ディズニーホテル

東京ディズニーリゾート内に『トイ・ストーリー』の新ディズニーホテルが2021年度開業

新たなディズニーホテルが2021年度開業!

 突然のニュースにびっくりです!
 ディズニーアンバサダーホテル(2000年)、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(2001年)、東京ディズニーランドホテル(2008年)、東京ディズニーセレブレーションホテル(2016年)に続く、5つ目のディズニーホテルの開発・2021年度開業が発表されました(TDS新テーマポートのディズニーホテルは2022年度)。

 下記リリースから詳しく解説していきます。

おもちゃの世界に!ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』がテーマ

 5つ目のディズニーホテルはみなさんご存知の『トイ・ストーリー』をテーマにしたホテルになります。
 このような1つの作品をテーマとするホテルは初めてですね。

 “外観から中庭まで、すべておもちゃで作られたようなデザインのホテル”、“客室はアンディの部屋を思わせるインテリアで、カラフルな家具”と紹介されています。

 イメージ的にはディズニーシーのアトラクション《トイ・ストーリー・マニア!》のような雰囲気?
 上海ディズニーリゾートにはトイ・ストーリー・ホテル(https://www.shanghaidisneyresort.com/en/hotels/toy-story-hotel/)があります。外観は違ったかんじになりそうですが、イメージ的にはこれにも近そうです。

価格帯は低めになりそう?全室スタンダードタイプで統一

 客室構成ですが、ホテル自体は地上11階、地下1階で、客室数が約600室となっています。
 注目なのが、全客室をスタンダードタイプで統一していることですね。また、“付帯施設をレストランなど宿泊に特化することにより、より手軽なリゾートステイを実現”と紹介されているので、これは低価格帯のホテルになるかもしれませんね。

 現在、東京ディズニーセレブレーションホテルが唯一バリュータイプのディズニーホテルになっています。
 こちらは他のディズニーホテルと比べて、立地の点でも新浦安=TDR外で、客室もランクが落ちますが、その分価格はだいぶ低い設定になっています。

 第二のバリュータイプホテルになるか、どのような価格設定になるのか、今後の情報に期待したいところです。

建設場所はベイサイド・ステーション駅正面

 建設場所は記事公開当初、場所がわからないと記載していましたが、その後ニュース動画等で場所が紹介されていました。
 建設場所としては、オフィシャルホテル群のあるベイサイド・ステーション駅の正面、ヒルトンとホテルオークラの間、旧NKホールの周辺になります。
新ホテルは「トイ・ストーリー」東京ディズニーリゾート – FNNプライムオンライン

 また、2022年度に開業予定の東京ディズニーシー新テーマポートにもミラコスタのようなパークに直結したディズニーホテルができますが、今回発表された『トイ・ストーリー』のディズニーホテルはまた別物です。

 2020年春のディズニーランド新エリア、2022年度のディズニーシー新テーマポート、さらにTDLのエントランスリニューアルや立体駐車場の新設など、現在TDR内はあちこちで工事が行われている状況ですが、この5年間で一気にTDRが様変わりしそうで楽しみです。

POSTED COMMENT

  1. P より:

    やはり大規模拡張のホテルとは別物なんですかね?2年連続でホテル開業なんてやばすぎでしょう。

    • こちらはディズニーシーの新テーマポートのものとは別物ですね。
      私もさらにディズニーホテルを建設するというのは驚きました。
      セレブレーションホテルが出来ても、ディズニーホテルは全て稼働率が高く、需要が見込めるということなんでしょうね。

  2. かなママ より:

    今、ニュースで場所が紹介されていました
    ヒルトンとオークラの間のようです

    • 情報ありがとうございました!
      私もこの日の夜に情報をチェックして、場所を把握しました。
      やはり旧NKホールの周辺だったようですね。
      考えられるとしたらあそこくらいしかなかったので、納得です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。