Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの混雑予想・結果・実績を掲載しています 。アトラクションの待ち時間を中心に予想し、実際の待ち時間・ファストパス発券時間 なども掲載。また、ショー・パレードの待ち状況も出来る限り詳しく解説しています。 ディズニーブログ「DisneyColors」別館です。本館と連動して混雑予想以外にもディズニ ーリゾートの様々な情報をお伝えしています。

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 完全ガイド


東京ディズニーシー ディズニー・ハロウィーン2012

1.ハーバーショー「ハロウィーン・デイドリーム」≪ クリックで鑑賞ガイド・フロート停止位置のページへ

 東京ディズニーシーで2010年以来行われるハロウィンイベントでは新ハーバーショー「ハロウィーン・デイドリーム」が行われます。たくさんのスケルトンが登場する非現実な空間を体験できるカーニバルショーです。
 ハーバーのあちこちをキャラが動き回るショーなので、この鑑賞場所ガイドで場所を確認してバッチリ鑑賞してきてください!


2.チップとデールのスケルトンフィエスタ

 ロストリバーデルタでは2010年から行われているハロウィンのミニパレード「チップとデールのスケルトンフィエスタ」が今年も行われます。メキシコの死者の日(骸骨祭り)を元にしたパレードで、チップやデールのかわいい骸骨ダンスが見れます。
 これはパレードになっていますが、非常に狭い通路を通るので、特に待ったりしなくても、通りがかりに見れるパレードです。公演時間にその場にいれば大丈夫です。なるべく広いところのほうが見やすいので、「ジャスミンのフライングカーペット」周辺や「ミスティックリズム」が公演されるハンガーステージ周辺がオススメです。


3.ナイトハイ・ハロウィーン

 2011年は震災の影響で東京ディズニーシーのハロウィンが中止となったために行われなかったハロウィンの花火が今年復活します!ハロウィンらしい音楽で、いつもの花火とはまったく違った印象を受ける「ナイトハイ・ハロウィーン」は個人的にかなりオススメなので、ぜひご覧ください。
 なお、左の動画は2010年に撮影したもので、その年のパレードやショーのスライドショーをつけた動画になっています。


4.デコレーション・スペシャルメニュー・スペシャルグッズ

 今年のディズニーシーでは「エントランスは“ゴージャスなヨーロピアン風”、ロストリバーデルタは“ラテンアメリカのカラフルで賑やかな雰囲気”、アメリカンウォーターフロントのニューヨークは“都会的でユーモアあふれる雰囲気”、ケープコッドは“田舎のアットホームな雰囲気”と、エリアごとに趣の異なるハロウィーンの装飾が施されます。また、今年からエリアが広がるメディテレーニアンハーバーにはスケルトンをあしらったデコレーションが飾られます。」と発表されているように各エリアで様々なデコレーションがなされるそうです。
 スペシャルメニューでは「ギョウザドッグ」が真っ黒になって登場するなどこちらも注目です。また、アメリカンウォーターフロントとロストリバーデルタでは“トリック・オア・トリート!”を合言葉にキャンディーを配布をする恒例のイベントも実施されます。
 ほかにもハロウィンらしいかぼちゃを用いたスペシャルメニューやディズニーランドと併せて400種類ものグッズが販売されています。


5.キャンパスデーパスポート

 今年は9月にキャンパスデーパスポートが販売されます。利用可能期間は9月1〜30日(16日除く)でハロウィンイベント期間全てではありませんが、大学・大学院・短大・専門学校・中学・高等学校に在学している学生が対象で通常のワンデーパスポートよりも安く購入できます。
 オフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.co.jp/campusday/)をチェックしてください!