TDR35周年で異例の混雑!2018年5月4日、TDLで入園制限!混雑要因を分析

公開日:

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

東京ディズニーシーで2018年5月4日、入園制限が実施されました。今回の混雑要因を分析します。


2018年5月4日、東京ディズニーランドで入園制限

 本日、5月4日はディズニーランドで入園制限がかかりました。
 また、結婚式の前日だったため記事にできませんでしたが、4月29日にもディズニーランドで入園制限がかかっています。

 近年はそれほど混雑していないゴールデンウィークですが、今年はちょっと様子が違いますね。
 実際の混み具合(待ち時間データ)と、混雑要因について分析していきます。

2018年4月29日(日・三連休中日)の実際の混み具合・待ち時間

 まずは4月29日のほうから。アトラクションの待ち時間はこのようになっています。

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

 この日は入園制限がかかったのは11:15~13:45。やや遅めの時間から入園制限となり、割と早めに解除されたという印象ですね。
 待ち時間を見る限りでは入園制限がかかった割にはそこまで激混みという印象はありませんが、35周年イベント目当てでパレード待ちをしている方がとても多かったです。

 この29日は結婚式の列席者もパークに来ていたので、私も会いに行っていたのですが、これは制限かかるよね、という混み具合でした。
 あとは、エントランスの改修や大規模開発によって施設数が減少しているので、パーク全体のキャパシティが減っていることも要因になっていそうです。

 ディズニーシーのほうは入園制限がかかっていません。こちらは連休中日にしては混んでいないですね。
 あくまで“混んではいない”というだけで、“空いている”と言っているわけではありません!

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

2018年5月4日(金祝・4連休2日日)の実際の混み具合・待ち時間

 こちらは本日の待ち時間です。

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

 本日は11:45~15:40に入園制限
 4月29日に比べると少し長い時間、実施されました。

 待ち時間を見ても、《プーさんのハニーハント》は休止期間が終わって再開しているにも関わらず、全体的に同じくらいの待ち時間になっているので、4月29日より混んでいるということがわかりますね。

 ディズニーシーのほうも、入園制限はかかりませんでしたが、4月29日より混んでいます。

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

ファストパスは《イッツ・ア・スモールワールド》に注意

 こちらは4月29日と5月4日のディズニーランドのファストパス発券状況です。どちらもほぼ変わらず推移していますね。
 入園制限レベルまで混んでいると、正直あまり変わらないです。ファストパス発券機には限りがあるので、混んでも列が増えるだけでファストパスの発券が早くなるというわけではないですしね。

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限
2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

 注意点は《イッツ・ア・スモールワールド》ですね。
 リニューアル後はファストパスの対象アトラクションになっていますが、発券機は《プーさんのハニーハント》と同じ場所にあります。

 4月15日の《イッツ・ア・スモールワールド》オープン以降、《プーさんのハニーハント》は休止期間でしたが、5月2日から運営が再開しています。
 これに伴い同じ場所でファストパスを発券している両アトラクションは、10時半頃まで《プーさんのハニーハント》のみ、その後に《イッツ・ア・スモールワールド》のファストパスを発券するという形になっています。

 今後パークに行く方は注意しましょう。

近年は空いているゴールデンウィークでも、周年イベント時はやはり混雑します

 ゴールデンウィークは混雑しているというイメージから避ける人が多いのか、近年はディズニーランドもディズニーシーもゴールデンウィークはそれほど混雑していません
 過去10年の入園制限を見ても、入園者数が激増する周年イベント時だけ、入園制限がかかっています。

2018年5月4日 東京ディズニーランド 入園制限

 しかし、ここで注目してほしいのは、今年は4月29日に入園制限がかかっているという点です。

 ゴールデンウィークは、前半が4月中の連休、後半が5月の連休というように間に平日を挟む形になっていて、後半の5月の連休のほうが圧倒的に混雑します。
 逆に言えば4月中の連休は空いていることがほとんどで、連休にしては驚くほど空いていたという年も多いです。

 それが、今年はゴルーデンウィークの中でも比較的空いているはずの前半、4月29日に入園制限がかかっています。
 三連休中日で混雑する要因はあったと言えますが、過去2番目の入園者数を記録した2013年度(TDR30周年)でさえ、ゴールデンウィーク前半の4月の三連休には入園制限はかかりませんでした。

 先ほど言ったように、現在ディズニーランドは大規模開発の影響などでキャパシティが減っていることも重なり、過去10年よりも入園制限がかかりやすい状況にあると言えます。
 周年イベントは混雑するので、ゴールデンウィークの中では明日、そして今後も土日を中心に混雑が予想されます。特に最近ひどい状況になっているレストランの確保など、しっかりと混雑対策をしていきましょう。

 

 なお、しばらくの間更新することができていなかった混雑予想ですが、先週5月分をカレンダーのみで公開しました。
 ひとまずゴールデンウィーク中にこのカレンダー形式だけでも数か月分更新していく予定です。

 従来の日別の詳しい混雑予想はその後に順次作成していきますので、もう少しお待ちください。


東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2018