TDS「テーブル・イズ・ウェイティング」が2017年3月17日に公演終了

公開日: 最終更新日:

テーブル・イズ・ウェイティング

東京ディズニーシーのレギュラーショー「テーブル・イズ・ウェイティング」が2017年3月17日をもって終了することが発表されました。詳しい情報をお届けします。


「テーブル・イズ・ウェイティング」2017年3月17日に終了へ

 ディズニーシーの「テーブル・イズ・ウェイティング」が2017年3月17日にクローズすることが東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトでアナウンスされました。詳しく解説していきます。

ディズニーシー「テーブル・イズ・ウェイティング」

テーブル・イズ・ウェイティング

 「テーブル・イズ・ウェイティング」はディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあるドックサイドステージで公演されているレギュラーショーです。

 S.S.コロンビア号をバックに、世界一周の旅から帰ってきたミッキーが世界中のお土産をゲストにおもてなしするショーで、様々な食べ物に扮したキャラクター衣装が魅力のショーです。

スペシャルイベントのショーがレギュラー化

テーブル・イズ・ウェイティング

 「テーブル・イズ・ウェイティング」は、もともと2008年の秋に開催されたスペシャルイベント「ディズニー・ア・ラ・カルト」で公演されたショーです。
 翌年からハロウィンイベントがスタートし、そこからディズニーシーは賑わいを見せていきましたが、その前のゲストがまばらで静かな頃の話ですね。

 ドックサイドステージでは2010年まで「オーバー・ザ・ウェイブ」というショーが公演されていましたが、それに代わって2011年の東京ディズニーシー10th Anniversary「Be Magical!」で「テーブル・イズ・ウェイティング」がレギュラーショー化されました。

 内容はスペシャルイベント時とほぼ同じでしたね。スペシャルイベントのときはそれほど人気があった印象は無かったです。
 「ビッグバンドビート」ももともと5周年イベント期間限定だったのが、レギュラーショーとなってまだまだ続きそうですが、それとは違う流れでのレギュラーショー化という印象ですね。

後継ショーは今のところ発表無し、TDSはしばらく抽選制のショーが中心に

【2016.9.21追記】
 2017年7月11日~2018年3月19日の期間限定でミッキーたちによるグリーティングショーを公演することが発表されました。

 

 今回は「テーブル・イズ・ウェイティング」のクローズが発表されただけで、後継ショーについては明らかになっていません
 そもそも「レジェンド・オブ・ミシカ」が終了してお昼のハーバーショーが無くなったように、ドックサイドステージでの後継ショーが無くなる可能性も否定できません。

 ここ最近のパークの流れでは、周年イベントを機に注目要素となる新レギュラーショーをスタートさせるパターンがほとんどだったので、今年の15周年イベントで入れ替わらなかった「テーブル・イズ・ウェイティング」は20周年イベント前まで公演するんだろうと私は予想していました。

 それだけにこのタイミングでの終了というのはかなり驚きましたね。予想していなかった方も多かったんじゃないかと思います。
 そういう意味で終了の発表はファンの間にもかなりのインパクトを与えるものでしたが、改めて考えるとスペシャルイベント時のショーの焼き直しだっただけに、それが6年も続いたのだから十分なのかなとも思えますね。

テーブル・イズ・ウェイティング

 ひとまず、今回「テーブル・イズ・ウェイティング」が終了すると、残るレギュラーショーは「ファンタズミック!」、「ビッグバンドビート」、「アウト・オブ・シャドウランド」、随時公演の「マイ・フレンド・ダッフィー」になります。

 「ビッグバンドビート」と「アウト・オブ・シャドウランド」は抽選制な上に、キャラクター主体のショーがひとつ無くなってしまうので、ディズニーシーはショーの選択肢がかなり狭まりますね。

最後は15周年フィナーレのプログラムの期間

 クローズは2017年3月17日になりますが、年明け後は15周年イベントフィナーレのプログラムも予定されています。

 まだ内容もわかりませんし、最近は終わるショーやアトラクションに対して特別なプログラムをやることも無くなりましたが、クローズに伴う何らかのプログラムも無いとも限らないので、情報が待たれるところですね。

 最近はクローズが決まった施設に対するファンの見納め需要がかなり高いので、来年3月17日の終了に向けてどんどん混雑することが予想されます。

 「テーブル・イズ・ウェイティング」が好きで好きでたまらなかった人、終わるのならその前に見ておこうかなと思う人、長く続いたショーなので様々な思いを持った方がいると思いますが、終わる前にそれぞれ見納めをしておきましょう。


東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2018