それほど混まない?ファストパスも余裕?TDS《ニモ&フレンズ・シーライダー》混雑分析&攻略

公開日:

ニモ&フレンズ・シーライダー

東京ディズニーシーに2017年5月12日オープンした新アトラクション《ニモ&フレンズ・シーライダー》の初日の混雑状況を参考に攻略。列の出来方、乗るタイミング、待ち時間傾向など。


東京ディズニーシー 新アトラクション
《ニモ&フレンズ・シーライダー》

 5月12日にオープンとなったディズニーシーの新アトラクション《ニモ&フレンズ・シーライダー》。
 ファストパスにも対応している久しぶりの大型アトラクションで、子供向けが少ないディズニーシーでは人気が出そうです。

 皆さんが一番気になるのは、やはり待ち時間・混雑だと思います。
 この記事では『攻略』に重点を置いて、初日の様子から様々なアドバイスをしていきます。具体的には

・初日の待ち時間とファストパス
・開園直後の列の延び方
・初日に開園待ちしてみた
・狙い目の時間帯
・過去データに基づく今後の混雑予想
・トイマニへの影響

 となっています。
 アトラクションのストーリーや内容、初日のサプライズの様子など、『内容』に関することは別の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください♪

最大2時間待ち程度!初日はかなり落ち着いた混雑に

 まずはとりあえず初日の待ち時間がどのくらいだったかを見ていきましょう!
 新アトラクションはほとんどの場合、初日が一番混雑します。平日でも初日がやっぱり目当ての人が多いということです。

 5月は1年を通じてもかなり空いている時期で、この日のディズニーシーは私の混雑予想でいう『E普通の平日レベル』程度。
 そんな状況ということを念頭に置いて、主要アトラクションの待ち時間がこちら。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》は開園直後に140分待ちでした。
 そのあと150分待ちになった時間帯がありますが、これは2台中1台がシステム調整で休止してしまった影響で、その後は結局案内自体を一時中止しています。

 おそらくシステム調整が無ければ、開園直後の混雑が落ち着いた後はずっと90分前後で推移していたでしょうね。
 パークが空いている+回転率の良いアトラクションとはいえ、オープン日としてはかなり空いている印象です。

 ちなみに同時にリニューアルオープンとなった《タートル・トーク》も30~40分の時間帯が多く、こちらもかなり空いていましたね。

 

 続いて、ファストパスの発券状況を見ていきましょう。こちらも主要アトラクションのみ抜き出してみました。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》はエントランスからやや距離があることや、ファストパス発券機が6台しかない(トイマニなどは8台)ことから、かなりゆっくりしたペースでの発券となっています。

 夕方くらいの時間帯であっても、余裕をもって取れる雰囲気ですね。
 こちらもスタンバイの待ち時間同様に、オープン日としてはかなり空いていたという印象です。

スタンバイ&ファストパス、開園直後の列の出来方をしっかり把握!

 初日の待ち時間を把握した後は、開園直後の列の出来方を見ていきましょう。
 開園直後を狙うなら、この列の出来方を把握しているとスムーズに並べるのでロスがありません。

 なお、初日は各所に社員と思われるスーツ姿のキャストが記録を取っていて、今後は列の出来方も少し変わっていくかもしれません。その場合はこちらの内容を修正します。

 まずはマップ上で位置関係を把握しましょう。
 《ニモ&フレンズ・シーライダー》はポートディスカバリーの、旧《ストームライダー》の場所にあります。隣に《アクアトピア》があるところですね。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 スタンバイ列、ファストパス発券列の出来方は上の地図で示した通り。
 終着点は初日の最高到達点です。一番並んだときでここまで列が延びたっていうことですね。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 スタンバイ列はこんなふうにメディテレーニアンハーバーのポンテ・ヴェッキオ中間地点くらい。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 ファストパス発券列はさらに伸びて、もはや列になっているのかよくわからない雰囲気でリドアイル付近まで延びました。

メディテレーニアンハーバーからポートディスカバリーまではずっと左右に列があって、なかなかにカオスな状態……。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 ファストパスを取るときの注意点は、この《ハイタイド・トリート》前の分岐点ですね!
 ファストパスの発券列はポートディスカバリーの高台のほうに列があるので、ここで右に曲がって高台のほうに進まないといけません。

 開園直後に直行したとき、ここまで列が無かった場合、必ず右に曲がって高台方面に行きましょう。
 そのまま下の道で《ニモ&フレンズ・シーライダー》方面に直行してしまうと、そこから高台へとまた向かわないといけなくなり、その間に列がどんどん延びて並ぶのが遅くなります。

 

 初日はこんなふうに開園30分~45分後くらいが列のピークで、その後はどんどん列が解消されて、開園1時間半後くらいにはちゃんとアトラクション周辺に列がおさまるくらいにはなりました。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 アトラクションの周りではスタンバイ列が上の写真のように作られます。
 《ニモ&フレンズ・シーライダー》と《アクアトピア》の間のスペースに列が出来て、屋根がありますが、その屋根を軽くはみ出るくらいの列になりますね(笑)

初日に開園30分前から行ってみた!

 私は初日に開園30分前から行ってみて、どのくらいになるか実際にチャレンジしてみました!
 さすがに空いている時期の平日だったので、30分前でも開園待ちはまだまだ少ない状態。

 開園してメディテレーニアンハーバーを進んでいてびっくりしたのが、ポンテ・ヴェッキオを通ってポートディスカバリー方面へと進む人の多さですね!

ニモ&フレンズ・シーライダー

 いつもは《トイ・ストーリー・マニア!》に8割流れていくんですが、この日は半々くらいといった印象。すごい人の多さでした。

 そのままポートディスカバリー方面へと進んで最初にぶち当たったのが、スタンバイの列でした。なんと《ハイタイド・トリート》前!まだポートディスカバリーに着いてません(笑)

ニモ&フレンズ・シーライダー

 この時点での案内は40分待ちでしたね。
 この時期の平日の開園30分前着でこのくらいということは、かなり余裕があります。

 私はファストパス目当てだったので、スタンバイ列に沿って進みました。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 ファストパス発券所に行ってみると、ロストリバーデルタ方面に少し延びてから折り返し、《ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ》の駅がある高台方面に延びているのが見えたので、ここで引き返して階段で高台へ。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 ちょうど階段の目の前がファストパス発券列の最後尾だったのでスムーズに並べましたが、列の先頭から沿って戻ってくる人も多くて、かなりロスになっている人もいました。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 そんなかんじでゲットできたのが、10:15~のファストパスでした!
 8:30開園で、8:00着、ファストパスの発券に10分くらいかかって午前中の時間帯。初日にしてはかなり余裕がありましたね。

狙い目の時間は午後!開園直後は避けたほうが良さそう?

 それでは、重要な狙い目の時間帯ですが、私はこんなふうに考えました。

【基本戦略】
〇開園直後は避ける!
〇2回目のファストパス発券or午後のスタンバイを狙う

【子連れ対策】
〇夕方~夜になると困る人は、開園直後にファストパスを取る!

 新アトラクションが出来てしばらくの間は、開園直後に一気に人が殺到する傾向になります。
 その結果、開園直後に待ち時間が一気に延びてその日のピークに、その後は落ち着いていき午後はそんなに待ち時間が延びない、という形になることが多いです。

 ここまでの初日の様子を見ればわかるように、《ニモ&フレンズ・シーライダー》は明らかにこのタイプですよね。
 開園直後の激混みがウソのように、午後になったら普通に空いているってやつです。

 《トイ・ストーリー・マニア!》のように、開園直後に一気にファストパスが無くなる場合は、もう開園直後に行くしかないですが、《ニモ&フレンズ・シーライダー》はそこまでの混雑にはならなそうです。

 それなら、あえて開園直後は避けるという手が最良です!
 最初に違うアトラクションのファストパスを取ってしまい、次に取れる時間になったらこの《ニモ&フレンズ・シーライダー》のファストパスを狙ったほうが、発券するのに列も無く、無駄な時間を使わずに済みます。

 あるいは、待ち時間が落ち着いた午後にスタンバイで乗るという選択でもいいかもしれません。
 さすがに今後も90分前後は待つことになりそうですが…。

 ただし、上記の方法だとファストパスが夕方くらいの時間になる可能性があります。
 子供に人気の出そうなアトラクションなので、子供連れの場合を考えたとき、やはり体力的に余裕があるうちに乗っておきたいと思うかもしれません。

 その場合は、正攻法で開園直後にファストパスを狙って、確実に午前あるいはお昼頃に乗るという選択をするのがベストだと思います。

今後は2時間前後の待ち時間で推移しそう?

 次に気になるのは《ニモ&フレンズ・シーライダー》の今後の混雑具合ですが、新アトラクションを予想するのは正直なかなか難しいところがあります。
 しかし、初日の待ち時間を見て、過去のデータから近いものを挙げてみると少し参考になるかもしれません。

 下の表はディズニーランドの《スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー》の待ち時間です。
 このアトラクションは2013年5月7日にリニューアルオープンしました。

 ちょうど4年前の同時期、5月7日。同じ映像を見ながら動くタイプのアトラクションで、回転率も良い。というアトラクションです。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 ご覧のように初日の待ち時間が《ニモ&フレンズ・シーライダー》とほとんど同じ傾向になっています。
 こうなると、これと同じように今後も推移していく可能性が高そうですね。

 平日なら60~90分、土日は120分前後が目安になりそうです。

 ファストパスのほうは《スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー》のほうが進みが早いですね。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 最近は平日ほとんどファストパスを発券していないアトラクションですが、リニューアルオープン当初はなかなかすごかったんだなと改めて思います(笑)

 こんなかんじのデータをまずは参考にしてもらうのが良さそうです。
 また来週に1週間分の《ニモ&フレンズ・シーライダー》混雑分析の記事を出すので、そのときにどのような傾向になっているか確認しましょう。

超人気《トイ・ストーリー・マニア!》の混雑はどうなる!?

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》のオープンによって、ディズニーシーは人の流れが大きく変わりそうです。

 これまでは《トイ・ストーリー・マニア!》が圧倒的な人気だったので、開園直後はまずトイマニ!という人が多かったと思います。
 それが《ニモ&フレンズ・シーライダー》によって分散して、ロストリバーデルタのアトラクションもやや混雑するようになりそうです。

 そうなると、これまで超人気でなかなか乗ることができなかった《トイ・ストーリー・マニア!》に乗りやすくなるかと思うかもしれませんが、これまでよりは混雑が緩和されることは間違いないでしょう。

ニモ&フレンズ・シーライダー

 しかし、やはりトイマニ人気は健在で、新アトラクションのオープン初日でさえ、一番最初にファストパスが無くなったのはトイマニでした(笑)
 これまでよりは発券ペースが遅くなりそうですが、やはりトイマニに乗るなら開園直後に直行という鉄板の流れは変わらなそうだなという印象です。

 

 以上が《ニモ&フレンズ・シーライダー》の攻略記事でした!

 まだオープン初日を迎えたばかりなので、もちろんこの予想がはずれる可能性はあります。
 継続的に混雑状況をチェックして、また分析記事をあげていくので、今後の情報も参考にしてください♪