TDS《イッツ・クリスマスタイム!》の鑑賞エリアが変更!スロープでも鑑賞可能に

公開日: 最終更新日:

イッツ・クリスマスタイム!2018 ドナルド デイジー

東京ディズニーシーで2018年11月8日~12月25日に開催されるクリスマスイベント『ディズニー・クリスマス』のショー《イッツ・クリスマスタイム!》の鑑賞エリアが変更されました。変更内容を詳しく解説します。


東京ディズニーシー『ディズニー・クリスマス2018』

お昼のハーバーショー《イッツ・クリスマスタイム!》の鑑賞エリアが変更

 チップ&デール&クラリス好きには朗報です。本日から《イッツ・クリスマスタイム!》の鑑賞エリアが一部変更となりました。
 今後また変更される可能性はありますが、今のところは今後もこの形でいくそうなので、変更後の様子を詳しく解説していきます。

スロープのファミリーエリアが無くなり、誰でも鑑賞できるように

 まずは、これまでファミリーエリアとなっていて、子供がいないと鑑賞することができなかったスロープの部分が、ファミリーエリアでは無くなりました。

イッツ・クリスマスタイム!2018 抽選 鑑賞エリア

 ここではお立ち台にマックスが、そして2つのお立ち台の間にチップ&デール&クラリスがやってきます。

 今日は平日で混雑しておらず、ショー待ちも少なかったので、1時間前でもお立ち台とチデクラポジは2列、それ以外は1列という状況でした。
 今日からなので、今後はもっとショー待ちする人が増えるかもしれませんね。ただ、このショーはやはりステージが見えるところのほうが人気の印象で、今日もミッキー広場の横部分のほうがショー待ちは多かったです。

ファミリーエリアはスチーマーライン乗り場へ

 これまでスロープにあったファミリーエリアは、スチーマーライン乗り場のところへ移動となりました。
 場所としては2か所あって、スチーマーライン乗り場の横と上になります。

イッツ・クリスマスタイム!2018 抽選 鑑賞エリア

 このショーはキャラクターがみんな徒歩で登場しますし、ショー中も海上の船はただの移動手段になっているだけなので、海上が見えても楽しめるとは言えません。
 スチーマー横だと出演者が前を通ることもほとんどありませんが、一応ザンビ前のステージを横から見れないこともないといった場所ですね。ファミリーエリアは追いやられた感があります。

 

 他の場所は変わっていません。抽選エリアもこれまで通りです。
 この変更は既に鑑賞ガイドのほうにも反映しているので、改めてこちらで全体の鑑賞エリアをご覧になると、より把握しやすいと思います。


ポケット版 東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2019