東京ディズニーシー

15周年のテーマは「Wish」!クリスタルがきらめく海へ!東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”開催

東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”

 2016年4月から開催される東京ディズニーシー15周年イベントの概要が発表されました!
 今回はまだ概要のみの発表となるため、詳しい内容はわかりませんが、この概要からわかること・期待されることを詳しく解説していきます!

東京ディズニーシー15周年のテーマは「Wish」

 2016年9月4日に開園15周年を迎える東京ディズニーシーで、今回開催されるアニバーサリーイベントの名称は「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」です。
 2016年4月15日~2017年3月17日まで、約1年間に渡って開催されます。 

 15周年イベントのテーマは「Wish」。“未来を思い描き、そこへ向かうワクワクする気持ち”と表現されています。
 この気持ちをさらに強く光り輝かせようというのが、今回の15周年イベントですね。

 

 この「Wish」の象徴となるのがクリスタルで、パーク内が様々なクリスタルでデコレーションされるほか、キャラクターのコスチューム、グッズ、メニューにもクリスタルが輝くということです。

東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”

©Disney
「東京ディズニーシー®15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」開催のお知らせ|オリエンタルランド・ニュースリリース

 公開されたイメージでは、キャラクターのコスチュームがわかりますが、ディズニーシーらしい青を基調にしたコスチュームになってますね!
 各キャラクターが、キラっと光るクリスタルを身に着けているのもわかります。

 イメージ的には2011年まで行われていたショー「ミート&スマイル」を思い起こす衣装だと私は感じました。
 その2011年には10周年イベントが開催され、キャラクターたちも全員魔法使いの衣装で登場しましたが、今回はディズニーシーらしい衣装だなと思います。

ミート&スマイル

 現在、ディズニーシーでレギュラーコスチュームの扱いになっているのは5周年のときに登場した衣装なんですが、その後の10周年の衣装は期間限定の扱いでした。
 TDR30周年は、通常営業では30周年衣装のコスチュームでグリーティングに出てくることはほぼなく、イベント終盤の1~3月にだけミッキーとミニーがディズニーランドに登場しました。

 それを踏まえると今回の東京ディズニーシー15周年では、グリーティングで登場してくれるのか、またレギュラーコスはどうなるのか、というのがとても気になるところですね!
 こればかりはイベントがはじまってみないと、そしてイベントが終わってみないとわからないので、楽しみに待つしかありません。

 

15周年期間限定のハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」

 周年イベントというと期待されるのがショーですよね!
 「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」では、期間限定のショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」が公演されます。

 このショーは15周年期間限定で公演されるハーバーショーで、新ショーではありますが、レギュラーショーではありません。
 15周年のテーマである「Wish」を感じられるショーになるようです。

ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー

 今回の発表ではあくまで概要のみなので、どのような規模のショーなのかは現段階ではわかりません。
 TDS10周年で行われたショー「Be Magical!」のような規模のショーなのか、あるいはTDR30周年で行われた「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」のような規模のショーなのか、今は判断できないです。

 ただ、ショーの説明では“輝かせる新たな冒険の旅へ期待に胸を膨らませるゲストの前に、さまざまな願いを持ったディズニーの仲間たちが旅の案内役として登場し、冒険の旅立ちを盛大にお祝いします。”となっています。

 もともと「Be Magical!」も震災で大きく内容が変更され、出演者数が約2倍になってあのようなショーになりました。
 また、今回のショーの説明を読むと旅立ちを祝うショーなので、午前中に行われていた「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」に近い印象を受けます。

 ご存知の方も多いと思いますが、「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」は海上のみで行うとても小規模のショーだったので、今回のリリースではまだ期待半分・不安半分という感想ですね。

「レジェンド・オブ・ミシカ」の後継デイハーバーショーは無し?

 TDS10周年イベントでは、夜のハーバーショー「ファンタズミック!」がスタート、「テーブル・イズ・ウェイティング」がレギュラーショーとして登場、グリーティング施設「グリーティング・トレイル」が登場しました。

 当初の予定では「Be Magical!」が期間限定のグリーティングショーで4月~6月に公演し、ハロウィンイベント、そしてフィナーレイベントを開催予定でした。
 それが、震災の影響で内容変更された「Be Magical!」をハロウィンイベント期間とフィナーレイベント期間に公演し、両イベントは中止となりました。

レジェンド・オブ・ミシカ

 周年イベントはレギュラーショーがスタートするタイミングではありますが、今回の発表では昨年9月まで公演されていたデイハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」の後継ショーの発表はありませんでした。

 TDS10周年のときには最初に発表された概要の段階で既に「ファンタズミック!」の記載があったので、今後はやはりメディテレーニアンハーバーで行われるレギュラーショーの公演は無いと思ったほうがいいのかもしれません。

「ビッグバンドビート」が一部リニューアル

 今回のTDS15周年イベントでは、人気のあのショーがリニューアルします!
 TDS5周年イベントで登場した「ビッグバンドビート」です。本来は期間限定だったこのショーですが、好評のため継続が決まって来年で10周年を迎えます。

東京ディズニーシー アメリカンウォーターフロント

 その「ビッグバンドビート」がショー内容やコスチュームを変更してリニューアルすることとなりました。
 どのように変わるのかが気になるところですが、10年同じ内容でやり続けているので、さすがにそろそろリニューアルするのも納得のような気がします。

 これに合わせてクリスマスバージョンなどもどのように変わるのか、そもそも今後もクリスマスバージョンがあるのか、なども注目されるところですね!

ハンガーステージで新ショーがスタート

 こちらは既に昨年発表されていた情報ですが、ロストリバーデルタのハンガーステージでは新ショーがスタートします。
 今年の4月まで「ミスティックリズム」が公演されていた場所ですね。

ミスティックリズム

 導入時期は2016年春~夏なので、ちょうど15周年イベントがスタートした後になりそうです。

 このショーではプロジェクションマッピングが使用されます。
 “影の世界に迷い込んだ主人公の少女が成長していく姿を、映像と音楽、エネルギッシュなパフォーマンスで表現する、まったく新しいミュージカルショー”と説明されるように、映像とパフォーマンスが融合したタイプのショーになりそうです。

 また、以前の「ミスティックリズム」ではキャラクターが一切出演しないショーになっていましたが、今回の新ショーもキャラクター出演に関する記載は一切無いので、同様の雰囲気にショーになることが予想されます。

その他、気になる新要素

 「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」とは直接関係ありませんが、2016年後半には東京ディズニーランドで新グリーティング施設のオープンが控えています。

 また先日発表になった東京ディズニーシーの新アトラクションは2017年春オープン予定となっているため、こちらは15周年イベントの後の目玉になりそうですね。

 ということで、今回はまだ概要のみの発表でしたが、これから「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の内容、「ビッグバンドビート」のリニューアル内容、新ショーの名称なども発表されていくことになりますし、年間イベントスケジュールも出てくるので、続報を期待しましょう!

POSTED COMMENT

  1. クロロさん、お久しぶりです!
    覚えてくださっているでしょうか…?
    この春から就職し、慣れない毎日だったのでブログ拝見するのがご無沙汰になってしまいました。

    15周年イベント、楽しみですね!
    てっきりミシカの後継ショーが開始すると思っていたのですが、期間限定なのですね…。
    Be Magical!のようなショーを期待しているのですが、たしかに上陸なしの場合もあるんですね(>_<)

    BBBがリニューアルするのも非常に楽しみです!
    ハンガーステージでの新しいショーも楽しみですし、来年のディズニーシーもクロロさんのレポで楽しみたいです!
    これからまたブログ拝見させていただきますのでよろしくお願いします!

  2. まえむき より:

    お久し振りです!
    10周年のときよりも遅めに出てきましたね、15周年リリース。

    クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー、どんな規模になるんでしょうね……
    「ハピネス・イズ・ヒア」、「ファンタズミック」、「ジュビレーション」と同じ、『開幕を華やかに飾る~』というフレーズを引っ提げての発表ですから、豪華じゃなきゃこれらと同列にはなれないと思いますし、
    この書き方だと秋あたりに『好評につき~』とか言い出す「実はレギュラーでした」パターンな気もしますが……

    季節のショーとの兼ね合いも気になるところですね。前2回のリリースとの比較だと「季節感あふれる」という表現が消え、「アニバーサリーイヤーにふさわしい」という文言に変わったことが気になります。
    どうせ次の発表は10月なんでしょ、待ちきれない!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。