TDL《イッツ・ア・スモールワールド》リニューアルのテスト運営がスタート

公開日: 最終更新日:

イッツ・ア・スモールワールド リニューアル

東京ディズニーランドで2018年4月15日にリニューアルオープンする《イッツ・ア・スモールワールド》のテスト運営が本日行われました。


東京ディズニーランド《イッツ・ア・スモールワールド》

 2018年4月15日にリニューアルオープンするディズニーランドの超定番アトラクション《イッツ・ア・スモールワールド》が、本日テスト運営を実施しました。

 ディズニーランドやディズニーシーでは、新アトラクションのオープン前にテスト運営が行われることが多いです。
 1カ月前から何日もやることもあれば、1週間前などに数日間しかやらない場合もあって、まちまちです。今回はちょうど1週間前からのスタートになりました。

 テスト運営のため、アトラクション内の撮影・掲載は禁止とアナウンスがされていました。
 内容については4月15日以降に、写真とともに記事をアップすることにし、今日は運営状況と今後の見通しについて解説していきます。

開園からテスト運営を実施!本日はファストパスの発券は無し

イッツ・ア・スモールワールド リニューアル

 本日、4月8日は開園からテスト運営を実施!情報が広まって、10時前後には35分待ちの表示でした。
 日曜日でパーク内は通常の土日程度の混雑だったこと、人通りの多いところにあること、これらが重なって30~40分程度の待ち時間で推移しているようです。

 回転効率が非常に良いので、もともと待ち時間がそれほど伸びることがないアトラクションではありませんが、オープン後の休日は60分を超えることもあるかもしれませんね。
 リニューアル後の《イッツ・ア・スモールワールド》は、ファストパスの対象アトラクションになりますが、本日はファストパスの発券は行われていませんでした。

今後のテスト運営は?

 基本的にこういうテスト運営は、その日にその場に行ってみないとわかりません
 なので、ここから先に書くことは完全に私個人の予想になります。

 テスト運営がはじまった場合は、たいていはオープン直前まで毎日実施します。
 徐々に本番に近づけていく形で行われていくので、どこかでファストパスの発券も行われるようになると思います。

 テスト運営のスタート直後はお昼過ぎくらいから夕方くらいまでと、時間を限定して行うことが多いです。
 おそらく14日までは毎日テスト運営が実施されるのではないかと思われますが、10日はTDR35周年イベントの取材で訪れたプレスだけしか入れないという形になる可能性もありそうだなと思っています。

 

 過去の例から考えると、このような形が予想されますね。
 今日から14日までの間にパークに行かれる方は、当日にテスト運営を実施しているかどうか、チェックしてみてください!


ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2019