東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2017
東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2017


東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”
「“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”グリーティングドライブ」


東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”
「“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”グリーティングドライブ」

 ディズニーシーの15周年イベント「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」のグリーティングプログラム「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」鑑賞ガイドです。

 このグリーティングプログラムでは、15周年イベントのコスチュームのミッキーたちに会うことができます!
 バケーションパッケージの特定のプラン以外で15周年コスチュームのミッキーたちに会うには、ハーバーショーとこの「“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”グリーティングドライブ」しかありません。

 しかし、ディズニーシーでは珍しい形で公演されているエンターテイメントプログラムになるため、注意すべき点がいくつかあります。
 この鑑賞ガイドでは、グリーティングプログラムを見れるポイントや鑑賞するときに気を付ける点を解説していきます。


出演キャラクターはランダム!1回に4人が出演!

 まず、出演するキャラクターがランダムとなっていて、1回に出演するのは4人だけです。
 公演回数が1日に1回か2回になっているため、限られたキャラクターしか見ることができません。

 「ビッグシティ・ヴィークル」に乗ってキャラクターたちが登場し、左右にそれぞれ二人ずつになります。

 鑑賞する際にはヴィークルの左右どちらかに居ることになるので、間近で見れるのは二人だけと思っておいたほうがいいです。
 逆側のキャラクターまでは見れません。ただし、走行ルートを考えておけば左右両方で見ることも可能です!


「“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”グリーティングドライブ」走行ルート

 その走行ルートが上の図になります。
 公演場所はアメリカンウォーターフロント。「タワー・オブ・テラー」と「セイリングデイ・ブッフェ」の間から出発し、ここから帰っていきます。

 15周年イベントがスタートした直後はかなりの人で混雑しそうですが、小規模で十数秒しか見れないものなので、すぐに落ち着くと予想しています。
 入園制限レベルの混雑日は厳しいですが、平日やそれほど混雑していない土日であれば、待つ必要は無いと思います。

 先ほどの項目で説明したとおり、基本的にヴィークルの片側に乗っているキャラクターしか見ることができませんが、行きと帰りも通る場所で見れば、1度に全てのキャラクターを見ることができます。
 それがこちらの水色の★マークがついている箇所です。

 ヴィークルの出入り口に近い「セイリングデイ・ブッフェ」周辺は、行きも帰りも通ります。
 同じ側にいれば、向きを変えて帰ってくるので、それだけで両側のキャラクターを見ることができます。

 同様に「レストラン櫻」からS.S.コロンビア号方面への場所でも、待っていればそれだけで両側のキャラクターを見ることができます。

 ヴィークルを追いかけたり、場所を変えたりということは、危険です。特に混雑時は危ないので絶対にやめましょう。

公演時間がショースケジュールで見れるように!

 この「“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”グリーティングドライブ」は当初は公演時間が非公表でした
 しかし、5月からは公演時間がショースケジュールに掲載されるようになりました。これで事前にスケジュールを立てやすくなるので、しっかりショースケジュールを確認してください。