東京ディズニーシー ディズニー・サマーフェスティバル2016
「ミニーのトロピカルスプラッシュ」


はじめに

 ディズニーシーの夏イベント「ディズニー・サマーフェスティバル2016」のメインショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」鑑賞ガイドです。

 夏イベント期間に公演されるハーバーショー。夏イベントの醍醐味は濡れることですが、ずぶ濡れになるためにもしっかりとした準備が必要!

 この鑑賞ガイドではどのキャラが、どこに来るのか、各キャラクターの動きを実際の写真と共に徹底的に解説するとともに、ずぶ濡れ対策も解説しています!ぜひ参考にしてみてください♪。

【出演キャラクター】
・ミッキーマウス
・ミニーマウス
・ドナルドダック
・デイジーダック
・チップ
・デール
・クラリス
・グーフィー
・ホセ・キャリオカ
・パンチート

東京ディズニーシー ディズニー・サマーフェスティバル2016「ミニーのトロピカルスプラッシュ」
鑑賞ガイド(ショーの流れ)

 今年の「ミニーのトロピカルスプラッシュ」では登場キャラクターにホセとパンチートが加わりました。
 ショーの前説的な形でホセとパンチートが登場して、一旦退場します。

 その後、他のキャラクターたちが船に乗って登場し、ショーの中盤までは海上にいます。

 中盤に各キャラクターが上陸し、各地点でバナナダンスを踊ります。
 この間に再びホセとパンチートが海上に登場します。

 最後は全員が船に乗り込み、退場していくという流れになっています。

 この鑑賞ガイドでの解説は、主に中盤でのキャラクター上陸時の動きを解説しています。

A.リドアイル(ドナルド)
 ずぶ濡れ度:★★★★★

B.スロープ(グーフィー)
 ずぶ濡れ度:★★★☆☆

C.ミッキー広場(ミッキー)
 ずぶ濡れ度:★★★★☆

D.バケーションパッケージ専用エリア周辺(デール)
 ずぶ濡れ度:★★★★☆

E.ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前(チップ)
 ずぶ濡れ度:★★★★☆

海上:ミニー、デイジー、クラリス

海上:ホセ、パンチート


東京ディズニーシー ディズニー・サマーフェスティバル2016「ミニーのトロピカルスプラッシュ」
鑑賞ガイド(場所・キャラクター別の解説)

A.リドアイル(ドナルド)

A.リドアイル(ドナルド)


 メディテレーニアンハーバーの、火山に向かって左側に位置する出島・リドアイルです。

 リドアイル内は最前列から全て立ち見です。階段上の高台には車椅子エリアがあります。

ドナルドがずっとここに滞在!



 ここには中盤から終盤にかけて、ドナルドがずっといてくれます。
 ドナルドが見たい方はここで間違いありません。

 他にも一瞬ではありますが、上陸して移動していくミッキーや、船に乗り込むグーフィーも来る場所になります。

ずぶ濡れ度MAX!


 ディズニーシーだけなくディズニーランドも含めて、夏イベントでもっとも濡れる場所が、ここリドアイルです。
 前方にいると序盤からバケツの水でずぶ濡れになります。それ以外でもリドアイル内であれば、終盤のホースでの放水で前を向けないほど水を浴びることができます。

 人が密集する+すごい放水量で、もっとも盛り上がる場所と言えます。
 ドナルドが見たい人以外にも、とにかく濡れて楽しみたい人も、ここを選んでおけば間違いありません。

B.スロープ(グーフィー)

B.スロープ(グーフィー)


 グーフィーはE「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前から上陸し、メディテレーニアンハーバー沿いを歩きながらスロープのお立ち台にやってきます。
 最後はAリドアイルから、ドナルドとともに船に乗り込みます。

グーフィーを見るなら最前列を狙う



 グーフィーのお立ち台がある場所は、ミッキー広場からリドアイルへと向かうスロープ(坂道)の途中です。
 人垣ができるくらい混雑するとほとんど見えないので、長時間待ってこのあたりの最前列を確保する必要があります。

お立ち台の位置に注意!



 お立ち台が置かれる場所の目安は、ハーバーに停泊している赤と青のゴンドラとすぐそばの街灯です。
 上の写真を目安に場所取りをしてみてください。

 この場所はそれほど広く無い上に、後方に通路があるため、放水量はそれほど多くありません。
 また、グーフィーが来る前に、ミッキー広場へと向かうミッキーが通ります。

ミッキー広場側にキッズエリアがあります


 グーフィーのお立ち台のそばには、キッズエリアが設けられています。
 スロープを下りきったところにある、ミッキー広場側のキッズエリアです。

 昨年はスロープを上って、リドアイルに繋がる橋の入り口付近にもありましたが、今年は無くなりました。

C.ミッキー広場(ミッキー)

C.ミッキー広場(ミッキー)


 ミッキー広場のステージには、ミッキーがやってきます。
 前から立ち見ですが、ステージがそれなりに高いので、後方からでも見ることができます。

ミッキー好きは広場一択



 放水量はリドアイルに比べると少ないですが、十分濡れることができるレベルです。

通路にいれば間近に見るチャンスも!



 ミッキーはAリドアイルから上陸し、E「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前から船に乗り込むため、メディテレーニアンハーバー沿いであればどこでも見るチャンスがあります。

 通路沿いにいると、すぐ近くで見ることもできます。

D.バケーションパッケージ専用エリア周辺(デール)

D.バケーションパッケージ専用エリア周辺(デール)



 バケーションパッケージ専用エリアには、デールがやってきます。
 ここは海面に近い高さで船にも近いため、船からの放水が凄まじく、意外と濡れる場所です。


 デールはE「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前からチップとともに上陸し、最後もEから船に乗り込みます。

デールのお立ち台はスピーカーを目安に!



 デールのお立ち台はかなり見難い場所にあります。
 バケーションパッケージ専用エリアの真ん中にあるスピーカーの正面あたりになります。

 バケーションパッケージ専用エリアの後方が一般ゲストも見れる立ち見エリアになりますが、スピーカー目安に場所取りをしてください。

 また、この場所は移動するグーフィーとミッキーが通っていくのを見ることができます。

 このエリアのミッキー広場寄りには車椅子エリアがあります。
 かなり広い場所で、どちらかというとCミッキー広場を横から見る場所になります。

E.ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前(チップ)

E.ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前(チップ)



 「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前のステージにはチップがやってきます。
 中盤でここから上陸したチップは、最後にここから船に乗り込むまで、ずっとここにいてくれます。

 他にも、デールが一緒に上陸して移動した後、最後にここからまた船に乗り込みます。
 また、上陸するグーフィーや、ここから船に乗るミッキーも見ることができる場所になります。

チップを見るならここ!



 このあたりは段差や木もある場所ですが、石垣より前も鑑賞エリアになっていて、左右にかなり広い場所になっています。
 放水量はリドアイルに比べると少ないですが、十分濡れることができるレベルです。

海上:ミニー、デイジー、クラリス

海上:ミニー、デイジー、クラリス


 ミニー、デイジー、クラリスは登場してから最後までずっと海上にいて、上陸することはありません。

できるだけ船の航路に近い場所で!


 出来るだけハーバー沿いになる場所で見るとよく見えます。
 ステージがあるC.ミッキー広場やE.ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前は見にくいですが、B.スロープやD.バケーションパッケージ専用エリア周辺はオススメの場所です。

海上:ホセ、パンチート

海上:ホセ、パンチート


 ホセとパンチートは序盤に登場し、終盤に再登場します。
 登場している間はずっと海上にいて、上陸することはありません。

できるだけ船の航路に近い場所で!


 そのためミニーたちと同様に、出来るだけハーバー沿いになる場所で見るとよく見えます。
 ステージがあるC.ミッキー広場やE.ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前は見にくいですが、B.スロープやD.バケーションパッケージ専用エリア周辺はオススメの場所です。

防水・ずぶ濡れ対策

どのくらい濡れる?

 まずは“どのくらい濡れるか”ですが、「ミニーのトロピカルスプラッシュ」はハーバー沿いならほとんどの場所で服が絞れるほど濡れます。

 もっとも放水量の多いリドアイルの場合、前からだけなく後ろからの放水もあるため、全身くまなく濡れることができます。
 どの場所でも最前列付近は、ダンサーによるバケツでの水かけがあり、場合によっては頭からバケツいっぱいの水をぶちまけられるほど濡れます。

バッグが丸ごと入るビニール袋は必須!


 夏イベントのショーを見るのに絶対に必要なのは、自分の身体以外の荷物が丸ごと入るビニール袋です。

 いろいろ準備をしてなかったとしても、服なんかはこの時期であれば自然乾燥でなんとかなります。
 しかし、どうにもならないのが荷物です。

 放水量の多い「ミニーのトロピカルスプラッシュ」は、荷物も確実にずぶ濡れになるので、そのままにしておくとバッグの中身も全て浸水します。
 パスポートはもちろん、カメラやスマートフォンも全部浸水します。そのため、荷物が丸ごと入るビニール袋だけは絶対に必要です!

 これさえあればなんとかなるので、とにかく荷物を入れる袋だけは用意してください。

 パークではこちらのビニールバッグも販売されています。
 A4の雑誌が4冊も入るかなり大きなビニールバッグなので、よっぽど大荷物でなければこれで安心です。

 ただし、売り切れる可能性も否定できないので、念のため大きなゴミ袋などがあると良いでしょう。

服装、あると良いもの


 あとは必須のものは特にありませんが、大きめのタオルはあったほうがいいです。

 服に関しては、この時期であれば自然に乾きます。
 念のため着替えがあるといいかもしれません。

 「ミニーのトロピカルスプラッシュ」は、特にリドアイルなど激しい放水がある場所だとレインコートを着ていても、服まで濡れることがあります。
 美容室のように首元にタオルなど入れて隙間を埋めないと、濡れずに見ることはかなり難しいです。

 服のまま濡れに行く方は、できるだけラフな・乾きやすい恰好が良いです。ジーンズにスニーカーなどはもう最悪です。
 「ミニーのトロピカルスプラッシュ」は前を向けないほど激しい放水があるため、女性は化粧を諦めたほうがいいでしょう。

カメラの防水対策


 写真を撮る方にとっては、カメラの防水対策も必要です。
 特にデジタル一眼レフカメラは高価な上に、修理代も高くつくため、濡れそうにない場所でも念には念を入れるべきです。

 ディズニーランドの「彩涼華舞」とは異なり、「ミニーのトロピカルスプラッシュ」は放水量が多い+多方向からの放水になるため、いくら防水対策をしても壊れる可能性が高いです。

 対策のポイントは“防水”と“熱”です。
 カメラ用のレインカバーもありますが、雨を想定して作られたカバーなので、このショーで使用するのは危険です。

 ホースでの放水は勢いもありますし、バケツの水をかぶる可能性もあるし、そのような状況下で使用するにはラップやビニールで密閉するしかありませんが、今度は真夏の暑さも相まって高温で壊れます。

 このショーを撮影するのであれば、水中でも使用できる機器を使うか、濡れないところで撮ることです。
 それ以外は撮影をオススメしません。立ち見で人が密集して盛り上がると接触する危険もあり、いろんな面で撮影するリスクが高すぎます。

 私は濡れないポイントからNikon D750に70-200mmの望遠レンズを付けて撮影していますが、Nikon純正のレインカバーを使用しています。
 簡易的なものから、メーカー純正のものまで、多くのレインカバーがあるので、探してみてください。
カメラ用レインカバー