東京ディズニーシー 期間限定ショー「カムジョイン・ユア・フレンズ」鑑賞ガイド


はじめに

 東京ディズニーシーで2016年1月12日〜4月10日までの期間限定で公演されるショー「カムジョイン・ユア・フレンズ」の鑑賞ガイドです。

 このショーではミッキーとダッフィーのお友達、ジェラトーニが初めて登場します!
 メディテレーニアンハーバーのピアッツァ・トポリーノ(ミッキー広場)で公演されるショーですが、鑑賞場所がとても狭く、かなり激戦のショーになっています。

 この鑑賞ガイドでは、「カムジョイン・ユア・フレンズ」のショー概要や、鑑賞エリアの入替制、待機列の場所などについて詳しく解説していきます。

≪出演キャラクター≫
ミッキー、ミニー、プルート、ジェラトーニ、ダッフィー、シェリーメイ、ドナルド、デイジー、チップ、デール、クラリス、グーフィー、マックス

ショーの流れ

ショーの流れ


 ショーの序盤は様々な方向からキャラクターが登場します。
 まず船に乗ってやってくるのが、ミッキー、ミニー、プルート、ダッフィー、シェリーメイで、ミッキー広場のステージ裏に停泊して上陸します。

 陸からはリドアイル方面からグーフィーとマックスが、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ方面からはドナルドとデイジーが、ミラコスタ通り方面からはチップ、デール、クラリス、遅れてジェラトーニが登場します。

 ショーの中盤までは各キャラクターが前方に集まり、ステージ周辺でパフォーマンスをしますが、それ以降は終盤までグリーティングタイムとなり、鑑賞エリア内の通路に各キャラクターが散ります。

 ショーの半分くらいはこのグリーティングタイムで、最後は再びステージ周辺に集まってパフォーマンスをした後、キャラクターは船に乗って退場となります。

ショーの半分を占めるグリーティングタイム


 このあと詳しく解説しますが、今回は鑑賞エリア内に通路があり、ショー中盤のグリーティングタイムは各キャラクターがその通路に散らばります。

 グリーティングショーなので、その時間は通路側にいれば各キャラクターと触れあうことができます。
 その間、ステージ上には誰もいなくなるので、最前列や前方を狙うより、とにかくどこでもいいから通路側を狙ったほうがいいショーと言えます。

 グリーティング中は各キャラクターの動きは特に決まっておらず、そこは各キャラクターの気分次第です。
 グリーティング以外でも特定のキャラクターがよくいる場所は無いので、今回のショーは○○が目当ての場合は○○が良いという場所は無いと思ってください。

鑑賞エリアの解説

 「カムジョイン・ユア・フレンズ」の観賞エリアはミッキー広場のステージ前で、座り見と立ち見で構成されています。


 まず、座り見は中央に十字の通路があり、4つのブロックに分かれています。
 この通路ももちろんショー中にキャラクターが通る通路になっているので、このような通路側は狙い目です。


 前後左右4つのブロックに分かれている座り見エリアを囲むように立ち見が形成されますが、この座り見と立ち見の間にも通路があり、立ち見の最前列ならキャラクターとも絡めます。

キッズエリアもあります!


 このショーではキッズエリアもあります。


 場所は座り見後方・右ブロックの右側です。立ち見エリアの一部がキッズエリアになっているというイメージです。

座り見は入替制!次回公演の待機列は離れたところに!

 上で解説した4つのブロックに分かれている座り見エリアは各回入替制になっています。
 次回公演の待ち列は離れたところに形成されるので、注意が必要です。


 まず、次回公演の待機列は「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」から「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前付近にある石垣の前に形成されます。

 3回公演の場合、2回目公演はこの石垣前が待機場所になっているため、2回目公演を鑑賞する人がミッキー広場に移動するまで、3回目公演は「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」横の階段付近で待つことになります。

 まとめると
・1回目公演
 開園直後からミッキー広場で直接場所取り
・2回目公演
 1回目公演終了までは石垣前で列を作り待機
・3回目公演
 2回目公演待ち列が移動するまではザンビ横
 移動後は石垣で列を作り待機

ミッキー広場以外からの観賞

 ミッキー広場以外の場所からだと、ショーの一部を見ることができます。


 ショーの序盤に船に乗って登場するミッキー、ミニー、プルート、ダッフィー、シェリーメイはメディテレーニアンハーバーの「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」側(火山に向かって右側)に沿って移動してミッキー広場やってきます。

 ショーの最後に全キャラクターが船に乗って退場する際には、メディテレーニアンハーバーをぐるっと1周するため、ハーバー沿いであればその様子を見ることができます。

 他には陸から歩いて入場するキャラクターをルート上で見ることも可能です。