東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2017
東京ディズニーランド&シー裏技ガイド2017


ワッフルサンド3種を食べ比べ!注目のスモアも販売の新レストラン!2016年11月20日のパークレポート後編

公開日:

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

東京ディズニーランドに2016年11月22日オープンする新エリア『キャンプ・ウッドチャック』が一足早くお披露目となりました!11月20日の《キャンプ・ウッドチャック・キッチン》の様子をお届けします。


2016年11月20日・ディズニーランドのパークレポート

 今日は11月20日のパークレポートの続き、ディズニーランドの新エリア『キャンプ・ウッドチャック』にオープンする新レストラン《キャンプ・ウッドチャック・キッチン》をレポートします。
 店内の雰囲気はもちろん、メニューも詳しくレポートしていきます!

 ドナルドとデイジーのグリーティング施設《ウッドチャック・グリーティングトレイル》は、昨日の記事でたっぷりレポートしているので、まだご覧になっていない方はこちらからご覧ください♪

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 それでは新レストラン《キャンプ・ウッドチャック・キッチン》のレポートです!

 ここは旧《ラッキーナゲット・カフェ》の場所ですね。
 レジは以前と同じです。メニューはテイクアウトも可能で、ここで食べる場合は隣接の建物の中にテーブルがあります。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 ちょっと新鮮だったのが、ここの建物の扉が全部、自動ドアだったことですね!
 パーク内では自動ドアってあんまり見かけない気がするんですが、気のせいですかね?(笑)

 今回はワッフルサンド3種類全部とスモアにしました。
 ワッフルサンドはひとつセットにして、スーベニアランチケースにしましたよ!この手のケースは普段買いませんが、ドナヲタとして今回はつい……(;’∀’)

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 ちなみにこれ全部、私ひとりで食べてます←

 いつもブログで私が大食いって漠然と言ってますが、どのくらい大食いかっていうと、具体的には岩手のわんこそばで200杯を超えるくらい、本気を出せば300杯くらいいけそうなくらい食べます(笑)
 わんこそばは男性で平均60~80杯、女性で30~60杯で、200杯だとざるそば14人前くらいですね←←

 そんな私がこの量を食べると、ちょうど腹八分目、シメに《チャイナボイジャー》でラーメン食べたいなってくらいです←←←

ワッフルサンド

キャンプ・ウッドチャック・キッチン ワッフルサンド

 《キャンプ・ウッドチャック・キッチン》で販売されているワッフルサンドはどんなものかと言うと、こんなかんじにワッフルで具を挟んだメニューです。
 なかなか奇抜な発想のメニューですよね(笑)

キャンプ・ウッドチャック・キッチン ワッフルサンド

 最初にこのメニューを見たときは、絶対にこれ食べにくいだろって思っていたんですが、予想していたよりはずっと食べやすいですね。

 《トゥモローランド・テラス》のミッキーブレッドサンドは分厚くて口に入らないので食べにくいですが、これは薄いので意外と食べれます。
 ただ、やはり具はちょっと挟みにくいというか、こぼれていって袋の中に残るかんじにはなりますね。

 量的にはたぶん女性なら1つでいいくらい、男性なら1つじゃ物足りないくらいかなって思います。私みたいにわんこそば200杯レベルの人を除いて(笑)
 では、3種類の味を見ていきます。

ワッフルサンド フライドチキン、メイプルソース付き

キャンプ・ウッドチャック・キッチン ワッフルサンド

 まずはフライドチキンです!サクサクのワッフルにサクサクのフライドチキン、サクサクの二重奏です(笑)

 食感は抜群、ジャンク感もあって男性は好きそうなかんじなんですが、これは辛いです!
 このあとのスパイシーシュリンプよりも辛さを感じました。後から来るかんじですね。辛いなんて聞いてないよ!ってかんじです←

 しかーし!これにはメイプルソースがついています。別でソースがついてきて好みに応じてかけることができるので、とりあえずそのまま食べてみて、辛いと感じた方はメイプルソースで調節すると、まろやかになって食べやすいですよ!

 まあ、うまくかけないと袋の中はドロドロになりますが(笑)

ワッフルサンド スパイシーシュリンプ&アボカド

キャンプ・ウッドチャック・キッチン ワッフルサンド

 続いて、スパイシーシュリンプ&アボカドです。私はこれが一番好きですね!

 これはサラダ感覚のワッフルサンドでさっぱりした味になっています。スパイシーシュリンプはプリプリ感があって、多少スパイシーかな?くらいです。
 そこまで辛いわけではなく、アボカドソースでまろやかになっていますね。

 ワッフルサンドの中でもこれは一番食べにくいやつです(;´・ω・)
 かなりドロッとしたかんじになっているので、ワッフルからガンガンはみ出てきます(笑)うまく食べるテクニックが必要←

ワッフルサンド ベーコン、ベジタブルBBQソース

キャンプ・ウッドチャック・キッチン ワッフルサンド

 最後はベーコンです。これは個人的には想像と違ったかんじです(-_-;)

 サンドでベーコンというと、薄くてカリカリに焼いたものを想像していたんですが、これに入っているベーコンはかなり厚切りのやつです。
 よくスーパーで売っているソーセージステーキみたいな分厚さですね。

 かなり油っこさがあって、バーベキューソースの甘さもあんまり合わないかなと感じました。私はあまり好きではなかったです。

まとめ

 ワッフルサンドは思ったよりも食べやすくて、普通に美味しく食べれるメニューでしたが、これで単品700円は高いですね。
 《トゥモローランド・テラス》のミッキーブレッドサンドが600円なことを考えると、ボリューム的にも物足りないです。

 ワッフルという凝ったサンドになっている分、値段も高めになっているんでしょうね。
 ただ、一度は食べてみると面白いメニューであることは間違いないです!ほかでは売ってないですからね!

オススメ度
チキン ★★★☆☆
アボカド★★★☆☆
ベーコン★★☆☆☆
(5段階中、味は良い、値段が高い)

ワッフルサンド各種
セット内容 ワッフルサンド
フレンチフライポテト
ソフトドリンク
価格 単品700円
セット1,080円

スパークリングレモンゼリードリンク

 ここではドリンクもいくつかオリジナルのものがありますが、そのうちスパークリングレモンゼリードリンクを今回飲んでみました。
 ワッフルサンドのセットのドリンクをこれに変更することも可能(プラス50円)です。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン スパークリングレモンゼリードリンク

 これは一言で表現すると、“ゼリーが入ったキリンレモン”ですね(笑)
 味は普通に美味しかったです!値段はソフトドリンクよりも若干高め。

まとめ

オススメ度:★★★☆☆
(5段階中の3、可もなく不可もなく、無難なドリンク)

スパークリングレモンゼリードリンク
価格 340円

スモア風チョコレートブラウニー

 そして、デザートメニューがスモア風チョコレートブラウニーです!
 この『キャンプ・ウッドチャック』のエリアのテーマを踏まえて、キャンプの定番メニューである“スモア”をアレンジしたメニューです。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン スモア風チョコレートブラウニー

 スモアの特徴は焼きマシュマロです!これはけっこう美味しかったですよ~!
 外はちょっと香ばしいかんじがあって、中はふわっふわのマシュマロなんです。

 これにパーク内では以前から販売されているチョコレートブラウニーが添えられています。
 これで400円は安いですね!!オススメできる味です。

まとめ

オススメ度:★★★★★
(5段階中の5、これで400円なら買い!)

スモア風チョコレートブラウニー
価格 400円

店内もドナルド好きには見どころ満載です!

 店内はいくつかのダイニングエリアがあって、1階と2階に分かれています。
 一部はこんなふうに吹き抜けになっているんですよ!

キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 ここの座席数は440席です。わかりやすいところで言うと《クリスタルパレス・レストラン》が450席《クイーン・オブ・ハートのバンケットホール》が460席なので、これらと同レベルってことですね。
 特別広いっていうわけでもなく、ディズニーランドの中では平均的な広さになっています。

 2階に上がる階段には大きな絵が描かれています。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 2階には少しだけですが、テラス席があって、かなり見晴らしが良いですよ!

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 隅には望遠鏡のような筒があって、トムソーヤ島のサムクレメンズ砦が見えました。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 他にも見どころが多くて、ドナルド好きとしてはチェックしておきたいかんじですね(笑)
 ざっと写真だけ載せておきます。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン
キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 外にはキャンプファイヤーをイメージしたエリアがあって、煙が出てます。なんかここは足湯みたいな雰囲気です(笑)
 スクルージ(・マクダック)おじさんが寄贈したと思われる蓋がありました。

キャンプ・ウッドチャック・キッチン

 以上が、《キャンプ・ウッドチャック・キッチン》のレポートでした!
 いよいよ明日がオープン日ですね!グリーティング施設の待ち時間も記事にする予定なので、今後の情報にもご期待ください♪