30~15:45(TDS)

[2014]
16日(日)─11:20~15:30(TDL)
16日(日)─11:50~15:30(TDS)
23日(日)─9:10~17:30(TDL)
23日(日)─9:45~16:30(TDS)

[2013・TDR30周年]
3日(日)─9:30~16:30(TDL)
3日(日)─10:10~15:30(TDS)
9日(土)─11:00~16:00(TDL)
16日(土)─11:15~15:15(TDL)
23日(土)─9:15~17:30(TDL)
23日(土)─10:15~16:15(TDS)
30日(土)─8:55~13:30(TDL)
30日(土)─9:35~14:30(TDS)

[2012]
10日(土)─10:10~13:15(TDS)
18日(日)─10:30~13:30(TDL)
18日(日)─10:10~15:00(TDS)
24日(土)─9:30~15:30(TDL)
24日(土)─10:15~16:55(TDS)

[2011・TDS10周年]
12日(土)─11:50~15:00(TDL)
12日(土)─11:30~17:00(TDS)
13日(日)─10:20~14:30(TDS)
20日(日)─11:50~14:30(TDS)
26日(土)─10:00~15:00(TDL)
26日(土)─10:30~17:45(TDS)

[2010]
20日(土)─10:15~13:00(TDL)
20日(土)─10:30~14:00(TDS)
21日(日)─10:20~14:00(TDL)
21日(日)─10:40~13:45(TDS)
27日(土)─10:30~15:30(TDL)
27日(土)─11:50~16:45(TDS)

[2008・TDR25周年]
2日(土)─10:30~13:15(TDL)
15日(土)─10:30~14:00(TDL)
22日(土)─10:30~14:00(TDL)
23日(日)─8:30~17:00(TDL)
23日(日)─11:00~16:00(TDS)
29日(土)─10:30~16:00(TDL)



2018年12月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想

Point
  • 日別の混雑予想は現在作成中です。公開までもう少しお待ちください。

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


25 26 27 28 29 30 1
TDL C E F F F E C
TDS C E E E E E B
2 3 4 5 6 7 8
TDL D E E E E E B+
TDS C E E E E D B+
9 10 11 12 13 14 15
TDL C E E E E E C
TDS C E E E E D B
16 17 18 19 20 21 22
TDL C E E E E D C
TDS C D E E E D C
23 24 25 26 27 28 29
TDL B C C D D C B
TDS A B C C C B A
30 31
TDL B C C
TDS A C C
F E D C B A
人気アトラク15~45分
ガラガラの日
人気アトラク30~60分
普通の平日
人気アトラク60~90分
混雑する時期の平日
人気アトラク90~120分
普通の土日
人気アトラク120~150分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150分以上
激混み!入園制限レベル

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2018年12月の解説

1.全体

 12月はクリスマスムードの高まりとともに、パークも徐々に混雑していく時期になります。特に22~24日の3連休はクリスマスイヴも含まれるため、クリスマスイベント期間でもっとも混雑するでしょう。
 そして年末は1年の中でもトップクラスの混雑になります。空いている時期を狙うのであれば、12月前半のうちに行きましょう。

2.期間別の混雑予想

2-1.上旬(1~9日)

 11月末から12月の頭にかけては、クリスマスイベント期間でもっとも空いている時期になります。
 学生はテスト期間であること、師走の忘年会シーズンであることから、クリスマスイベント期間の中では狙い目の時期です。

 しかし、この12月頭で注意しなければならないのが、8日と9日です。ここは毎年とても混雑する土日で、今年は年間パスポートの使用不可日に指定されています。お盆、春休み、三連休といった日が指定されている中、唯一普通の土日で指定されている日です。
 はっきりとした要因はわかりませんが、クリスマス当日まではまだ時間があり、ファミリー層が出掛けるにはちょうどいい時期なのかもしれません。

2-2.中旬(10~21日)

 12月中旬は12月頭に比べると少し混雑しますが、それでも十分空いていると言えます。
 クリスマスイベント期間の特徴でもある、平日は空いていて、土日に混雑が集中するという特徴がよく出る時期で、平日は空いています。土日は8・9日と比べると空くでしょう。

 12月中旬になると、いよいよクリスマスが近づいてくるため、ムードの高まりとともに金曜日が混雑するようになります。
 特にアフター6を利用してデートで来園する人が多く、混雑します。この金曜日が混雑するというのもクリスマスイベント期間の特徴になります。通常は月曜のほうが混雑しますが、クリスマスイベント期間は月曜のほうが空いています。



2-3.クリスマス(22~25日)

 今年のクリスマスは22~24日が3連休となります。例年、24日と25日は混んでいるというイメージで避ける人が多いせいか、実際はそこまで激混みにはなりません。
 24日は連休最終日、25日は平日になるため、今年も激混みとまではいかなそうです。

 それに対して、23日は3連休の真ん中になっていて、ファミリー層も出掛けやすいため、入園制限レベルの混雑になりそうです。
 この3連休は今年のクリスマスイベント期間でもっとも混雑する3日間になるでしょう。

2-4.年末(26~31日)

 近年はクリスマスイベント期間よりもさらに混雑しているのが、この年末です。
 混雑のピークは30日で、28~30日あたりは過去にも入園制限がかかるほど混雑しています。

 今年はカレンダー通りに、26日から30日に向かって徐々に混雑していく形になるでしょう。クリスマス後、年内に行くのであれば、出来るだけ早い日に行くほうが空いていて、26日や27日ならそれほど混雑しません。
 大晦日の31日は閉園時間が早く、昔は空いていましたが、近年は狙い目の日とされているせいか、普通に混雑します。閉園時間が早いこの日にわざわざ行く意味があまり無くなっています。


休止施設

ディズニーランド

12月3日~12月12日
ピノキオの冒険旅行
12月10日~12月24日
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
12月29日
カントリーベア・シアター

7月9日~2019年3月31日
メインエントランス(ベビーカー&車イス・レンタル側)※グリーティング

12月7日、31日
東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ
12月7日、31日
ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ “ミッキー&カンパニー”
12月7日、31日
ミッキーのレインボー・ルアウ
12月7日、31日
ブランニュードリーム
12月7日、31日
Celebrate! Tokyo Disneyland
ディズニーシー

11月15日~12月5日
マーメイドラグーンシアター
11月26日~12月25日
レイジングスピリッツ

混雑予想関連情報

両パーク共通

2018年4月15日~2019年3月25日
東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”
11月8日~12月25日
ディズニー・クリスマス

過去の入園制限

[2017]
2日(土)─11:45~14:00(TDL)
9日(土)─11:30~17:25(TDL)

[2014]
30日(火)─10:10~16:30(TDL)
30日(火)─10:40~15:00(TDS)

[2013・TDR30周年]
7日(土)─9:15~14:15(TDL)
7日(土)─10:15~15:15(TDS)
14日(土)─9:30~13:15(TDL)
14日(土)─10:15~15:15(TDS)
15日(日)─11:45~15:30(TDL)
15日(日)─10:15~13:30(TDS)
22日(日)─8:35~16:00(TDL)
22日(日)─9:00~16:00(TDS)
29日(日)─10:50~15:30(TDL)
29日(日)─10:15~14:00(TDS)

[2012]
1日(土)─11:30~14:45(TDS)
16日(日)─12:15~15:30(TDS)
23日(日)─10:00~13:00(TDL)
23日(日)─10:30~15:00(TDS)

[2011・TDS10周年]
10日(土)─10:45~17:00(TDL)
10日(土)─9:45~17:00(TDS)
17日(土)─11:00~14:00(TDS)
23日(金祝)─10:20~14:00(TDL)
23日(金祝)─10:20~18:00(TDS)
24日(土)─9:15~14:00(TDS)

[2010]
11日(土)─10:20~15:00(TDL)
11日(土)─11:00~16:00(TDS)
25日(土)─14:45~17:00(TDS)

[2009]
12日(土)─10:30~16:00(TDL)
12日(土)─10:30~17:00(TDS)
19日(土)─14:00~19:00(TDS)

[2008・TDR25周年]
6日(土)─9:30~13:30(TDL)
13日(土)─9:15~17:00(TDL)
13日(土)─11:00~16:00(TDS)
20日(日)─10:30~13:15(TDL)
29日(月)─11:00~15:00(TDL)



Disney Colors ディズニー混雑予想 6つのポイント!

アトラクションの待ち時間で混雑を予想!月毎に混雑がわかりやすいカレンダー表示!

 Disney Colorsでは、他のディズニー混雑予想サイトでよくある『入園者数』ではなく、『アトラクションの待ち時間』を基準に予想しています。
 その理由はディズニーランド、ディズニーシーのアトラクション待ち時間と入園者数は比例していないからです。

 例えば、毎年2月は入園者数がとても少ない時期なので『入園者数』を基準にすると、とても空いているという予想になります。
 しかし、実際のところは、キャンパスデーパスポートの期間&入試休みの学生が多いため、アトラクションは年間を通じてもかなり混雑しています。

 おそらくディズニーの混雑予想を見に来た方が一番知りたいのは『アトラクションの待ち時間』ではないかと思います。
 そこで、Disney Colorsでは、誰にでもわかりやすい『アトラクションの待ち時間』を基準にしたディズニー混雑予想を提供しています。
 年間パスポートで頻繁にディズニーランド、ディズニーシーに通うコアなファンだからこそ分かる、細かな混雑予想が特徴です。

ディズニー 混雑予想

 月ごとのディズニー混雑予想ページでは、カレンダー形式で1か月の混み具合が分かりやすくなっています。
 また、主な混雑予想を記載したカード形式の詳細や、その月の解説、過去の入園制限などのデータも掲載しています。

 なお、カレンダーでは過ぎた日については天気と実際の混み具合を掲載しています。

行きたい日の詳しい混雑状況がわかる!日別の詳細ページは必見!

 月ごとのディズニー混雑予想ページで、行きたいと思っている日をクリックすると、その日の超詳しいデータを見ることができます。

ディズニー 混雑予想

 Disney Colorsのディズニー混雑予想では、この日別の詳細ページにもっとも力を入れています

 混雑予想の解説、ほぼ全てのアトラクションの待ち時間予想、ファストパス発券予想、過去2年分のショースケジュールなどのデータや実際の混み具合など、過去のデータを含めて、どのくらいの混雑になるのかを徹底的に分析しています。
 ここまで詳しく分析し、情報を提供しているディズニー混雑予想サイトは他になく、きっと計画を立てるのに役立ちます。

日別の詳細ページでは、混雑知識、過去の混み具合、特殊要素を組み合わせた混雑予想を解説!

ディズニー 混雑予想

 日別の詳細ページでは、まず混雑予想の解説を詳しく記載しています。
 Disney Colorsのディズニー混雑予想では、『アトラクションの待ち時間』を基準としたA~Fまでの6段階で予想をしていますが、当然同じEレベルの中でも少し差が出てきたりすることがあります。

 そのような細かい混み具合をここでは解説しています。
 もちろん予想の根拠となっている混雑要素を、パークに詳しくない人にもわかりやすく解説しています。

 また、過去のデータも積極的に活用し、過去の同じ条件の日(同じ週の同じ曜日)にどのような混み具合だったのかを掲載しています。
 入園制限などのデータや、最新のパーク情報をお届けしているブログと連動して解説しています。

ほぼ全てのアトラクション待ち時間とファストパスがいつ何時のものを発券するかも細かく予想!

 日別の詳細ページでは、アトラクションに特化した混雑予想も提供しています。

ディズニー 混雑予想

 ここでは両パークのほぼ全てのアトラクションがどのくらいの待ち時間なのか、一目でわかるようになっています。
 さらに、ここでは何時にどの時間帯のファストパスが発券されるかという、ファストパス発券予想もあります。

 特徴的なのは、季節や休止アトラクションの影響も完全に反映している点です。
 例えば、絶叫系が混雑するキャンパスデー期間、夏場に混雑する「スプラッシュ・マウンテン」と「アクアトピア」、限定バージョンで混雑する「ホーンテッドマンション」と「タワー・オブ・テラー」、そして休止アトラクションの影響も反映しています。

 これによって、行きたい日のアトラクションの混み具合がどのくらいになるのかをより正確に予想しています。
 他のディズニー混雑予想サイトではここまで反映しているところは無く、年間パスポートを持って通うファンだからこそ分かる細かな予想になっています。

過去2年分の同じ日の実際の混み具合を掲載!混雑をイメージする参考に!

 日別の詳細ページでは、過去の同じ条件の日(同じ週の同じ曜日)の実際の混み具合も掲載しています。

ディズニー 混雑予想

 ここでは過去2年分の、実際のアトラクション待ち時間、実際のファストパス発券状況、実際のレストラン待ち時間を掲載しており、どの程度の混雑になるのかイメージしやすいようになっています。

過去2年分のショースケジュール、前売券の完売、入園制限などの細かい混雑情報も!

 日別の詳細ページでは、過去の同じ条件の日(同じ週の同じ曜日)の細かいデータも掲載しています。

ディズニー 混雑予想

 ここでは過去2年分のショースケジュールと混雑要素を掲載しています。
 前売券がいつ完売したのか、入園制限がいつかかったのか、という情報も網羅しています。

Disney Colors ディズニー混雑予想を参考にして、計画を立てよう!

 これがDisney Colorsのディズニー混雑予想の特徴です!

 パークに詳しくない方でも出来るだけ分かりやすいように試行錯誤を重ねた結果、現在のスタイルになりました。
 ここまで細かく情報を掲載しているサイトは他にありません。しっかりと準備をして、楽しい1日を過ごしてください!

最新情報を受け取る

このページをシェアする

リンク集