東京ディズニーリゾート

【平日に入園制限!】4年ぶりの2日連続のW制限!その要因は?2019年10月20・21日、東京ディズニーランド・シーで入園制限を実施

2019年10月20日 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 入園制限
この記事のまとめ

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは、混雑していると入園制限がかかることがあります。入園制限は年に数回しかなく、1年の中でもとくに混雑していた日と言えます。

2019年10月20日と21日は2日連続、両パークで入園制限が実施されました。

実際の混み具合と待ち時間、そして混雑した要因とは?

 “いつも混んでる”というイメージの強いディズニーランド・シーですが、その中でもとくに混雑した日と言えるのが入園制限がかかった日です。

 入園制限がかかると当日券の販売が見合わせとなるので、パークに来ても入園するためのパークチケットが買えない=入園できないとなるわけです。前売券を買っているか、入園保証のあるホテル宿泊者でないと入園できません。

 その入園制限が、2019年10月20日(日)と21日(月)の2日連続で実施されました。平日にも関わらず入園制限がかかったのはさすがに驚き!

クロロ@年間パスホルダー
クロロ@年間パスホルダー
20日は開園からパークにいましたが、年間パスで週1回以上のペースで通う私が見ても、混んでると感じることが多かった!

 そんな激混みとなった2日間の様子と実際の待ち時間、そしてこれだけ混雑した要因を分析します。

 こういうときはディズニーランド・ディズニーシーが混雑する!というのがわかるので、今後パークに行く日を決めるのに役立ちます!

2015年以来、4年ぶりの2日連続W入園制限

2019年10月20日 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 入園制限

 まずは、この10月20日と21日の入園制限がかかった時間を見てみましょう。ディズニーランドもディズニーシーも、開園時間は8時閉園時間は22時

10月20日
(日)
TDL10:30~16:30
TDS11:00~17:00
10月21日
(月)
TDL10:50~16:30
TDS10:30~17:00

 一番入園制限がかかることが多いのは、10~15時です。10時台に入園制限がかかっても、14時台や15時台に解除されることが多いのですが、この2日間はどちらも17時近くまで入園制限がかかっていました。

 それだけ人が多かったことに加えて、なかなか人が減らなかったということがよくわかります。

 また、21日のディズニーランドは9時開園だったので、もし8時開園だったら20日よりも早く入園制限がかかっていたかもしれないですね。

2015年9月以来の2日連続W入園制限だった

 ディズニーランドもしくはディズニーシーだけが2日連続入園制限になることは年に1回くらいありますが、両方のパークに入園制限がかかる“W入園制限”が2日連続となると、なんと2015年9月以来です!

 2015年の9月は5連休がありました。ちょうどその5連休の3日目と4日に入園制限がかかっています。

9月21日
(月祝)
TDL10:15~16:30
TDS10:15~16:30
9月22日
(火祝)
TDL8:20~13:30
TDS9:00~16:00

 22日のほうはかかりはじめが8時台なので、かなりエグいですね(笑)この10年間で2番目の早さです。早かった分、解除されるのは早かったですが、めちゃくちゃ混んでいたと言えるでしょう。

クロロ@年間パスホルダー
クロロ@年間パスホルダー
今回はそのめちゃくちゃ混んでいたときと並ぶ、4年ぶりの記録だったというわけです!

 ここからはこの2日間の実際の混み具合を見ていきます!

【東京ディズニーシー】10月20日・21日の様子と待ち時間

 私は10月20日に、開園からディズニーシーに行っていました。開園待ちからして人が多くて、これは入園制限レベルだなと感じました。

 これは10時半頃の写真ですが、すごく人が多くて、歩くのも大変という雰囲気ではなかったです。

2019年10月20日 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 入園制限

 ただ、レストランはすさまじい列でした!混雑しているときに一番影響が出るのが、レストランの混み具合なんですよね。

 軽食系のフードワゴンでさえも、最後尾がどこかよくわからないくらいの列になって、本当にどこも何分待てば食事ありつけるのかわからないくらい。これがいわゆる“ディズニーの食料難民”というやつです。

 これは、分かる人にはそのすごさが分かる《テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ》の開店待ちの様子。S.S.コロンビア号の甲板に続く、外のデッキ部分まで到着していました。

 これは入園制限が解除される45分前の、16:15頃の写真ですが、チケットブースには入園制限の解除(当日券の販売再開)を待つ人の行列が。制限解除待ちでここまで列が出来ているのはなかなか見ないですね。

2019年10月20日 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 入園制限

10月20日の主なアトラクション待ち時間

 その10月20日の主なアトラクション・グリーティング施設の待ち時間はこのようになっています。

2019年10月20日 東京ディズニーシー 待ち時間

 アトラクションの待ち時間的にはそんなでもないんですよね。私の混雑予想で言えば、B混雑する土日レベルかなというかんじ。

 ハロウィンイベント期間は仮装をする人も多くて、そういった人たちはそれほどアトラクションには乗らない(もしくは乗れない)ので、待ち時間は大したことなくても人は多かったと言える混み具合です。

10月21日の主なアトラクション待ち時間

 続いて、平日の10月21日の主なアトラクション・グリーティング施設の待ち時間はこのようになっています。

2019年10月21日 東京ディズニーシー 待ち時間

 待ち時間を見ると、明らかに20日よりも混んでいたことがわかりますね。これくらいだと文句なしの入園制限という印象があります。

 センターが休止期間じゃなければ、もう少し分散はしたと思いますが、それでも混雑していると言えますね。

【東京ディズニーランド】10月20日・21日の様子と待ち時間

 10月20日は開園からディズニーシーにいたので、ディズニーランドにやってきたのは入園制限が解除された16:30ちょうど。

 当日券の販売が再開されたばかりだったのですが、臨時チケットブースが凄まじい列になっていて驚きました。

 こちらはパークの中に入ってみてびっくり!ディズニーシーよりも明らかに混んでると言えるくらいの人の多さ!もう歩くのも一苦労です。

2019年10月20日 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 入園制限

 ショーの抽選も全てはずして、レストランはどこも激混み、アトラクションも空いているところはないといったかんじで、すぐにパークを後にしました。

10月20日の主なアトラクション待ち時間

 その10月20日の主なアトラクション・グリーティング施設の待ち時間はこのようになっています。

2019年10月20日 東京ディズニーランド 待ち時間

 こちらもアトラクションの待ち時間だけを見ると、それほどでもないんですよね。私の混雑予想で言うと、C普通の土日レベルくらい、その中でもBに近いかなという印象です。

 ただ、パーク内の人の多さはすさまじかったので、先ほど説明した仮装のように、アトラクション目当てではない層も多かったと思われます。

10月21日の主なアトラクション待ち時間

 続いて、平日の10月21日の主なアトラクション・グリーティング施設の待ち時間はこのようになっています。

2019年10月21日 東京ディズニランド 待ち時間

 ディズニーランドのほうも、明らかに20日よりも待ち時間が長かったと言えます。このくらいならB混雑する土日レベルで入園制限がかかってもおかしくないなという印象がありますね。

2日連続で入園制限がかかった要因とは?

 このようにこの2日間はすさまじい混雑になりました。ハロウィン期間では今年初の入園制限ですし、そもそも今年は10連休だったゴールデンウィーク以来、入園制限がかかっておらず、それ以来となります。

 そんな混雑となったのには、3つの要因があります。

 ①カレンダー的要因と、②時期的要因、③天気の要因ですね!ひとつずつ見ていきましょう!

①飛び石連休で、実質的に4連休の中日だった

 まずはカレンダー的な要因ですね。カレンダーを見ると、10月22日が祝日になっていて、→月→火祝という流れになっています。

 この飛び石連休では、月曜日が休みなら4連休になるわけです。この場合、10月20日(日)と21日(月)はちょうど連休の中日に当たるわけですね。

 連休では前日も翌日も休みで外出しやすい中日がもっとも混雑します。実質的に4連休と考えた場合、20日と21日はもっとも混雑する2日間と言えます。

 前売券の完売状況を見ると、10月20日は約3週間前というかなり早い段階からディズニーシーで前売券の完売が出ていました。

2019年10月20日 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 前売券完売

連休も混むけど、飛び石連休の場合も、実質的な連休として混雑することがある!

②運動会シーズンで、代休となる月曜日は混雑

まぁ@妻
まぁ@妻
いくら実質4連休って言っても、平日に入園制限っておかしくない!?
クロロ@年間パスホルダー
クロロ@年間パスホルダー
たしかに平日に制限はびっくりしたけど、冷静に考えると月曜は代休効果や平日狙いとか要因はたくさんあるよ!

 9月下旬から10月末までの月曜日はとても混雑します。なぜなら運動会など、学校行事が多い時期だから。運動会が休日に開催されると、その代休として月曜日(休日明け)が休みになります。

 そのため、この時期の月曜日は代休となったファミリー層がとても多く、ディズニーランドとディズニーシーは混雑します。5月も同じように混雑しますが、10月のほうが影響が大きいですね。

 月曜日は代休飛び石連休だから仕事を休みやすい間の平日休日よりは平日のほうが空いてると考える人の多さ、こういった要因が重なって、月曜日は平日に関わらず激混みになったと言えます。

9月末~10月末の月曜日(休日明け)は、代休効果で土日並みの混雑になる!

③1週間前の3連休に史上最強クラスの台風が上陸

 そして、最後の要因がちょうど1週間前に関東を直撃した台風の影響です。1週間前の10月12日(土)~14日(月祝)は、3連休でした。

 その3連休に史上最強クラスの台風が直撃し、甚大な被害が発生しました。ディズニーランドとディズニーシーも、12日は終日休園、13日は本来8時開園だったところ12時開園に変更されました。台風の影響で終日休園となるのは、史上初の出来事です。

東京ディズニーランド ディズニー・ハロウィーン2019
【ディズニー休園】東京ディズニーランド・シー 台風の接近に伴い10月12日は8年ぶりの休園、13日は12時を目途に開園台風19号の接近に伴い、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは10月12日の営業を取りやめ、休園とすることになりました。13日14時頃まで休園の見込み。京葉線の運行情報など、台風19号の影響について最新情報をお伝えします。...

 この影響がかなり大きく、本来3連休にディズ二ーランド・ディズニーシーに行こうと思っていた人が、この飛び石連休に流れてきたことが大きな要因になっていると考得られます。

 今回は実質4連休と考えると、遠方から来る人も日帰り圏内の人も予定を変更しやすかったですしね。

 この台風は極端な例ですが、例えば土曜日が雨で、日曜日が晴れた場合、日曜日に入園制限がかかるというパターンはよくあります。

 ハロウィンやクリスマス、連休などの混雑が予想される日は天気の影響がかなり大きいと思ったほうがいいです。

雨が降ると、晴れた日に混雑が集中することがある!

 ということで、ディズニーランド・ディズニーシーの2日連続の入園制限を分析しました。

 ハロウィンとクリスマス、年末と、1年の後半は混雑する時期です。毎年、入園制限もこの10~12月に集中するので、休日に行く人はとくに注意しましょう。

 以上、クロロ(@DisneyColorsJp)でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。