Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの混雑予想・結果・実績を掲載しています 。アトラクションの待ち時間を中心に予想し、実際の待ち時間・ファストパス発券時間 なども掲載。また、ショー・パレードの待ち状況も出来る限り詳しく解説しています。 ディズニーブログ「DisneyColors」別館です。本館と連動して混雑予想以外にもディズニ ーリゾートの様々な情報をお伝えしています。

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 完全ガイド



アトラクション別攻略・TDL東京ディズニーランド編

1.東京ディズニーランドのアトラクション

 東京ディズニーランドのアトラクション全体の傾向です。
 まずは東京ディズニーシーもそうですが、開園したあとは人気のアトラクション、東京ディズニーランドで言えばビッグサンダー、スプラッシュ、ハニーハント、ミートミッキー、スペース、バズ、モンスターズインクに人が集中します。 そして、11時頃に待ち時間の最初のピークを迎えます。開園直後の流れに乗り遅れた場合はムリしてスタンバイに並ばずに、ファストパスをとって他のアトラクションに行くのがいいでしょう。
 これに対して、それ以外のアトラクションは午前中は空いています。午後に入ると人気アトラクションに集中していた人がバラけはじめるのと入園者数が増えてくることもあり次第に混雑し始め、パレードの時間にもよりますが大体15〜16時頃に待ち時間のピークを迎えます。 上記の人気アトラクションもこの時間に2回目の待ち時間のピークを迎えることが多いです。ですので、この時間にムリに並ぶよりは食事や買い物やショーパレードに回したほうが時間を有効活用できます。
 東京ディズニーランドの特徴は全体的に待ち時間の変動が少ないことです。だいたいどのアトラクションも待ち時間が一気に減ったり、一気に伸びたりということが少なく安定しています。それだけ人が均等に散らばっているということなので、待ち時間を見てつらいなと思ったらファストパス中心で回る方針に切り替えるのが得策です。


2.ビッグサンダー・マウンテン

 安定した人気のジェットコースタータイプのアトラクション「ビッグサンダー・マウンテン」です。東京ディズニーランドの中では一番手ではありませんが、かなりの人気で常に安定した待ち時間を出すアトラクションです。
 開園から閉園まで常に安定して長い時間になりますが、スタンバイの狙い目は開園直後(30分以内)・パレード中・閉園間際です。もっとも、そのような狙い目の時間でも混雑する日はかなりの待ち時間になるので、ファストパスを使用して乗るのがいいでしょう。
 このアトラクションのファストパスはスプラッシュよりは多少長く発券している場合が多く、混雑している日でも昼過ぎまで残っていることもあります。他のアトラクションとの兼ね合いでファストパスがとれればそちらで乗るほうが時間の短縮になります。


3.スプラッシュ・マウンテン

 東京ディズニーランドではモンスターズインクと並ぶもっとも人気の急流すべりのアトラクション「スプラッシュ・マウンテン」です。こちらも開園から閉園までずっと安定して長い待ち時間になるアトラクションです。また、夏前後の暑い日には待ち時間が伸びるという珍しいタイプのアトラクションです。
 もっとも人気のアトラクションではありますが、ファストパスの発券が終了するのはモンスターズインクやハニーハントよりも遅い場合が多く、スタンバイが長くなるのが特徴のアトラクションと言えるでしょう。従って、出来るだけファストパスを使用して乗るのがよいです。
 スタンバイで乗る場合はやはり開園直後(30分以内)・パレード中・閉園間際です。特にこのアトラクションはパークのもっとも奥まった場所にあるので、閉園間際は意外と空いていることが多いです。

4.ピーターパン空の旅 / 空飛ぶダンボ

 この2つのアトラクションは非常に回転効率が悪いため、いつもかなりの待ち時間になります。平日でも30分以上、混雑するときには60分〜90分という待ち時間になることもよくあります。
 このようなアトラクションはいつも午前中はそれほど混まず、午後になってからどんどん混雑してくる傾向が強いので、乗るのであれば開園〜正午あたりまでで、午前中に済ますのがコツです。夜になってもなかなか待ち時間は減ってきません。


5.ホーンテッドマンション

 お化け屋敷のような亡霊の館を回るアトラクション「ホーンテッドマンション」です。こちらの特徴はなんと言ってもハロウィン〜クリスマスの時期の限定バージョン時は他の人気アトラクション並みにかなり混雑するということでしょう。
 まずは普段このアトラクションは空いているときには空いてますが、やや混雑する土日(混雑レベルというとC以上)になると急激に待ち時間が伸びてきます。ですので、平日などは特に対策は必要ないですが、土日はスタンバイで乗るのは難しい場合もあります。
 そのような土日や限定バージョン時にいかに乗るかですが、まずはファストパスです。このファストパスも他の人気アトラクション並みに早く発券終了になるので、後回しにしているといつの間にか発券終了ということにもなります。 スタンバイで乗る場合は開園直後(1時間以内)か夜の遅い時間です。このアトラクションは夜になるとある程度空いてくるので狙い目でしょう。


6.プーさんのハニーハント

 プーさんの物語を体験するアトラクション「プーさんのハニーハント」です。海のほうに現れた別の熊の台頭があり、最近は人気が薄れて来たプーさんですが、アトラクションのほうも最近はモンスターズインクやスプラッシュのほうが人気の傾向があります。
ですが、やはり人気のアトラクションで開園から閉園まで長い待ち時間を維持し続けるアトラクションです。また、待ち時間はスプラッシュに及ばないことが最近が多いですが、ファストパスがなくのはこちらが先になることが多いです。
 以上のことを考えると、他にモンスターズインクやスプラッシュにファストパスを回したい方はこちらを開園直後などにスタンバイで乗るほうが得策だと思います。なお、閉園間際でもなかなか待ち時間は減ってきません。


7.シンデレラのフェアリーテイル・ホール

 シンデレラの物語を展示形式で見ていくアトラクション「シンデレラのフェアリーテイルホール」です。シンデレラ城内部に入ったあとは自由に歩いて展示物を見ることができ、あまりアトラクションという感覚はないものです。
 このような性質のアトラクションのため、ピーターパンやダンボ以上に回転効率が悪いアトラクションです。そのため、待ち時間は常に30分を超えるような状態となっています。チャンスは開園直後とパレード中。それ以外は夜まで常に長い待ち時間となります。
 パレード中は非常に空くので、このときが狙い目です。パレードが一番最初に通り過ぎるファンタジーランド(ホーンテッドマンション前など)で見て、そのあとすぐに向かえばあまり待つことなく入れます。パレードが遅く来る場所で見てからではすでに列が長くなっていることが多いので注意してください。


8.ミッキーの家とミートミッキー

 ミッキーとグリーティングができるアトラクション「ミッキーの家とミートミッキー」です。こちらも開園から閉園まで長い時間を維持し続ける人気のアトラクションです。
 特徴はグリーティング施設という性質から平日での空いている日でも30〜60分程度の待ち時間で推移することが多く、なかなか待ち時間が減ることはありません。狙い目の時間は開園直後(30分以内)・パレード中・夜です。
 開園したあとはどんどん待ち時間が伸びて午前中にもっとも混雑する時間を迎えて、午後に落ち着いて安定して推移するというパターンが多いので、入園するのが少し遅れた場合は夜などに回したほうがいいです。


9.スペース・マウンテン

 東京ディズニーランドのジェットコースターではもっとも速いスリルあるアトラクション「スペース・マウンテン」です。3山の中ではもっとも人気のないアトラクションで、休日でもあまり待ち時間が伸びないことがあります。 また、ファストパスも15時を過ぎて遅くまで発券していることも多いです。最後にとるファストパスとして残しておく候補の筆頭でしょう。
 もっとも、1〜3月のキャンパスデー期間の高校入試などで学生が客層の大半を占める日だとスプラッシュと並ぶ人気となります。スタンバイで空いている時間は開園直後(1時間以内)・パレード中・閉園間際ですが、こちらは最後のファストパスで乗り、貴重な開園直後は他のアトラクションを回るほうが得策です。


10.バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

 スペースレンジャーとなってバズとともにザーグと戦うシューティングタイプのアトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」です。こちらはスペースと同程度の人気で、現在はパークでは5番手あたりということになります。
 このアトラクションの特徴はやはり子供に人気で、家族連れの多い土日などの休日に一気に待ち時間が伸びてくる点です。また、ファストパスがなくなるのもスペースより早いことが多いです。
 もっとも、そのような家族連れに人気という性質上、夜になると少し空いてくることが多いです。ですので、開園直後(1時間以内)や夜の時間帯が空いています。こちらはパレードルートに近いところにあるので、パレード直後は人が殺到してかなり待ち時間が伸びます。


11.モンスターズインク"ライド&ゴー・シーク!"

 愉快なモンスターたちとかくれんぼをして、サーチライトで見つけ出すアトラクション「モンスターズインク"ライド&ゴー・シーク!"」です。こちらはオープン後に不評のためいったん人気が落ちましたが、オープンしてたった1年でリニューアルをするという異例の対応で現在はスプラッシュと並ぶ一番人気のアトラクションです。
 特徴はパークの入り口にもっとも近い人気アトラクションということで、ファストパスがなくなるのがもっとも早い、閉園間際になっても待ち時間が全然減らないという点です。特に閉園間際は帰りがけで乗って行く人が多く、待ち時間はスプラッシュに比べてかなり長くなります。 そのため、乗るなら開園直後(30分以内)か、素直にファストパスを取得するのがいいでしょう。このアトラクションに乗るのにもっとも有効なのはなるべく早くから開園を待つことです。
 なお、よく攻略サイトには開園したら時計回りでパークを回ると書いてありますが、たしかにそうすると混雑は避けられます。しかし、このアトラクションはその後もずっと長い待ち時間を維持し続けるので、結局は乗れるチャンスを逃すことになります。このアトラクションに関しては、乗りたいならもう真っ先に向かうべきです。