TDS新アトラク《ニモ&フレンズ・シーライダー》2017年5月12日オープン決定!《タートル・トーク》も同日リニューアル!

公開日: 最終更新日:

ニモ&フレンズ・シーライダー

東京ディズニーシーの新アトラクション《ニモ&フレンズ・シーライダー》のオープン日、《タートル・トーク》のリニューアル日が2017年5月12日に決定しました。詳しい情報をお届けします。


東京ディズニーシー新アトラクション
《ニモ&フレンズ・シーライダー》
2017年5月12日グランドオープン!

 ディズニーシーの新アトラクション《ニモ&フレンズ・シーライダー》グランドオープン日が2017年5月12日に決定しました。
 下記リリースから詳しい情報をお伝えします。

ニモと一緒に海の世界を冒険!毎回違う体験ができる!

ニモ&フレンズ・シーライダー

©Disney/Pixar
東京ディズニーシー®の新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」2017年5月12日(金)グランドオープン決定|オリエンタルランド・ニュースリリース

 2015年5月に発表されたディズニーシーの新アトラクション《ニモ&フレンズ・シーライダー》のグランドオープン日が決定し、さらにイメージ画像も新たに出てきました。

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》はディズニーシーの〈ポートディスカバリー〉にオープンする、『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界を舞台した新アトラクションです。

ニモ&フレンズ・シーライダー

©Disney/Pixar
東京ディズニーシー®の新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」2017年5月12日(金)グランドオープン決定|オリエンタルランド・ニュースリリース

 魚サイズに縮むことができる潜水艇「シーライダー」に乗り込んで、映像とライドの動きで海の世界を冒険する屋内型のアトラクションになっています。
 ニモやドリーに加え、タコのハンクやジンベエザメのデスティニーなど、会えるキャラクターは体験の度に異なるのが魅力です。

 また、アトラクションの映像を『ファインディング・ドリー』のピクサー・アニメーション・スタジオ映画スタッフが制作しているという点も大きなポイントです。

 体験時間は約5分ですが、メインショーと記載されているので、搭乗前にプレショーがありそうですね!
 ちなみに以前ここにあった《ストームライダー》は、プレショーを含んで約14分です。乗車定員も《ストームライダー》と全く同じですね。

体験時間 約5分
(メインショー)
乗車定員 1キャビンあたり122名
キャビン台数 2台
総投資額 約50億円

ファストパスも導入!身長90cm未満は利用制限!

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》はファストパスが導入されます。
 おそらくファストパスの発券機は《ストームライダー》のときと同じ場所になりそうですね。

 子供向けのアトラクションが少ないディズニーシーでは人気になりそうですが、身長90cm未満は利用できないという利用制限が設けられています。

【追記】
 2017年3月14日付けでリリースが更新され、3歳未満は利用不可という制限が無くなりました。

ニモ&フレンズ・シーライダー

©Disney/Pixar
東京ディズニーシー®の新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」2017年5月12日(金)グランドオープン決定|オリエンタルランド・ニュースリリース

 《ニモ&フレンズ・シーライダー》のストーリーは以下のように設定されました。

 

 「ニモ&フレンズ・シーライダー」の舞台は、ポートディスカバリーの中心的な施設である海洋生物研究所です。海洋生物研究所では海洋生物の研究を行うと同時に、訪れるゲストに海とそこに住む生き物たちを大切にすることを呼びかけています。

 ゲストはここで、海洋生物研究所の科学者たちがチヂミニウムと呼ばれる特殊なマテリアルを開発したことを知ります。チヂミニウムは電気を通すと収縮するという特性があり、このチヂミニウムを使って作られたのが、魚の形をした潜水艇シーライダーです。

 シーライダーは中に人間を乗せた状態で、安全に魚サイズに縮むことができます。また、人工フィッシュ知能を搭載したことにより、シーライダーは本物の魚のような動きをすることができるだけでなく、操縦士が乗っていない状態でも自動運転で本物の魚たちと一緒に行動することができます。

 海中に潜り、魚サイズに縮んだシーライダーは、ニモやドリーをはじめとするさまざまな海洋生物たちに出会い、彼らと交流し、乗り込んだゲストを楽しくてワクワクして、ちょっぴりスリリングな海の冒険へと導きます。

 

 『ファインディング・ドリー』を見た人なら、海洋生物研究所がパッとイメージできると思いますが、たしかにあの建物は〈ポートディスカバリー〉に合う外観ですよね。

 現在、囲われて工事されていますが、イメージ画像を見る限りは、《ストームライダー》の気象コントロールセンターとほぼ同じ外観になりそうです。
 しかし、キューライン(並ぶところ)やその周囲には屋根が取り付けられたりして、過ごしやすい工夫もされそうです。

《タートル・トーク》も同日リニューアル!

タートル・トーク ファインディング・ドリー

©Disney/Pixar
東京ディズニーシー®のアトラクション「タートル・トーク」に、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』のキャラクターが新登場 2017年春よりスタート|オリエンタルランドグループ・ニュースリリース

 もうひとつ『ファインディング・ニモ』に登場していたカメのクラッシュと会話ができる人気のアトラクション《タートル・トーク》もリニューアルが行われます!
 こちらも《ニモ&フレンズ・シーライダー》と同じ2017年5月12日にリニューアルオープンとなります。

 今回のリニューアルは少し前に情報が発表され、『ファインディング・ドリー』のキャラクターも登場するようになるということでした。
 これまでは毎回同じパターンでしたが、数パターン用意されることになるのかもしれませんね。

 リニューアルに伴い《タートル・トーク》は2017年冬に一時クローズすることが発表されていましたが、その期間が2017年2月9日~5月11日に決定しました。
 約3か月間の休止となります。

 

 以上が新アトラクションの情報でした!
 『ファインディング・ニモ』シリーズのアトラクションが2つも同時にオープンするということで、この作品が好きな人や子供にとってはかなり楽しみな要素だと思います。

 ちなみに新アトラクションがオープンする5月はディズニーシーで『ディズニー・イースター』を開催する期間になります。
 2017年の夏イベントは『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新イベントも控えているので、15周年を終わった来年はかなり楽しみな要素が多いです!


東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2018