ディズニー/ピクサー

トイ1~3だけじゃない!トイ4を観る前も、観た後にも、おさえておきたい過去作&スピンオフ短編たち!

トイ・ストーリー

 現在公開中のシリーズ最新作『トイ・ストーリー4』。もう『トイ・ストーリー』と言えば、ほとんどの人がパッと頭にキャラクターがいくつか浮かぶほど、超有名&馴染みがあるシリーズですよね!

 『トイ・ストーリー4』は前作から9年ぶりに公開される新作になります。さすがに9年も経つと、前作までのストーリーもうっすらとしか記憶にないという方もいると思います。

 バズとウッディの友情や、成長していくアンディとの関係など、1~3で綴られてきたストーリーの前提があるからこそ何倍も楽しめるのが『トイ・ストーリー4』です。

 そして、『トイ・ストーリー』シリーズはナンバリングタイトルの1~3だけじゃなく、スピンオフ短編も数多く制作されています。私も今回、1~3を見直すだけでなく、まだ観たことなかったスピンオフ短編も『Disney DELUXE(ディズニーデラックス)』で観た上で『トイ・スト-リー4』を観てきました!

 これから『トイ・ストーリー4』を観に行く人はもちろん、もう観た人も振り返るといろいろな発見があって面白いシリーズ作品を振り返ってみましょう!
※本記事における各作品の公開年は、全米での公開年になります。

必ずおさえておきたいストーリーの本筋、『トイ・ストーリー』ナンバリングタイトル

ウッディとバズの友情はここからはじまった!
『トイ・ストーリー』(1995年)

トイ・ストーリー1「トイ・ストーリー」 ©2019 Disney/Pixar

 記念すべき1作目の『トイ・ストーリー』は、1995年に公開されています。今から20年以上前の作品ですが、長編映画として初のフルCGアニメーション作品です。

 おもちゃたちは実は生きていて、話したり動いたりできるという秘密がありました。

 少年アンディのお気に入りおもちゃで、おもちゃ達のリーダーでもあるカウボーイ人形“ウッディ”。そこにアンディの誕生日プレゼントとしてやってきたのが、最新の宇宙ヒーローのおもちゃ“バズ・ライトイヤー”。

 アンディは最新型のバズに夢中になり、他のおもちゃ達もバズをすっかり気に入ってしまいます。そんな状況が面白くなかったウッディは、バズにいたずらを仕掛け、外の世界を冒険する大事件へと発展してしまうというストーリー。

トイ・ストーリー1「トイ・ストーリー」 ©2019 Disney/Pixar

 おもちゃたちの世界があるというのが、『トイ・ストーリー』の面白さですよね!小さなおもちゃ達が知恵と工夫で、困難を乗り切っていく姿に興奮しました。同時におもちゃ達を大切にしたいという感情が芽生えてくる作品です。

見逃せない『トイ・ストーリー4』に出てくるキャラクター

 『トイ・ストーリー』では、シドに爆竹を取り付けられて無残な姿になってしまうコンバット・カールという兵士の人形がいます。

 このキャラクターは、『トイ・ストーリー4』にも出てきます!とても印象的なキャラクター&シーンで登場するので、観たことがある人ならすぐ気付くと思います!このあと紹介するスピンオフ短編でも登場するキャラクターなので、見つけてみてください!

ウッディの秘密と、おもちゃとしての幸せは何か?
『トイ・ストーリー2』(1999年)

トイ・ストーリー2「トイ・ストーリー2」 ©2019 Disney/Pixar

 1作目から4年後の1999年に公開された『トイ・ストーリー2』。

 ガレッジセールで売り出されてしまいそうになるおもちゃの仲間を助け出そうとしたウッディが、おもちゃマニアの玩具店経営者“アル”に盗まれてしまいます。

 アルの自宅にやってきたウッディは、自分が古い時代の人気人形劇『ウッディのラウンドアップ』の主役で、プレミア付きの貴重なグッズだったことを知るとともに、その作品に出ていた人形の“ジェシー”、“ブルズアイ”、“プロスペクター”と出会います。

 ラウンドアップの仲間がそろえば日本の博物館で永久保存されるが、ウッディがいなくなればジェシーたちは倉庫に逆戻りになるということを知って、ウッディはアンディの元に戻るべきか、博物館に行くのか、決断を迫られるというストーリー。

トイ・ストーリー2「トイ・ストーリー2」 ©2019 Disney/Pixar

 この作品で初めて登場したキャラクターが、パークのショーやパレードでもよく登場するジェシーとブルズアイですね!ディズニーランドでは《ホースシュー・ラウンドアップ》というランチショーが公演されていますが、この作品で登場した人形劇の雰囲気が反映されたショーになっています。

 この2作目で提示されたのが「アンディは大人になって離れていくが、日本の博物館に行けば永遠にこどもたちに愛される」ということで、3作目はこれを一層掘り下げたテーマになっています。

裏話もいろいろある『トイ・ストーリー2』

 1990年代のディズニー作品は続編をビデオ用の作品として制作することが多く(アラジン、ライオン・キング、リトル・マーメイドの続編など)、当初はこの作品も劇場公開の予定がありませんでした。しかし、優れた内容が評価されて劇場公開用作品として作り直されたのがこの『トイ・ストーリー2』です。

 劇中、日本の有名コレクター“ミスター・コニシ”がアルの電話の相手として登場します。この人物は、ピクサーに実在する日本人の女性社員“小西さん”から名付けられたとされています。

大学生になるアンディとおもちゃたちの別れ
『トイ・ストーリー3』(2010年)

トイ・ストーリー3「トイ・ストーリー3」 ©2019 Disney/Pixar

 前作から11年というスパンで2010年に公開された3作目が『トイ・ストーリー3』です。

 17歳になったアンディは、おもちゃたちと遊ばなくなり、大学寮への引っ越しを前におもちゃたちを屋根裏にしまうことにしました。しかし、手違いでゴミに出されたおもちゃたちは、捨てられる前に逃げようとサニーサイド保育園に寄付されるダンボールの中へと潜り込みます。

 無事にサニーサイド保育園へと到着し、たくさんのおもちゃとともに幸せな生活が送れるかと思っていたところ、そこは地獄のような場所で、アンディの元へ帰るために脱出しようとウッディたちが奮闘するストーリーです。

トイ・ストーリー3「トイ・ストーリー3」 ©2019 Disney/Pixar

 この作品では大学生になるアンディとの別れが描かれ、その完璧で美しすぎる結末から『トイ・ストーリー』シリーズの集大成的な最高傑作という声が多い作品になっています。

 1作目でひとりよがりだったウッディの成長、ウッディとバズの友情、おもちゃたちとアンディの絆、こうしたシリーズの積み重ねがあり、そして前作で提示された「子供もいつかは大人になり、おもちゃから去る」というテーマに向かい合う少し大人向けの作品と言えますね。

 この時点でシリーズ1作目の公開から15年が経っていて、成長しながらリアルタイムで『トイ・ストーリー』のシリーズを追ってきた人にとっては、強く共感できた作品だったと思います。

 ちなみに『トイ・ストーリー4』では、2と3の間にアンディのもとからいなくなったボー・ピープが重要なキャラクターとなって登場しています。彼女がアンディのもとからいなくなった経緯は『トイ・ストーリー4』の中で語られますが、2や3を観ておくとその内容もよりわかるようになります。

トイ3の後日談となるスピンオフ短編も!

 当初は『トイ・ストーリー3』がシリーズ最終作となる予定でした。しかし、人気の高さから後日談などのスピンオフ短編が数多く制作され、周知のように『トイ・ストーリー4』も制作されています。

 このスピンオフ短編まで全部チェックしたことがある方は少ないと思います。トイ3の後に制作されているものは下記5作になります。

2011年ハワイアン・バケーション
2011年ニセものバズがやって来た
2012年レックスはお風呂の王様
2013年トイ・ストーリー・オブ・テラー!
2014年トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド

 これ以外にも2000年に『スペースレンジャー バズ・ライトイヤー』という作品も制作されています。

劇場同時公開のスピンオフ短編

 上の3つは映画公開時に同時上映された作品で、『ハワイアン・バケーション』は『カーズ2』、『ニセものバズがやって来た』は『メリダとおそろしの森』で同時公開されているので、観たことがある人も多いかもしれませんね!

トイ・ストーリー ハワイアン・バケーション「ハワイアン・バケーション」 ©2019 Disney/Pixar

 『レックスはお風呂の王様』は、『ファインディング・ニモ 3D』と同時公開だったので、こちらは観たことがある人はかなり少ないんじゃないでしょうか?私も観たことがありませんでした!

トイ・ストーリー レックスはお風呂の王様「レックスはお風呂の王様」 ©2019 Disney/Pixar

テレビアニメのスピンオフ短編からは『トイ・ストーリー4』に登場するキャラも!

 『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』と『トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド』は、無料BS放送のDlifeで放送されたテレビアニメのスピンオフ短編になります。この2作はディズニー好きだと知っている方が多いですよね。

トイ・ストーリー・オブ・テラー!「トイ・ストーリー・オブ・テラー!」 ©2019 Disney/Pixar

 『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では、『トイ・ストーリー4』に登場するコンバット・カールが登場します(トイ1でも登場したキャラクター)!

 また、『トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド』の“レプティラス・マキシマス”も、『トイ・ストーリー4』でボニーが幼稚園に行くシーンでほんの少しだけですが登場しています。

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド「トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド」 ©2019 Disney/Pixar

トイ1~3だけでなく、スピンオフ短編もぜひ観てみて!

 ということで、『トイ・ストーリー4』を観る前におさえておきたい過去作&スピンオフ作品を紹介しました。

 もうすでに観た人も1~3はおさえていると思いますが、スピンオフ短編は観ていない人も多いでしょうし、後から観ても“4にあのキャラたしかに出てた!”っていう発見があったりして面白いですよ!

 『スペースレンジャー バズ・ライトイヤー』以外の作品は、すべて『Disney DELUXE』で配信されていて、私も先日入会してトイ4を観る前に見ておきました。

 今年はこれから『ライオン・キング』(実写)、『マレフィセント2』『アナと雪の女王2』と続々公開される続編・実写のディズニー作品があるので、その予習も兼ねて関連作・過去作をチェックすると、新作を観るときにより楽しめると思います!

Disney DELUXE ディズニーデラックス ogp
配信作品が続々増えている『Disney DELUXE』に入会したら、ディズニー×ピクサー×マーベル×SWが充実しすぎて時間が足りない!ディズニー公式エンターテイメントサービス『Disney DELUXE』に入会してみました!ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズのコンテンツが揃うサービスの魅力を、ディズニー好きの視点でお伝えします!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。