白雪姫やニモが見られるのは残り1週間!《TDL・エレクトリカルパレード・ドリームライツ》7月11日リニューアル

公開日:

エレクトリカルパレード・ドリームライツ

2017年7月11日にリニューアルされる《東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ》。現行のフロート6台はリニューアル前の7月7日まで。


2017年7月11日リニューアル!《東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ》

アナ雪、シンデレラ、美女と野獣が登場

ディズニー夏祭り2017

©Disney
夏の東京ディズニーリゾート®|オリエンタルランドグループ・ニュースリリース

 ディズニーランドと言えばこのパレードを思い浮かべる人が多いであろう、超定番パレード《東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ》。
 このパレードが今年の夏、2017年7月11日からリニューアルされ、新たに5つのフロートが追加されます。

 リニューアル内容については、既に昨年の発表時に別記事でまとめているので詳しくはそちらをご覧頂くとして、簡単に振り返ると以下のとおり。
 『アナと雪の女王』が新登場『シンデレラ』は現行からリニューアル『美女と野獣』が6年ぶりに復活となります。

テーマ フロート数 出演キャラクター
アナと雪の女王 1台 アナ
エルサ
シンデレラ 2台 シンデレラ
プリンス・チャーミング
美女と野獣 2台 ベル
ビースト

 なお、LED化が進められていた《TDL・エレクトリカルパレード・ドリームライツ》のリニューアルは今回で4度目になります。

 今回のように正式にアナウンスされてのリニューアルは2015年7月以来なんですが、それ以外にもこのパレードはちょこちょこ内容が変更されています。
 2016年7月にも『モンスターズ・インク』のフロートが終了し、ダンサーが大きく変更されたということもありました。

白雪姫、ニモ、クラッシュなど、現行のフロート6台は7月7日が最後!

 今回のリニューアルに伴い2017年7月8~10日は休止期間になるため、現行のパレードが見られるのは7月7日まで
 リニューアルによって終了するフロートもあり、それらが見られるのも今日を含めて残り7公演です。

白雪姫、ニモ、クラッシュは終了

 まず、完全に終了するのが『白雪姫』の1台と、『ファインディング・ニモ』の2台です。

エレクトリカルパレード・ドリームライツ 白雪姫

 もともと『白雪姫』のユニットは、白雪姫、七人のこびとの2台編成でしたが、2011年のリニューアルで七人のこびとのフロートが終了し、生き残っていた白雪姫のフロートも今回で終了することになりました。

エレクトリカルパレード・ドリームライツ ニモ
エレクトリカルパレード・ドリームライツ クラッシュ

 『ファインディング・ニモ』のユニットは2007年のリニューアルで登場し、ニモとクラッシュの2台のフロートがありましたが、10年間の役目を終えて終了となります。

『シンデレラ』はリニューアルで、フェアリー・ゴッドマザーが出演しなくなる

 2007年に一度リニューアルしている『シンデレラ』は、現行だとシンデレラとフェアリー・ゴッドマザーの2人が乗っているフロート、チャーミング王子が乗っている時計台のフロート、そして舞踏会のフロートの、合計3台のユニットになっています。

エレクトリカルパレード・ドリームライツ シンデレラ
エレクトリカルパレード・ドリームライツ チャーミング王子

 これがリニューアルによって2台に減り、シンデレラとチャーミング王子は引き続き出演しますが、フェアリー・ゴッドマザーが出演しなくなります。

 現行のフロートだとフェアリー・ゴッドマザーは見上げるようなとても高い位置にいるので、少し風が強いとすぐカットになっていましたよね。
 お馴染みの“ビビディ・バビディ・ブー”のセリフとともに、シンデレラに魔法をかける演出が印象に残っているので、いなくなってしまうのは残念です。

 

 ということで、現行の6台のフロートが見られるのは、今日を含めて残り7日間。

 私は昨日、6月30日に見てきましたが、ちょうど今は梅雨時期ということもあって、雨に弱いこのパレードもやるのかやらないのか際どいという日が続いています。
 七夕イベント期間に行く人は見られるときに見ておくことをオススメします!


東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2018