東京ディズニーランド

TDL《スプラッシュ・マウンテン》は2019年2月4日~3月5日が休止期間!キャンパスデーでアトラク目当てなら要注意

 明日からディズニーランドの《スプラッシュ・マウンテン》が休止期間に入ります。毎年この時期に休止していますが、絶叫系がとても混雑する時期に、その一角が休止することから、他のアトラクションの混雑・待ち時間にも影響します。その影響をより詳しく解説していきます。

東京ディズニーランド《スプラッシュ・マウンテン》

スプラッシュ・マウンテン

 もはや説明不要と言えるほど有名な《スプラッシュ・マウンテン》。ディズニーランドでは人気の高い絶叫系アトラクションです。

 水が大量にかかるアトラクションなので、気温が上がってくる5月頃から9月頃までは、特に待ち時間が長くなるという特徴があります。しかし、現在は夏でも冬でも、ディズニーランドのアトラクションの中では待ち時間がもっとも長いアトラクションになっています。

 ファストパスはこどもやファミリーに人気が高い《プーさんのハニーハント》や《モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”》が先に発券終了になることも多いのですが、待ち時間やファストパスの人気具合から、総合的に見て《スプラッシュ・マウンテン》はディズニーランドで一番人気のアトラクションと言えるでしょう。

《スプラッシュ・マウンテン》は2019年2月4日から、3月5日まで休止

 その《スプラッシュ・マウンテン》は2019年2月4日から3月5日まで、約1ヵ月間休止となります。パークのアトラクションはメンテナンス等で、一定の期間休止することがあり、《スプラッシュ・マウンテン》は毎年だいたいこの時期に休止しています。

ビッグサンダーとスペースが混雑します

 アトラクションが休止すると、その分の人が流れて他のアトラクションが混雑することがあります。

 《スプラッシュ・マウンテン》は絶叫系のアトラクションで、このアトラクションが休止することによって、他の絶叫系アトラクションに人が流れます。ディズニーランドでは“3大マウンテン”と言われる《ビッグサンダー・マウンテン》と《スペース・マウンテン》が混雑するようになるというわけです。

 この休止期間中は、ビッグサンダーとスペースの待ち時間が長くなり、ファストパスも普段より早く発券終了になりやすいということを覚えておきましょう。

特にキャンパスデーで学生が多い平日は注意

 特に注意しなければならないのは、平日です。

 2月から3月にかけては、学生向け割引パスのキャンパスデーパスポートが販売されていることに加えて、中学・高校入試が集中する時期でもあり、大学生は春休みに入っています。そのため、学生がとても多くなり、若い人に人気の絶叫系が異様に混雑するという特徴があります。

タワー・オブ・テラー“アンリミテッド”
私立中入試が集中する2月1日以降はアトラクが激混み!2019年2月上旬のTDL/TDS|ディズニー混雑予想2019年2月上旬の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの混雑予想です。私立中入試が集中し、アトラクションが激混みに。過去の待ち時間とともに解説します。...

 2月や3月の平日は、アトラクションが入園制限レベルの混雑日と同じくらいの待ち時間になることがよくあります。そんな中で、その絶叫系の一角でもあり人気がとても高い《スプラッシュ・マウンテン》が休止になるため、平日は特に上記の影響が大きくなると考えておきましょう。

 もちろん2月の中旬以降は土日も混雑してくるので、アトラクション目当ての方は十分注意するように。

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”グランドフィナーレ デコレーション
過去に入園制限も!もう閑散期とは言えない2019年2月9~11日、3連休のTDL/TDS|ディズニー混雑予想2019年2月9~11日の3連休の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの混雑予想です。過去にも入園制限がかかったことがあるため、要注意日です。...

 以上、《スプラッシュ・マウンテン》休止期間の影響でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。