東京ディズニーシー

TDS新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》2019年7月23日オープン!ドリームフライヤーで空の旅へ!

 2019年夏オープンとされていた東京ディズニーシー2年ぶりの新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》のオープン日が、2019年7月23日に決定しました!東京ディズニーシーオリジナルのバックグラウンドストーリーなども公開され、いよいよアトラクションの具体的な内容が明らかになってきました!下記リリースから、詳しく解説していきます。

オリエンタルランドogp東京ディズニーシー®の新規大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」2019年7月23日(火)グランドオープン決定

東京ディズニーシー 新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》2019年7月23日オープン!

ソアリン:ファンタスティック・フライト

 2016年4月に導入が発表されたディズニーシーの新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》。海外のディズニーパークで人気が高いアトラクションで、世界中の名所や大自然を巡る空の旅を楽しめるフライトシミュレーター型アトラクションです。実際に海外パークで体験した感想も後述しますが、恐いアトラクションではないですよ!気持ち良い、心地よい、雄大な空の旅が楽しめます。

 《ソアリン:ファンタスティック・フライト》は、海外のディズニーパークにはない新シーンが加わり、東京ディズニーシーオリジナルのアトラクションになります。

 アトラクションの場所は、メディテレーニアンハーバー。プロメテウス火山を正面に見て右手にある、階段を上った丘の上になります。《ディズニーシー・トランジットスチーマーライン》乗り場やレストラン《ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ》の横にあるゆるやかな階段を上った正面ですね。

ソアリン:ファンタスティック・フライト

《ソアリン:ファンタスティック・フライト》のバックグランドストーリーも公開

 《ソアリン:ファンタスティック・フライト》がディズニーシーに導入されるにあたって、パークやエリアの雰囲気に合わせて、どのような世界観やバックグランドストーリーのアトラクションになるのかが注目されていましたが、今回それが明らかになりました。

 メディテレーニアンハーバーの丘に、空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館、ファンタスティック・フライト・ミュージアムがあります。今日この博物館では、飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生を振り返る特別展が開催されています。

 博物館を訪れたゲストは、さまざまな展示物を見ながら館内を巡り、カメリアの功績を称える特別展のギャラリーに入ります。そこでゲストは、カメリアのスピリットとの不思議な出会いを体験し、最後にはカメリアが仲間とともに開発した空飛ぶ乗り物、ドリームフライヤーに乗り込みます。「イマジネーションや夢を見る力があれば、時空を超え、どこにでも行くことができる」と信じていたカメリア。その思いが込められたドリームフライヤーとゲスト自身のイマジネーションや夢を見る力が、ゲストを壮大で爽快な空の旅へと誘います。

博物館、ファンタスティック・フライト・ミュージアム

 まずはメディテレーニアンハーバーの丘の上にできる施設が、博物館、ファンタスティック・フライト・ミュージアムと名付けられました。空を飛ぶ人類の夢を称える博物館ですね。公開されたイメージ画像を見ても、イタリア語っぽいものがあったりして、ちゃんとメディテレーニアンハーバーの世界観にマッチしていますね。

ソアリン:ファンタスティック・フライト

 次のイメージ画像は、おそらくキューライン(並ぶ列)だと思いますが、これはまた《タワー・オブ・テラー》のような見所の多い場所になりそうですね(笑)しばらくは混雑しそうですが、一度はファストパスではなくスタンバイに並んで、じっくり眺めてみないといけないやつでは?←

ソアリン:ファンタスティック・フライト

カメリア・ファルコとの出会い

 《ソアリン:ファンタスティック・フライト》では、カメリア・ファルコという女性の人生を振り返る特別展のギャラリーに入ると、カメリアのスピリットとの不思議な出会いを体験するようです。カメリアは、このアトラクションの鍵となる人物ですね。アトラクションのポスターにも女性が描かれていますが、これがカメリア・ファルコでしょうか?

ソアリン:ファンタスティック・フライト

©Disney 東京ディズニーシー®の新規大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」2019年7月23日(火)グランドオープン決定

イマジネーションや夢見る力で飛ぶドリームフライヤー

 ライドの名称は“ドリームフライヤー”となりました。イマジネーションや夢を見る力で空を飛ぶ乗り物で、カメリアが仲間と開発した乗り物になっています。

海外ディズニーで実際に体験したソアリン!酔わないです!

 私は2018年5月に、アメリカ・フロリダにある世界最大のディズニーリゾート、ウォルト・ディズニー・ワールドに行きました。そこには4つのパークがありますが、そのうちの1つエプコットに《ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド》があります。

ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド

 もうアトラクション名やロゴからして、ディズニーシーのものとは違いますよね。こっちはすごくポップな印象を受けます(笑)

 ディズニーシーの《ソアリン:ファンタスティック・フライト》とは違って、バックグラウンドストーリーはあまり無い印象を受けました。ライドに乗る前のプレショーなども無いですし、旅行社の空飛ぶ旅に参加するという雰囲気ですね。

 ライドは椅子に座る形で、荷物を座席下に入れる形です。そこからけっこうな高さまで浮いて、ドーム型の画面を見ながら飛行体験をするわけです。常に前の画面を見るイメージなので、ディズニーシーのこのイメージ画像みたいに下をのぞき込むようなことは無かったです。

ソアリン:ファンタスティック・フライト

©Disney 東京ディズニーシー®の新規大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」2019年7月23日(火)グランドオープン決定

 感覚的にはパラグライダーですね!(乗ったことないけど!笑)前から風を受けるのが気持ちいいし、心地よい、本当に快適な空の旅というイメージです。万里の長城やエッフェル塔、ピラミッドといった世界各地の名所を巡るというアトラクションでした。

 私はジェットコースターやフリーフォール型のアトラクションは大丈夫ですが、画面を見ながら動く系のアトラクションだと酔ってしまいます。ディズニーランドの《スター・ツアーズ…》とか、ディズニーシーの《ニモ&フレンズ・シーライダー》なんかはちょっと気持ち悪くなりますし、USJのハリポタは吐きそうになりました。そんな私もソアリンは全然大丈夫で、すごく気持ちよかったです!

 このアトラクションは人気なんですが、よく言われるディズニーらしさをあまり感じないのと新鮮味がないというのは、私もすごく感じました。けっこう期待していたんですが、“う~ん、これがシーにできるのか~、他のアトラクションのほうが良かったな~”というのが正直なところですね。

 というのも、ウォルト・ディズニー・ワールドには、アニマル・キングダムというパークにアバターのアトラクションがあって、こちらはけっこう激しめのアトラクションなんですが、すごい最先端感があって楽しかったです。完全にソアリンの最新型という印象を受けてしまって、ソアリンのディズニーシーへの導入はちょっと今更感がありました。

 ただ、ディズニーシーのほうは新シーンが追加されるとのことで、おそらく日本とかディズニーシーの映像が入るんじゃないかと思いますが、実際に乗ってみて、どんな印象を受けるのか楽しみです。

ファストパス、利用制限など《ソアリン:ファンタスティック・フライト》の概要

 《ソアリン:ファンタスティック・フライト》のアトラクション概要は以下のようになっています。参考として、最新アトラクションの《ニモ&フレンズ・シーライダー》と比較してみましょう。

ソアリンシーライダー
体験時間約5分(メインショー)約5分(メインショー)
乗車定員1シアターあたり87名1キャビンあたり122名
ライド数2シアター2キャビン
総投資額約180億円約50億円

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》はもともと《ストームライダー》を改装して作ったものなので、総投資額は違って当然ですね。

 メインショーの記載があるので、《ソアリン:ファンタスティック・フライト》でもプレショーがあるということになります。おそらくバックグランドストーリーに書かれていたカメリア・ファルコのスピリットと出会うシーンになりそうですね。

 気になるのは乗車定員で、《ニモ&フレンズ・シーライダー》の2/3程度になっています。《ソアリン:ファンタスティック・フライト》は、ライドの乗り降りに時間がかかると思うので、これは回転率がそんなに良くはなさそうですね。

ファストパスを導入!ディズニーシーのファストパス傾向が大きく変わりそう

 人気アトラクションになりそうなので、当然ディズニー・ファストパスも導入されています。発券場所については特に案内されていないので、アトラクション周辺ということになりそうですね。既に公式サイトでアトラクションのページが公開されているので、今後こちらに情報が追加されると思います。

東京ディズニーリゾートogpソアリン:ファンタスティック・フライト|東京ディズニーシー

 《ソアリン:ファンタスティック・フライト》ができることによって、ディズニーシー全体のファストパスの流れが大きく変わりそうです。現在も《トイ・ストーリー・マニア!》が圧倒的1番人気で、次に朝は《タワー・オブ・テラー“》が近いこともあってファストパス進みが早いですが、最終的には《センター・オブ・ジ・アース》が追い越して2番人気というのが、ディズニーシーのファストパスの傾向です。

 最新アトラクションの《ニモ&フレンズ・シーライダー》は、トイマニやタワテラとは同じ方向でしたが、今回の《ソアリン:ファンタスティック・フライト》反対方向になるので、朝の人の流れが大きく変わりますし、それに伴ってファストパスも《センター・オブ・ジ・アース》に流れる人が多くなったりもしそうです。

 このあたりはオープン後にブログでも随時分析を続けていくので、情報をお待ちください。

身長102cm未満は利用不可の制限あり

 《ソアリン:ファンタスティック・フライト》には、利用制限が設けられました。身長102cm未満だと利用できません。ディズニーシーでは《タワー・オブ・テラー》と同じ身長制限ですね!

ハッピー15エントリーの対象がトイマニとソアリンに!

 ディズニーホテルの宿泊者特典として、通常開園15分前からパークにできる『ハッピー15エントリー』というものがあります。『ハッピー15エントリー』では入れるエリアやアトラクションなどが決まっていますが、《ソアリン:ファンタスティック・フライト》は対象アトラクションになります。

 現在は《トイ・ストーリー・マニア!》と《タワー・オブ・テラー》が対象アトラクションになっていますが、2019年7月23日からは《トイ・ストーリー・マニア!》と《ソアリン:ファンタスティック・フライト》になります。

東京ディズニーリゾートogp東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーに開園15分前から入園できる「ハッピー15エントリー」!|ディズニーホテル

7月中はテスト運営に遭遇できたらラッキー!

 ということで、《ソアリン:ファンタスティック・フライト》のオープン日は2019年7月23日です!下の写真は1月9日の様子ですが、だいぶ外観が出来つつあるのがわかると思います。楽しみですね!

ソアリン:ファンタスティック・フライト

 東京ディズニーランドや東京ディズニーシーでは、新施設のオープン日より前にテスト運営という形で、一般ゲストが体験できるときがあります。最近は、体験内容についてオープン日まではSNSなどネット上に投稿しないようにというお願いがされますが、テスト運営自体は普通にやっています。

 もちろん予告などはされず、当日にその場所に行ってみないとわからないですし、1日やっているわけではなく数時間だけで終わったり、ファストパスを発券したりと、様々な形になっています。

 最近の例だと、2017年5月12日にオープンしたディズニーシーの《ニモ&フレンズ・シーライダー》は、4月27日~5月7日にテスト運営を実施しました。また、2018年4月15日にリニューアルしたディズニーランドの《イッツ・ア・スモールワールド》は、4月8~10日と12~14日にテスト運営を実施しました。

 大型アトラクションだと1ヵ月以上前からやることもあるので、7月中にディズニーシーに行く方は、《ソアリン:ファンタスティック・フライト》をチェックしてみてください!

 以上が、ディズニーシーの新アトラクション《ソアリン:ファンタスティック・フライト》の情報でした。新ショー《ソング・オブ・ミラージュ》も同日にスタートするので、こちらの情報もチェックしてくださいね!

ソング・オブ・ミラージュ
TDS新ショー《ソング・オブ・ミラージュ》2019年7月23日スタート!ミッキーたちの冒険にプロジェクションマッピングの演出も東京ディズニーシーの新ショー《ソング・オブ・ミラージュ》が、2019年7月23日にスタートすることが発表されました。ショー内容や出演キャラクターなど、詳しい情報をお伝えします。...

POSTED COMMENT

  1. あいうえお より:

    細かいことを言ってしまうと、ソアリンは上からバーを降ろすではなく、シートベルトを着用するです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。