東京ディズニーリゾート

ディズニーファンも月400円で読める!バックナンバー不要な人は、定期購読よりもお得で利用価値アリ

ディズニーファン 定期購読

 東京ディズニーリゾートの最新&旬な情報を中心に掲載している、ディズニー専門情報誌の月刊『ディズニーファン』。

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーでもある講談社が1990年から出版しているもので、ディズニー好きにとってはお馴染みの雑誌ですよね!

 年に1回程度パークに行くという人も、パークに行く前に『ディズニーファン』で情報をチェックすることもあるのでは?

 私も年間定期購読を申し込んでいて、つい先日最新号(8月24日発売)が届いたので、ニヤニヤしながらハロウィン情報を見て期待を膨らませています(笑)

 定期購読をしているのですが、実は私はそれとは別に読みたい雑誌があって、スマートフォンやタブレットで読める雑誌読み放題サービスも利用しています。そこでもディズニーファンが読めます。

 この雑誌読み放題サービスを利用すれば、定期購読よりもずっと安く、月400円程度で読むことができます。どのサービスでも無料期間があるので、例えば年1回程度にパークに行く人が、直近の情報をチェックしておきたいという場合にも利用できますね。

 ただ、バックナンバーを保存しておくことができないなどのデメリットもあるので、『ディズニーファン』の定期購読と雑誌読み放題の比較をしながら、お得な雑誌読み放題を紹介します。




現在、ディズニーファンが読める雑誌読み放題は3つ

 雑誌読み放題サービスはさまざまなものがありますが、その中で『ディズニーファン』も読めるのは楽天マガジン、Tマガジン、dマガジンの3つになります。

 『ディズニーファン』を単品や定期購読で読む場合との比較は、このようになっています。

ディズニーファン 読み放題

 料金的には雑誌読み放題のほうが圧倒的に安いですし、他に読める雑誌の数がこれだけあるのでお得感がすごいのですが、もちろんそれぞれメリット・デメリットがあります。

『ディズニーファン』定期購読なら特典がついてくる

 こうやって料金を比較すると、『ディズニーファン』って定期購読にしても年間で200円くらいしか得にはならないんですよね。普通は1冊分くらい安くなったりするものなんですが、割引率は低めになっています。

 ただ、定期購読には特典があって、パークチケットが当たるキャンペーンや定期購読者全員にポストカードのプレゼントなどがあります。

バックナンバーを取っておけるのが、ファンにとって最大の魅力?

 あとはやっぱり実物を手元に置いて保存しておけるというのが一番の利点だと、私は思っています!

 私も自宅に過去のディズニーファンが10年以上分も山のように本棚に入っていますが、過去に好きだったショーの綺麗な写真が見れたり、あるいは去年のショーってどうだったっけ?このメニューって去年もなかったっけ?っていうときは確認したりもできます。

 コアなファンにとっては、アーカイブ的な役割として保存しておけるのが一番の利点ですよね。

雑誌読み放題は、他誌も読めて料金的には超お得!

 続いて、雑誌読み放題ですが、どのサービスにも共通するメリットを挙げると次のものがあります。

  • とにかく安い
  • 他誌も読める
  • 持ち歩ける

月額400円ほどで読める安さ

 料金の安さは先ほどの表で見たとおりで、どれも月400円程度で利用できます。

 もっとも安い楽天マガジンの年額プランにすれば、ディズニーファンの年間定期購読と比べて、年間5000円以上も安くなります。パークのワンデーパスポートの大部分をこれでカバーできますし、ショーレストランやホテル内レストラン1回分くらいは得になりますね!

カメラ専門誌のほか、豊富な雑誌数

 大きいのは他誌も読めるというところですね!ディズニーパーク好きの方は、デジタル一眼レフやミラーレス一眼を使う人も多いと思うので、カメラ専門誌が読めるのは嬉しいんじゃないでしょうか?どのサービスにもある雑誌で有名どころはこのあたり。

【ファッション・美容】
non-no、MEN’S NON-NO、CanCam、JJ、ViVi、Ray、Seventeen、美的

【IT、ビジネス・経済】
週刊アスキー、DIME、日経トレンディ、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済

【ニュース・週刊誌】
週刊文春、FRIDAY、FLASH、週刊ポスト

【生活、趣味】
レタスクラブ、オレンジページ、週刊ファミ通、アニメージュ、アニメディア、CAPA、ベストカー、Number

 私が読みたかった雑誌は『おとなの週末』(都内がメインのグルメ雑誌、夕飯前に見るとおなかが鳴るやつ←)なんですが、それもありますよ(笑)

通信無しで外出先でも読める!端末は5台ほど

 読みたい雑誌は、端末内やSDカード内にダウンロードしておけるので、外出先で通信量を使うことなく雑誌を読むことができます。

 『ディズニーファン』みたいな大きさの雑誌をパークで持ち歩くのはなかなかしんどいので、スマホ内に入れて持ち運べるっていうのは大きな利点ですね。

 ちなみに使用できる端末数は5台になっています。スマホやタブレットは5台までいけるので、例えば家族内で誰かが契約していれば、家族それぞれのスマホで見ることもできますね。

T-MAGAZINE

読み放題サービスにはデメリットも

  • 読めるのは3カ月分
  • 小さい端末は読みにくい
  • 付録などはついてこない

『ディズニーファン』は3カ月分

 雑誌はバックナンバーも読めるのですが、各雑誌によって読める数が違います。『ディズニーファン』の場合は、3カ月分が読めます。

 最新号は8月24日発売の10月号なので、今読めるのは9月号と8月号までになります。

スマホだと拡大しないとまず読めない

 スマートフォンで読む場合、小さな文字は拡大しないとまず読めないですね。

 電子版に慣れている人なら、不自由さは感じないと思いますが、私は雑誌読み放題をはじめた当初は紙のほうが圧倒的に読みやすい…!と思いました。スマホも基本横向きで読むことになるので、慣れが必要です。

付録がついてこない&読めないページもある

 あとは、付録がついてきません。また、『ディズニーファン』ではないのですが、他紙だと権利関係で読めないページがあったりもします。

各サービスで無料期間があるので、自分に合うかどうか見極めよう

 雑誌読み放題のサービスは、どこも無料期間があります。無料期間に使ってみて、合わなかったらそこで解約すれば料金もかからないので、ひとまず試してみることができるのもハードルが低くて良い点ですね。

 ここからは3つの雑誌読み放題サービスを比較していきます。




圧倒的な雑誌数のTマガジン

  • 雑誌数が圧倒的に多い
  • 旅行・漫画目当てなら有用
  • 迷ったらココ

 まずは、今年サービスが開始されたTマガジンです。『TSUTAYA』や『Tポイント』を主力事業とするCCCグループの運営ですね。

 月額400円(税抜き)で、初回1ヶ月無料という料金は、他サービスと同レベルです。

400誌以上が読めるけど、中身をよく確認すべき

 Tマガジンは今年5月に開始されて、400誌以上が読めるという圧倒的な品揃えになっています。Tマガジンだけ雑誌数が多いのは、旅行誌・タウン誌・コミック誌・アダルト誌を扱っているからですね。

 とくに、本屋さんで旅行誌のコーナーに行くと『るるぶ』の各都道府県版・海外各国版がずら~っと棚に並んでいると思うのですが、あれが含まれているので雑誌数が多くなっています。

 漫画をよく読む人にとってはコミック誌があるので魅力かもしれません。とにかく雑誌数の多さならTマガジンなので、3つのサービスのどれかで迷っているならこちらを選ぶという選択もアリだと思います。

 カメラ誌というと、こちらは『CAPA』『デジタルカメラマガジン』を配信しています。

Tマガジン|400誌以上の雑誌が読み放題!
T-MAGAZINE

楽天マガジンは、安さが魅力で使いやすい

  • 頭ひとつ抜けた安さ
  • カメラ専門誌が一番豊富

 続いて、楽天マガジン
。他サービスと比べると、安さが一番の魅力ですね!

 月額だとそれほど差はないのですが、楽天マガジンは唯一年額プランがあって、それを使えば他サービスより年間1000円以上も安くなります。

カメラ専門誌が一番豊富

 他2つのサービスと比べると特別な雑誌を配信しているわけではないのですが、この楽天マガジンはカメラ専門誌が一番豊富です。

 カラフル&ポップなビジュアルで、比較的初心者向きとされる『CAPA』は他サービスでも読むことができるのですが、もう少し玄人向けな『カメラマン』『デジタルカメラマガジン』を両方配信しているのは楽天マガジンだけです。

 カメラ専門誌を見たい人やとにかく安さで選びたい人は楽天マガジンがオススメです。

楽天マガジン|250誌以上のいろいろなジャンルの雑誌が読み放題!

dマガジンは、『ディズニーファン』目当てならちょっと不利?

  • 他2サービスに勝る点が少ない

 最後はドコモでおなじみのdマガジンです。

 こちらは楽天マガジンと同じ250誌以上が読めますが、月額400円(税抜き)という点ではちょっと劣っています。

 カメラ誌という点でも、dマガジンでは『CAPA』しか読めませんし、全体の雑誌数を見てもTマガジンに劣っています。有力サービスのひとつではあるのですが、『ディズニーファン』目当ての方からすると、他サービスのほうが魅力的に感じるかもしれません。

dマガジン|多彩なジャンルの人気記事がいつでもどこでも読み放題!

“読みたい雑誌があるかどうか”しっかり見極めよう!

 ということで、『ディズニーファン』の定期購読と3つの読み放題サービスを比較してきましたが、一番大きいのは“読みたい雑誌があるかどうか”なので、まずは気になるサービスでどんな雑誌が読めるかどうかチェックしてみるといいと思います。

 私のオススメは雑誌数の豊富さで選ぶならTマガジン、安さとカメラ専門誌で選ぶなら楽天マガジン
ですね。無料期間もあるので、ぜひ試してみてください!

T-MAGAZINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。