新ショー盛り沢山で両パーク超豪華!TDR35周年のイベントスケジュール発表!

公開日: 最終更新日:

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで2018年4月15日~2019年3月25日の期間に開催される『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』の詳細&イベントスケジュールが発表されました。情報をまとめています。


『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』
イベント詳細&年間プログラム発表!

 両パークの2018年度(2018年4月~2019年3月)イベントスケジュールが発表されました!
 2018年は35周年イベントが開催されます。35周年イベントの内容詳細、各季節のイベントスケジュールを下記リリースから解説していきます。

2018年4月15日~2019年3月25日
『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”

東京ディズニーリゾート® 35 周年“Happiest Celebration!” 2018年度年間のプログラムについて

 いよいよ発表された35周年&2018年度スケジュール!

 “Happiest Celebration!”がテーマの35周年イベント。
 私はこの1年間はかなり豪華だな!と感じました。これから1つずつ解説していきますが、まずはざっと全体を表でご覧ください。きっとワクワクします!

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”

 どうでしたか?かなり近年のパークの各季節のイベントを体験してきた人にとっては、これは豪華だ!と感じる内容ではないでしょうか?
 それでは、季節毎にまとめてスケジュールを見ていきましょう!

35周年の幕開け&春のイベント

TDL新デイパレード《ドリーミング・アップ!》4月15日~

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!” ドリーミング・アップ!

©Disney
東京ディズニーリゾート® 35 周年“Happiest Celebration!” 2018年度年間のプログラムについて

 35周年イベントと同時にスタートするのが新しいお昼のパレード《ドリーミング・アップ!》です。

 「東京ディズニーリゾート 35 周年“Happiest Celebration! ”」のオープニングを飾る、昼のパレードです。
 『ファンタジア』や『美女と野獣』、『ピーター・パン』や初登場の『ベイマックス』など、ディズニー映画の夢にあふれたイマジネーションの世界が、驚きに満ちた色鮮やかなフロートになって登場。
 ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちは案内人として夢の世界へゲストをいざないます。

 昨日、パレード名がフライングで公式サイトに掲載されましたが、イメージ画像が公開されてパレードの雰囲気が明らかになりました。

 今回はミッキーとプルートが同じフロートで、船?飛空艇?飛行船?のようなかっこいいフロートになっています!
 人気のある『ベイマックス』が登場するのと、『ファンタジア』があるのも個人的には楽しみな要素だなと思いました。

 新パレードに切り替わるため、現行のデイパレード《ハピネス・イズ・ヒア》は4月9日終了です。過去の例から4月10~14日はプレビュー(スニーク)が期待できそうです。

TDL《イッツ・ア・スモールワールド》4月15日リニューアルオープン、ファストパス導入!

イッツ・ア・スモールワールド

©Disney
東京ディズニーリゾート® 35 周年“Happiest Celebration!” 2018年度年間のプログラムについて

 4月15日にはもうひとつ、ディズニーランドと言えば誰もが思い浮かべるであろうアトラクション《イッツ・ア・スモールワールド》がリニューアルオープンします!

 ボートに乗り、世界各国の子どもたちや動物たちに迎えられながら“世界で一番幸せな船旅”を体験することができるアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」に、ディズニー映画に登場する様々なキャラクターが加わるほか、映画の名シーンを彷彿させる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれます。

 

『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフのほか、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』、『ムーラン』、『アラジン』、『ライオン・キング』などといった、世代を超えて愛され続けている様々なキャラクターが約40体加わることで、それぞれのシーンをより華やかに彩り、さらに幸せな船旅をお楽しみいただけます。

 リニューアルにともない、2017年の3月から休止しているこのアトラクションですが、上記の内容は以前発表されたものと変わりありません。
 ディズニーキャラの人形が加わることと、映画の音楽が織り込まれるというのが主な変更点ですね。

 今回、新たに“ファストパスが導入される”ということが明らかになりました。

 かなり昔にファストパスが導入されていましたが、それ以来の導入になります。かなり回転効率の良いアトラクションで、最近は待ち時間も30分を超えることはあまりなかったので、ファストパスの導入は驚きました。
 小さな子供にも人気のアトラクションなので、並ばなくても済むようにという配慮かもしれません。

 《スティッチ・エンカウンター》がオープンしたときは“期間限定でファストパスを導入”と記載されていましたが、今回はそのような記載がないので、期間限定ではなくずっとファストパス対象アトラクションになるようです。

35周年TDS水上グリーティング
2018年4月15日~2019年3月25日

 TDRの周年イベントは基本的にディズニーランドがメインになっていますが、ディズニーシーでも一応周年ショーが公演されます。

 メディテレーニアンハーバーでは、35周年の特別なコスチュームを着たミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちとダッフィー&フレンズが船に乗って登場し、35周年のテーマソングにあわせてゲストにご挨拶をします。

 TDR30周年のときにも同様のショーがあって、バージ(船)が1隻出てきて、ハーバーをぐるっと回って終わる、10分くらいの簡素なショーです。
 今回もそれと同様になるのではないかと思われます。

TDS『ディズニー・イースター』
3月27日~6月6日

ファッショナブル・イースター2017

 春の季節イベントとして、2018年は3月27日からディズニーシーでイースターイベントを開催します。

 春の定番イベントとしてお馴染みとなったイースターのイベントを、2018年は東京ディズニーシーにて開催。カラフルなイースターエッグや美しい花々であふれるパークでは、東京ディズニーシーならではの華やかでファッショナブルなイースターをお届けします。
 メディテレーニアンハーバーでは、華やかなコスチュームで着飾ったディズニーの仲間たちとおしゃれなファッションに身を包んだアーティストたちによる春の祭典を公演します。

 この記載からわかるように、2018年も《ファッショナブル・イースター》の再演が濃厚となっています。
 2015年に初めて公演され、15周年イベントを挟んで2年ぶりに復活した今年に続いて、再びファッショナブルなショーが見られますね!

TDLはイースターイベント開催無し

うさたま大脱走!2017

 ディズニーランドではイースターイベントの開催はありません。

 周年イベントは4月にスタートするため、近年はイースターイベントを開催せず、周年イベントだけになるパターンになっています。
 TDR30周年(2013年)ではTDLでイースターイベント開催無し、TDS15周年(2016年)ではTDSでイースターイベントが開催無し、だったのでこれは近年の流れを汲んだ形になっています。

 2017年のTDLイースターは新イースターパレード《うさたま大脱走!》が公演され、人気のパレードになりましたが、2019年の復活に期待したいところですね。
 TDSでは2015年にハーバーショー《ファッショナブル・イースター》が公演され、周年イベントを挟んで2017年に復活しているので、《うさたま大脱走!》の復活も大いにあり得ます。

6月7日~7月7日のイベント
TDL/TDS『ディズニー七夕デイズ』

東京ディズニーランド 七夕グリーティング2017

 イースターイベントと夏イベントの間には、両パークで七夕イベント『ディズニー七夕デイズ』が開催されます。

 日本のディズニーテーマパークならではの“七夕のプログラム“を開催します。
 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、彦星と織姫をイメージしたコスチュームに身を包んだミッキーマウスとミニーマウスが登場する七夕のグリーティングを実施します。
 また、七夕ならではの笹や願い事を書いたオリジナルの短冊を飾り付けるデコレーションが登場し、日本の伝統的なイベントである七夕の雰囲気をお楽しみいただけます。

 毎年恒例の七夕イベント。最初はディズニーランドで1週間だけの開催でしたが、年々開催期間が延び、さらに両パークで開催されるイベントになりました。
 2018年は6月7日~7月7日となっていて、過去最長の1ヶ月間の開催となります!

7月10日~9月2日のイベント&新ショー

TDL《ディズニー夏祭り》

ディズニー夏祭り2017 燦水!サマービート

 2018年のディズニーランドの夏イベントは、夏祭りをテーマにしたイベントが継続することになりました。

 日本のお祭りをディズニー流にアレンジしたスペシャルイベント「ディズニー夏祭り」を開催します。ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、和楽器でアレンジされたディズニーソングに乗せて大量の水しぶきを上げながら、35周年のお祭りムードを盛り上げます。

 イベント概要を見る限りでは、《燦水!サマービート》を継続して公演しそうな雰囲気です。
 これだけ見ると夏イベントはちょっと物足りないなと思うかもしれませんが、夏は新ショーが盛り沢山です!

ナイトタイムスペクタキュラー《Celebrate! Tokyo Disneyland》7月10日~

 まずは夜の新しいショーがスタートします。
 ディズニーランドではシンデレラ城のプロジェクションマッピング《ワンス・アポン・ア・タイム》が2017年11月6日に終了し、その後は期間限定のキャッスルプロジェクションが続きます。

 そして、2018年7月10日から新しいショーがスタートしますが、これまでのプロジェクションマッピングだけのショーではなく、様々な効果が加えられているので“ナイトタイムスペクタキュラー”になっています。

 壮大なスケールでお送りするナイトタイムスペクタキュラーが新たに登場します。キャッスルプロジェクションに、噴水や夜空いっぱいに広がる光の演出などの新たな効果を加えた、これまでにないスケール感をお楽しみいただける新しい夜のショーです。
 ミッキーマウスが登場するとプログラムがスタート。魔法にかかったシンデレラ城を舞台に、東京ディズニーランドの様々なエリアを巡る映像や音楽に乗せて、幻想的な世界をお届けします。

 かなり面白そうなショーですよね!キャッスルプロジェクションだけでなく、噴水や光の演出、さらにミッキーも最初に登場するということで、個人的には年間パスポートを買うきっかけになった《ブラヴィッシーモ!》を彷彿とさせる流れだなと思っています。

 これは人気が出そうなショーですね。周年イベントに行くなら夏以降がオススメと言えそうな雰囲気です。

シアターオーリンズの新しいショーが7月10日スタート

 さらにもうひとつシアターオーリンズの新ショーが夏からスタートします。

 アドベンチャーランドにあるステージ「シアターオーリンズ」では、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが繰り広げる新しいショーがスタートします。
 陽気な音楽に合わせて登場するディズニーの仲間たちとゲストが、一緒に盛り上がることのできるショーです。35周年イベント期間中は、35周年のテーマソングを使用するなど、特別な内容でお届けします。

 シアターオーリンズでは現在《ミニー・オー!ミニー》が公演されていますが、2018年3月19日をもって公演終了になります。

 その後釜となるショーが、名称未定ですが夏からスタートすることになりました。
 ショー内容は上の記述からしてほとんど明らかになってないと言えますが、35周年期間は35周年バージョンとして公演されるようです。

 この場所は、現状では屋外で屋根もなく、さらに客席の段差もほとんどない、大変見にくいステージになっているので、そのあたりが改善されるかが気になるところですね。
 夏の時期スタートなので、屋根などができなければ、今年公演されている《ステップ・トゥ・シャイン》のように、最初は夕方以降の時間帯に公演するのかもしれません。

TDS《ディズニー・パイレーツ・サマー》

ディズニー・パイレーツ・サマー2017 パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”

 ディズニーシーでは2018年の夏も『パイレーツ・オブ・カリビアン』がテーマのイベントです!

 ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界を舞台にしたスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を開催します。
 メディテレーニアンハーバーでは、キャプテン・ジャック・スパロウとキャプテン・バルボッサ率いる荒くれ者の海賊たちが、大量の水しぶきとともに繰り広げるダイナミックなハーバーショーを公演します。
 そのほか、海賊たちによるアトモスフィア・エンターテイメントや、海賊をイメージしたデコレーションやグッズ、メニューの展開など、東京ディズニーシー全体で『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界観をお楽しみいただけます。

 これまで映画が公開された年、1年限りでディズニーランドでパイレーツのイベントが開催されていたので、2018年もやるのか?やらないのか?、気になっていた人も多いと思いますが、答えは“継続”でした!

 まあ、《ディズニー・パイレーツ・サマー》はかなりしっかり作り込んであってお金もかかってそうでしたし、納得ですね。ついでに今年の夏はかなり人気だったので、パーク側としては継続にしておいてよかったというかんじではないでしょうか。

 内容的にはハーバーショーもアトモスフィアショーも今年とほとんど同じのような記載になっています。
 ハーバーショーにはジャックとバルボッサしか出演しないので、ミッキーたちが好きな人は残念かもしれませんが、ディズニーシーにも新ショーという楽しみな要素があります!

ドックサイドステージの新ショーが7月10日スタート

 ディズニーシーでもこの夏から新しいショーがスタートします!今年の3月まで《テーブル・イズ・ウェイティング》を公演し、現在は期間限定ショー《ステップ・トゥ・シャイン》を公演しているドックサイドステージの新レギュラーショーになります。

 アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある「ドックサイドステージ」では、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが、エリアのテーマであるニューヨークの雰囲気をお楽しみいただける新しいショーを繰り広げます。35周年イベント期間中は、35周年のテーマソングを使用するなど、特別な内容でお届けします。

 これまでのレギュラーショー《テーブル・イズ・ウェイティング》は、過去のイベントで公演されたものがレギュラーショー化されたものでしたが、今回は新しいショーが公演されるようですね。
 ニューヨークの雰囲気が楽しめるショーでミッキーたちが出演するので、海賊しか出演しないハーバーショーにはあまり興味がない人でも、こちらは魅力的ではないでしょうか?

9月11日~10月31日のイベント

TDL『ディズニー・ハロウィーン』

 続くハロウィンイベントですが、このあたりからはだいぶ先の話になってくるので、イベント内容も簡素な説明になっていきます。

 東京ディズニーランドでは、イベントのテーマを一新し、みんなで盛り上がる、ディズニーならではのハロウィーンをお届けします。

ディズニー・ハロウィーン2017 ハロウィーン・ポップンライブ

 ディズニーランドはひとまずテーマが一新することが明らかになりました。
 今まさに公演されている《ハロウィーン・ポップンライブ》も今年限りということになります。

 《ハロウィーン・ポップンライブ》は比較的人気のあるパレードでしたが、2年で終了となりますね。人気がある分、残念に思う方も多いかもしれません。
 しかし、ここ数年は3~4年もパレードを再演することが多かったので、短期間で新パレードに切り替わることは歓迎したいです。

TDS『ディズニー・ハロウィーン』

ディズニー・ハロウィーン2017 ザ・ヴィランズ・ワールド

 2018年のTDSハロウィンも主役はヴィランズとなっていますが、絶叫好きにはものすごく楽しみな要素が含まれています!

 東京ディズニーシーでは、ディズニーヴィランズによる“クールで妖しいハロウィーン”を 2018 年も開催します。
 メディテレーニアンハーバーでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちとヴィランズが妖しくも華やかで美しいハーバショーを公演し、ヴィランズ流にハロウィーンを盛大にお祝いします。
 また人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」は、ハロウィーン期間限定のスペシャルバージョンでお楽しみいただけます。

 なんと《タワー・オブ・テラー》がハロウィン期間限定バージョンになります!これは予想していなかったので、驚きました。
 1~3月のバージョンも継続するのか、不明なところもありますが、どんな限定バージョンなのか期待!

 イベント自体はヴィランズが主役で、ヴィランズ流のハロウィーンをお祝いするハーバーショーなので、現在も公演されている《ザ・ヴィランズ・ワールド》が継続することになりそうです。

11月8日~12月25日のイベント

イベント名が両パーク共通の『ディズニー・クリスマス』に!

 これまでクリスマスイベントはTDLが『クリスマス・ファンタジー』、TDSが『クリスマス・ウィッシュ』と、別々のイベント名になっていますが、これが両パーク共通の名称になりました。
 『ディズニー・イースター』、『ディズニー七夕デイズ』、『ディズニー・ハロウィーン』と、これでほとんどが両パーク同名になりますね。

ディズニー・クリスマス・ストーリーズ リロ スティッチ エンジェル

 ディズニーランドでは4年目となる《ディズニー・クリスマス・ストーリーズ》の公演が濃厚となっています。
 クリスマスイベントは最近4年ごとに新パレードになっているので、2018年で最後かもしれません。

 東京ディズニーランドでは、2018年も“クリスマスのストーリーブック”をテーマに、パーク全体がクリスマスムードに包まれる、ファンタジックで楽しいクリスマスをお届けします。
 パレードルートでは、絵本の中から飛び出してきたクリスマスを楽しむディズニーの仲間たちの物語が描かれたパレードを公演。
 そのほか、カラフルで可愛らしいクリスマスのデコレーションで、パーク中に“ハピネス”あふれるクリスマスの世界が広がります。

パーフェクト・クリスマス デイジー

 一方ディズニーシーでは、これまでイベント名の“ウィッシュ”をテーマにしてきましたが、イベント名の変更とともにテーマも一新することになりました。
 こちらもまだ内容はわからないので、今後の情報に期待したいところです。逆にこれまでのクリスマスは今年で見納めになることをお忘れなく!

 東京ディズニーシーでは、新たなテーマでクリスマスのイベントを開催します。幻想的でロマンティックな雰囲気の中で、ディズニーならではのクリスマスをお楽しみいただけます。

2019年1月1日~1月6日
TDL/TDS お正月のプログラム

ニューイヤーズ・グリーティング

 毎年恒例のお正月イベント、2019年の干支は“亥”です。

 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのエントランスに門松などを飾り付けるほか、2019 年の干支である“亥”にちなんだグッズやお正月にちなんだメニューなどをご用意し、新年に来園されるゲストをお迎えします。ディズニーの仲間たちも、華やかなお正月の衣装で新年のご挨拶をします。

 これまでお正月イベントは1月5日まででしたが、2019年は1月6日までと、期間が1日延びました。

2019年1月11日~3月19日のイベント

TDS『ピクサー・プレイタイム』

 こちらは2018年の1月に、初めてピクサーのイベントが開催されますが、早くもその継続が決定した形になります。

 ディズニー/ピクサー映画の世界をテーマにしたお子さまから大人まで楽しめるイベントを開催します。
 メディテレーニアンハーバーでは、ディズニー/ピクサー映画に登場する人気の様々なキャラクターたちが登場するショーを公演。
 そのほか、キャラクターたちに会えるグリーティング、グッズやメニューなど、パーク全体でディズニー/ピクサー映画の世界観をお楽しみいただけます。

 まだイベント自体が初開催されていないので、ひとまず2018年の初開催がどんな雰囲気になるのか楽しみです。
 またダッフィーのプログラム『ダッフィーのハートウォーミング・デイズ』も2018年から新しいものになりますが、これも2019年にそのまま継続になるようです。

 2018年のイベント詳細が来月上旬に発表されると予想しているので、そこでどんなイベント名でどんなプログラムがあるのかわかります。今後の情報を待ちましょう。

TDL『東京ディズニーリゾート 35 周年“Happiest Celebration !”グランドフィナーレ』

 この期間、ディズニーランドではいよいよ35周年イベントのフィナーレを迎え、最後を盛り上げるプログラムが予定されているようです。

 2019年3月25日(月)に「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」のフィナーレを迎える東京ディズニーランドでは、1 年間ゲストの皆さまと生み出してきたたくさんのハピネスとともに、一層祝祭感にあふれる雰囲気に包まれます。グランドフィナーレ限定のグッズなども登場し、35周年の最後を盛り上げます。

 TDS15周年のときには、後からグランドフィナーレの開催が発表されましたが、今回は最初から予告されましたね(笑)
 TDR30周年では《ハピネス・イズ・ヒア》が停止するスペシャルバージョンを実施していたので、今回も《ドリーミング・アップ!》が停止してもおかしくないですね!

 この時期に開催されていた『アナとエルサのフローズンファンタジー』も、2019年は開催なしとなりました。
 2018年がファイナルと告知されているので、2020年からは新しいイベントが開催されることになりそうです。

 

 以上がTDR35周年イベント&2018年のスケジュールでした!
 かなり長くなりましたが、それだけ楽しみな要素が盛り沢山なのではないかと思います。

 TDRの周年イベントは毎回、最多入園者数を更新するほど混雑しています。それに加えて、私は今回のプログラムを見て、これはかなり力を入れているなと感じました。
 おそらく来年はパークも混雑しそうなので、混雑対策も十分にしたほうが良さそうですね。公開が遅れている混雑予想も早めに作成していくのでお待ちください!


東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2018