TDR35周年イベント開幕セレモニーの実施と、TDL・TDS拡張を検討!第3パークは否定

公開日: 最終更新日:

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”

2018年4月15日に東京ディズニーランドが開園35周年を迎え、『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』の開会セレモニーが実施されました。同時にオリエンタルランドからの今後のパークに関するコメントも。


『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』本日開幕!

 1983年4月15日に開園した東京ディズニーランドは、本日35周年を迎えました。
 『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』も本日から正式にスタート!2019年3月25日まで、1年間にわたって35周年イベントが開催されます。

 イベント内容は既に4月10日から実施されていて、詳しいレポートをアップしているので、こちらからご覧ください!

35周年イベントの開会セレモニーを実施!

 本日から35周年イベントがスタートするにあたって、開会セレモニーが実施されました。
 数日前にワールドバザールでリハーサルが実施されていたとの情報があったので、悪天候とかは関係なく予定通り実施されたようですね。

 開園後の8:45から行われたようですが、場所が場所だけに人が詰まってしまって、大変な混乱になったようです。
 私も数日前から舞浜駅にいた徹夜組(ホテル宿泊者の15分前入園待ち)を目撃しましたが、ファンの間からは“おめでとう”という声よりもせっかくのセレモニーを見られないことの不満や安全面に対する声があがる、ちょっと残念な開幕となってしまいました。

 セレモニー自体はプレス向けでもともと公表されていないとはいえ、やはりファンは集まるものなので、もう少し対策をしてくれれば、という思いはありますよね。

今後の開発計画についてオリエンタルランドからの正式なコメントが発表に

 ファンの間ではミッキーたちが登場するセレモニーに期待が集まっていましたが、今後のパークに関してオリエンタルランドからコメントが出ていて、こちらもなかなか興味深いものになっています。

 東京ディズニーリゾートは、本日開園35周年を迎えました。
 1983年4月15日の東京ディズニーランド®開園から時を経て、日本で唯一のディズニーのテーマリゾートとして、世代を問わず、お楽しみいただける場所となりました。東京ディズニーランドと東京ディズニーシー®の 2 つのパークでお迎えしたゲストは、これまで累計7億人を超えています。本日、この記念すべき日を迎えられましたのも、ひとえに皆さまからの変わらぬご支援、ご高配の賜物であり、心から感謝申し上げます。

 

 東京ディズニーリゾートでは、開園 35 周年をお祝いして、本日 4 月 15 日から 2019 年 3月 25 日までの 345 日間にわたり、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート 35周年“Happiest Celebration!”」を盛大に開催してまいります。

 

 35周年のテーマである“Happiest Celebration!”は、史上最大のハピネスあふれる祭典を指します。ウォルト・ディズニーの「テーマパークは永遠に完成しない」という精神を受け継ぎ、常に皆さまの期待を超える体験の提供を目指す中でも、“Happiest”という最上級の表現を用いたのは、この1年間をこれまでの中で最も驚きと感動に満ちあふれた特別な年にするという私たちの強い決意を表したものです。
 この先も、かつて海だったここ舞浜の未来を考えるとき、限られた空間を余すことなく活用して、皆さまに世界で唯一、東京ディズニーリゾートでしか味わえない体験を提供することが、私たちの一つの大きな目標です。そして今、これまでの35年間とは別次元だと評価されるような、新しい体験価値の創造への準備が進んでいます。

 

 来年2019年には東京ディズニーシー「ソアリン(仮称)」、翌2020年には東京ディズニーランドの「美女と野獣エリア(仮称)」を中心とした複数施設が開業を迎えます。そして、その先も両パークの様々な開発計画を模索しておりますが、現在は、パークの拡張について検討をしております。

 

 東京ディズニーリゾート35周年とそれに続く新たな挑戦に、どうかご期待ください。

 まず、既に発表されていて、パークでは建設も進んでいるディズニーシーに2019年オープン予定の新アトラクション《ソアリン(仮称)》

 続いて、2020年春にオープン予定の『美女と野獣エリア』など、大規模開発。

 これらが既に発表されている開発計画ですが、リリースには「そして、その先も両パークの様々な開発計画を模索しておりますが、現在は、パークの拡張について検討をしております」と記載されています。

 また、日経では取材に応じた宮内良一執行役員の言葉として、ディズニーランドかディズニーシーのいずれかを拡張する方針、内容が固まり次第発表、「第3のパーク」や「テーマは空」などの臆測について「そういった計画はない」と明言したと報じています。

オリエンタルランド、TDR拡張を正式表明:日本経済新聞
【ディズニー報知】TDR35周年開幕セレモニーで“第3のパーク”拡張を否定 : スポーツ報知

 この未発表の開発計画については、昨年11月に3000億円規模の投資と報道され、大きな話題になりました。

 この時点では拡張なのか第3パークなのかはっきりしていませんでしたが、今年の2月に毎日新聞が「第3のパーク」や「テーマは空」という報道を不思議なタイミングで行い、今回のコメントはそれに対する正式な否定となりました。
 拡張か、第3パークか、という選択肢に対して、はっきりと拡張を表明したということになります。

 この第3パークに関しては、ファンの間でもあまり現実的ではないと言われていたので、両パークの拡張と聞いて納得ですね。

 どのような開発計画になっているのか、今後の発表が楽しみです。
 有力なタイミングとしては、4月26日にオリエンタルランドの2018年3月期決算の発表と説明会があるので、まずはそこが期待できる日と言えます。


ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2019