Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの混雑予想・結果・実績を掲載しています 。アトラクションの待ち時間を中心に予想し、実際の待ち時間・ファストパス発券時間 なども掲載。また、ショー・パレードの待ち状況も出来る限り詳しく解説しています。 ディズニーブログ「DisneyColors」別館です。本館と連動して混雑予想以外にもディズニ ーリゾートの様々な情報をお伝えしています。

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 混雑予想カレンダー

Disney Colors 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 完全ガイド


雨の日対策・舞浜の天気

1.雨だとアトラクションは止まっちゃうの?パレードやショーは? ≪ 雨の影響

 ディズニーランド・ディズニーシーでは雨の日でも基本的にアトラクションは運営しています。台風並みの大雨や強風、雪、雷といった状況にならない限り、ほとんどが通常通り運営しています。
 これに対して大きく影響を受けるのはショーやパレードで、雨の降り具合にもよりますが屋外のものはほとんど中止と考えていいでしょう。なお、雷が鳴った場合には雨が降っていなくてもショーやパレードは中止になります。

 ディズニーランドのパレードは雨に弱いですが、代わりに雨の日限定パレードもあります。詳しくはこのあとの項目で説明します。「ワンス・アポン・ア・タイム」は台風並みでなければパイロ(花火)カットで公演されます。
 また、ディズニーシーでも「ファンタズミック!」はある程度の雨なら公演されます。


2.レインコートと傘どっちが便利? ≪ 雨の日にあると便利なもの

 ディズニーランド・ディズニーシーで行動する場合にはやはりレインコートがあるほうが便利です。特に屋外のアトラクションを見る場合や少しの雨が降っているときにショーを見る場合には大変便利です。そのため、雨の日は基本的にレインコートで行動するのが良いと思います。

 次の項目で触れますが、レインコートは透明のものもキャラクター柄のものもディズニーランド・ディズニーシー内で販売されています。
 ただ、レインコートの問題点は屋内のアトラクションに乗るときやレストラン・ショップに入るときには脱がないといけないということです。もちろんパーク内で販売されているものも入れるケースはついていますが、当然たたまないと入らないのでアトラクションを巡っているとかなり面倒です。
 そこで、少し大きめのビニール袋をひとつ持っていき、脱いだらある程度水滴を落としてそれに突っ込むとかなりラクになります。
 結局自宅へ帰るのに傘は必要になりますが、雨の程度を見て可能な限りパークではレインコートで行動するのがよいでしょう。


3.突然の雨!雨具を買いたいけどやっぱりディズニー価格? ≪ パークで買える雨具

 ディズニーランド・ディズニーシーでは傘やレインコートといった雨具が販売されています。価格はオリジナル商品でなければそれほど高くありません。

 レインコートは白い半透明のものと、ミッキーやミニーのキャラクター柄のもの(レインポンチョ)があります。キャラクター柄のレインポンチョはだとバッグも含めてすっぽり入りますし、かなり防水性の高い素材になっています。


4.雨の日はやっぱり楽しめない?何か特別なことはないの? ≪ 雨の日限定モノ

 最初の項目で説明したようにアトラクションもよっぽど悪天候でなければ通常運営なので楽しめないということはないですし、逆に空いている雨の日ならではの楽しみ方もあります。

(1)雨の日のショー・パレード
 まず、雨の日のショーやパレードですが、雨の程度により、キャラやダンサーがレインコートを着用、ダンサーはカット、中止というように様々な対応があります。基本的に1日中雨が降っているような日には中止の可能性が高いと思ったほうがいいかもしれません。
 唯一ディズニーランドでは「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」が中止になった場合、かわりに雨の日限定パレード「ナイトフォール・グロウ」が行われる場合があります。こちらはこのパレードだけでのフロートや衣装ですが、非常に短いものですので待ってまで見るほどのものではないかもしれません。
 そうなると屋内のショーを楽しむことが考えられますが、ディズニーランドでは「ワンマンズ・ドリームU」、ディズニーシーでは「ビッグバンドビート」「ミスティックリズム」「マイ・フレンド・ダッフィー」が屋内のショーになります。また、「ワンス・アポン・ア・タイム」は台風並みの天気にならない限り公演されます。

(2)雨の日その他の雨要素
 他に雨の日にしか見れないものもあります。左の写真のカッパを着たミッキーは雨の日限定です。ただし、雨がふつうに降っている状況だと屋根の下でグリーティングを行うため、外でカッパを来たミッキーを見るのは難しいです。
 雨の日にディズニーシーの「アブーズ・バザール」では雨の日限定ピンバッジが登場するなど、いくつかの雨の日にしか見れないものがあります。



5.パレードもショーも花火も中止に…風って意外と厄介? ≪ 強風の影響

 雨と同じくらい厄介なのが風です。ディズニーランド・ディズニーシーはともに東京湾に面した場所にあるので、普段から非常に風が強い場所になっています。
 風の影響をもっとも受けるのは花火関係です。夜に行われる花火「ハピネス・オン・ハイ」は強風のために中止になることがかなり頻繁にあり、実は見れることが意外と少ないものになっています。

 「ワンス・アポン・ア・タイム」や「ファンタズミック!」ではショー中に花火が使われますが、これもカットされたりもします。他にも演出がカットされることも多いです。
 また、ディズニーランドではスペシャルイベントのパレードは途中で停止してショーモードとなる場合がほとんどですが、強風だとこの停止がなくなり通過のみになることが多いです。特に3回目の停止場所(トゥモローランド・トゥーンタウン)は風の強い場所なので、3回目だけ通過になりやすいです。


6.暑い夏でも大丈夫?冬はどれくらい寒い? ≪ 舞浜の天気と持ち物

 まず暑さの影響ですが、あまりに暑いとディズニーランド・ディズニーシーのショーやパレードは内容変更や高温のために中止になります。そのため夏場は注意が必要ですし、ショーを見る側も熱中症の危険があり、毎年運ばれていく方をよく目撃するので気を付ける必要があります。
 特にディズニーランド・ディズニーシー内は常に日差しのある状況になることが多いので、水分補給は渋らずに行ってください。ショー待ちも人が密集するところで立ち見となると、かなり危険です。

 続いて寒さの場合ですが、こちらはショーなどに影響が及ぶことはほとんどないです。かなり寒い場合には「スプラッシュ・マウンテン」など水を扱うアトラクションで開園直後に凍結のため休止することがあります。
 むしろ寒い時期に気を付けなければいけないのは私たちゲスト側で、特に前の項目で説明したようにディズニーランド、ディズニーシーは非常に風の強い場所となるため、夜は体感気温がかなり低くなります。 ディズニーランド・ディズニーシーでショーやパレード待ちをするなら、地面がかなり冷たいのでキャンプ用の断熱シートを持ったり、ブランケットを持ったりと荷物になってでも十分な対策が必要です。