Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの混雑予想・結果・実績を掲載しています 。アトラクションの待ち時間を中心に予想し、実際の待ち時間・ファストパス発券時間 なども掲載。また、ショー・パレードの待ち状況も出来る限り詳しく解説しています。 ディズニーブログ「DisneyColors」別館です。本館と連動して混雑予想以外にもディズニ ーリゾートの様々な情報をお伝えしています。

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 完全ガイド


効率の良い回り方・知っておくと役立つ情報

1.制限って何?せっかく行ったのに入園できないなんてあるの? ≪ 当日券の販売見合わせ

 ディズニーランド・ディズニーシーでは非常に混雑した場合に当日券(パスポート)の販売を中止する場合があります。パスポートがなければ入園できないため、入場制限と呼ばれています。つまり、制限がかかった場合せっかく舞浜まで行っても事前に購入した日付指定券を持っていなければ入園できません。
 この制限はディズニーランド・ディズニーシーが非常に混雑した場合にかかります。可能性が高いのはゴールデンウィークのピーク、お盆中のピーク、ハロウィン・クリスマス時期の土曜日です。特にクリスマス時期はディズニーシーが人気となるため、2011年には毎週末制限がかかるような状態でした。制限がかかるのはだいだい開園から2〜3時間後くらいで、解除されるのは14時や15時、遅いと17時や18時になることもあります。
 制限を避けるためにもっとも有効なのは前売り券を買うことです。詳細はチケットに関する項目で説明していますが、ディズニーストア等で日付指定券を買ったり、ディズニーeチケットを買ったりするのがもっとも有効です。


2.チケットブースの行列の避けたい!入園待ちの行列を避けたい! ≪ チケット等の事前準備

 アトラクションをまわる予定やレストランの確保をしっかりしていても、意外と盲点になるのがこの入園段階の混雑です。特定の時期の月曜日以外の平日であればそれほど気にする必要はありませんが、土日になると話は別で、ディズニーランド・ディズニーシーではかなりの列になることもあります。
 基本的にどちらもはやく行くしかないですが、まずチケットブースのほうは前売り券を買うことで並ぶのを避けることができます。 詳しくはチケットのページで説明していますが、日付指定券やディズニーeチケット、制限の可能性が低ければオープン券などを事前に購入していればそのまま入園できるのでディズニーランド・ディズニーシーでチケットブースに並ぶ必要はありません。
 しかし、ディズニーランド・ディズニーシーのチケットブースでしか購入できない割引パスポートについては事前に購入ができないため、当日のチケットブースでは1時間待ちになるようなこともあります。そのような期間においてはとにかくはやく行くことが大事でそれに尽きます。ディズニーランド・ディズニーシー混雑予想のページで首都圏スペシャルパスポートなどが販売されている期間であることが分かったら、その日は出来る限り早く行くようにするか、チケットを買うのにかなりの時間がかかることを念頭において予定を立ててください。
 もうひとつ入園待ちも意外と時間がかかります。混雑する日に開園時間ギリギリに行くと、入園するのに15〜20分ほどかかる場合もあります。特に開園時間が遅ければ遅いほど、その時間に人が集まりやすくなるため、9時や10時開園の日は注意してください。これの対策もとにかくはやく行くことです。入園待ちの列は1時間前を切ると急激に伸びてきます。はやく入園できればその分ファストパスもはやく取れて、1日がスムーズに過ごせるので、出来るだけはやく行きましょう。


3.レストランが大行列!食事をするのに1時間!? ≪ 様々なレストラン利用法

 ディズニーランド・ディズニーシーは非常に混雑する日(混雑レベルAやS)にレストランもかなりの列になります。どこのレストランも1時間待ち、ポップコーンも大行列、食べ物にありつけないという状態になります。いわゆる食料難民と呼ばれる状態です。特に危険なのがクリスマス期間で、混雑に加えて寒さと暗くなるのが早いせいか、夕飯の時間にはかなり混雑します。ちなみに2011年の12月25日にはとあるレストランで180分(3時間)待ちというのを目撃しました。そんなときの対処法を3つ紹介します。

(1)プライオリティ・シーティング
 まずはプライオリティ・シーティング(PS)です。これは優先案内してくれるシステムで、ファストパスのレストラン版だと思ってください。ランチとディナーどちらも予約できます。予約=席が用意してある、ではなく、優先案内=次に席が空いたら案内してもらえる、という点は誤解しないようにしてください。また実施している店舗は限られているので下記を参照してください。
 このプライオリティ・シーティングは当日の開園からレストランで受付もしていますが、1ヶ月前から電話で事前に予約することもできます。当日受付の終了時刻は混雑予想の結果として掲載しているので参考にしてください。しかし、一番手っ取り早いのは1ヶ月前に電話して予約しちゃうことなので、出掛ける日をきめたらすぐに電話したほうがいいです。予約はオフィシャルウェブサイトを確認してください。
 また、2012年6月20日からインターネットでも予約ができるようになりました。こちらも同様に1ヶ月前からですが、事前登録などが必要になります。詳しくはオフィシャルウェブサイトを確認してください。

東京ディズニーランドPS実施レストラン
・イーストサイド・カフェ
・レストラン北斎
・ブルーバイユー・レストラン

東京ディズニーシーPS実施レストラン
・リストランテ・ディ・カナレット
・レストラン櫻
・マゼランズ
・S.S.コロンビア・ダイニングルーム
・セイリングデイ・ブッフェ

(2)ショーレストラン
 こちらは東京ディズニーランド限定ですが、ショーを見ながら食べられるレストランもあります。「スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー」と「ポリネシアンテラス・レストラン」です。それぞれランチとディナーで別のショーが行われていますが、「ポリネシアンテラス・レストラン」のランチショー「リロのルアウ&ファン」ではミッキー、ミニー、チップ、デール、スティッチ、リロがテーブルに回ってきてくれて一緒に写真撮影ができるため、大変人気となっています。
 ショーレストランは基本的に1ヶ月前からの事前予約のみになります。しかも、土日などでは予約開始後30分で満席という状況にもなるので、行くのであれば1ヶ月前にPCの前で待機して開始と同時に予約する必要があります。ただ、混雑も避けられてショーも食事も非常に良いものなので、予約する価値は十分にあります。せっかく出掛けるのであればこういった施設を利用するのも良いのではないかと思います。
予約についてはオフィシャルウェブサイトをご覧ください。

(3)ディズニーホテル内のレストラン
 レストランはパーク内だけでなく、ディズニーランドホテルやミラコスタ内にもあります。こちらは6カ月前から予約ができ、たまには贅沢な食事をしてみるのもいいのではないかと思います。
 特にミラコスタのレストランではテラスからショーを見ることができる場所もあります。「ファンタズミック!」など人気のショーを普段見ることのできない贅沢な場所から鑑賞できるので、こちらも非常にオススメです。ただし、こちらも土日などは埋まりがかなり早いため、1〜2カ月前ではすでに予約がいっぱいということも考えられます。かなり事前に予定を組んだ方向けですし、こちらの場合は悪天候の場合はショーが中止になるリスクもあります。
こちらの予約も(1)と同様のページに予約方法が掲載されています。







4.お土産を買おうとしたらバーゲンセール状態!ろくに品物も選べない! ≪ 買い物のコツ

 ディズニーランド・ディズニーシーのショップは、時間がたてばたつほど混雑してきます。やはり帰りがけに買う人がほとんどなので、夜にもなると店内はごった返しという状態になります。そのような状態ではろくにお土産を選ぶことができません。
 このような混雑を避けるのは簡単でとにかく早い段階で買うことです。出来れば午前中、遅くとも15時より前には見ておきたいところです。一番いいタイミングは開園から来てある程度アトラクションに乗りファストパスも取って、そろそろどこも混んできて待ち時間が長いから乗るのがないなという11時頃です。
 もっとも、買った後で困るのがその買った物が荷物になるということです。そのときに便利なのがコインロッカーです。ディズニーランドもディズニーシーもエントランス近くにかなりの数のコインロッカーがあるので、早い時間に買ったらここに入れてしまうのがいいです。あとは遊んでいる途中に見つけた小物くらいであれば買って持っていても邪魔にはならないはずです。


5.ファストパスってどういう仕組み?どうやって取ればいいの? ≪ ファストパスの活用法

 すでに説明をする必要がないかもしれませんが、ディズニーランド・ディズニーシーではファストパスというアトラクションにほとんど並ばずに乗れる素晴らしいシステムがあります。しかし、そのファストパスも自由に取れるわけではなく、しっかりと制限がかけられています。
 ディズニーランド・ディズニーシーのファストパスのルールは1つのパスポートにつき1枚発行したら以下のAとBの早いほうの時間までは次のファストパスは発行できないということです。
A発券したファストパスの開始時間
B発券した時間の2時間後
 ただし、もう1度同じアトラクションのファストパスをとる場合は必ずAの時間になります。以下に例をあげておきますが、これらは左の写真のようにファストパス自体にも記載されています。なお、ファストパスはひとりが全員分のパスポートを持って行っても発券することができます。

例1:11時にスプラッシュをとったら15:00〜16:00だった
⇒スプラッシュは15:00にならないと取れない(ルールA)
⇒他のアトラクションは13:00にならないと取れない(ルールB)

例2:11時にスプラッシュをとったら12:00〜13:00だった
⇒全アトラクション12:00にならないと取れない(ルールA)


6.ひとりなら並ばずに乗れるの?シングルライダーって何? ≪ シングルライダーの仕組み

 特定のアトラクションではひとりの方を対象に、空いた席に優先して案内してもらえるシングルライダーというシステムがあります。例えば2人掛けのアトラクションで、3人グループの人が来た場合にはひとつ席が空きます。そのような場合にひとりの方が案内してもらえるというもので、逆に言えばひとり分の席が空かない限り案内してもらえません。
 実施しているのはディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」、ディズニーシーの「インディ・ジョーンズ」「レイジング・スピリッツ」です。しかし、レイジング以外は専用レーンがないため、実施は不定期です。空いていれば実施していませんし、逆に混雑しすぎた場合には実施しないときもあります。時間帯もアトラクションによってまちまちで、お昼過ぎにしか実施しない場合も多いので、ひとりで乗りたい方はアトラクションのキャストさんに確認してください。
 またこれと同様のシステムでアトラクションの交代利用というシステムもあります。例えば、子供が身長制限で乗れないけど、両親がそれぞれ交代で乗りたいという場合に優先して案内してもらえますが、こちらについても実施しているかキャストさんに確認しないとわかりません。


7.荷物だけで場所取りはいいの?シートは? ≪ ショーパレ待ちの注意点

 ディズニーランド・ディズニーシーでショーやパレードを待つ際にはいくつか注意すべき点があります。まず、ショーパレ待ちのときには必ず誰かがその場に残る必要があります。荷物を置いてということはできません。悪質な場合はキャストさんに荷物ごと撤去されます。
 そして、基本的に座り見の場所では1時間前からシートを広げて待つことができますが、それより前は広げて待つこができず、自分の座るスペース(お尻の大きさ)までしか敷くことができません。
 次に立ち見の場合も座って待つことはできますが、最終的に立ち上がるためスペースを大きくとって待つことはできず、自分の座るスペースのみ敷くことができます。また、立ち見の場合は混んでくると30分前や15分前から立って待つ場合もあります。
 また、特にディズニーシーの場合が多いですが、鑑賞場所が入れ替え制という場合もあります。その場合はショーの回ごとに別の場所に列が作られることがほとんどなので、ショーパレ待ちをする場合はキャストさんによく確認してください。 なお、このサイトやブログでもチョーパレ待ちの状況を紹介しているので、特にイベントなどの最新情報はブログ等で確認してみてください。


8.混み過ぎで何も出来ない!いい方法はないの? ≪ ガイドツアーの利用

 ディズニーランド・ディズニーシーではガイドツアーが用意されていて、アトラクションに優先案内してもらえたり、ショーやパレードを専用の鑑賞エリアから見れたりと様々な特典があります。激混みの日はこういったツアーを活用すればアトラクションにも乗れて、ショーやパレードもあまり待つことなく見れるのでかなり有効ですし、ガイドさんの様々な話を聞きながらパークを歩くことができます。
 ただし、混雑する日はかなり早い段階で受付け終了となるので、開園してすぐに受付を済ます必要があります。このガイドツアーの受付終了時刻も混雑予想の結果として掲載しているので、参考にしてください。以下は2012年4月時点でのガイドツアーです。
詳しくはオフィシャルウェブサイトをご確認ください。

(1)スタンダードツアー
 こちらは最大10名のグループツアーです。中学生以上は3,500円、4歳〜小学生は2,000円です。ディズニーランドは「ビッグサンダー・マウンテン」「イッツ・ア・スモールワールド」「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」と、「ハピネス・イズ・ヒア」を見ることができます。ディズニーシーのほうでは「タートルトーク」と「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に乗ることができ、さらに「レジェンド・オブ・ミシカ」か「ファンタズミック!」のどちらかを見ることができます。
「ファンタズミック!」を専用の鑑賞エリアで見ることができるので、ディズニーシーではかなり人気のツアーになっています。鑑賞エリアの場所についてはこちらのファンタズミック鑑賞ガイドをご覧ください。

(2)プレミアムツアー
 こちらは1グループ6名までで21,000円(6人なら1人約3,500円)のツアーです。ディズニーランド・ディズニーシーともにファストパスがなくてもファストパスのルートが利用できて、アトラクションに乗ることができます。人気アトラクションに乗りたいのであればかなり有効なツアーです。
 またショー鑑賞のほうもディズニーランドは「ワンマンズ・ドリームU」か「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を専用の鑑賞エリアから見ることができ、ディズニーシーでは「ビッグバンドビート」と「ミスティックリズム」を見ることができます。