2016年8月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想


Point
    行きたい日をクリックすると、その日の詳しい下記データなどが見れます。
  • 混雑予想の解説
  • 全アトラク待ち時間&ファストパス発券予想
  • ショー・パレード待ち時間
  • 過去2年の実際の待ち時間

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


31 1 2 3 4 5 6
TDL E E E E E E E
TDS D E D D D D D
7 8 9 10 11 12 13
TDL E E E E D C D
TDS C C C C C B C
14 15 16 17 18 19 20
TDL D C C D D D E
TDS C B B C C C D
21 22 23 24 25 26 27
TDL E F D D D D D
TDS D F D D D D C
28 29 30 31 1 2 3
TDL D E E E E F E
TDS C D E D E E D
F E D C B A
人気アトラク60分以下
ガラガラの日
人気アトラク60〜90分
普通の平日
人気アトラク90〜120分
混雑する時期の平日
人気アトラク90〜150分
普通の土日
人気アトラク120〜180分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150〜210分
激混み!入園制限レベル





ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2016年8月の解説

1.全体

 夏休みの混雑が本格化してくるのが、この8月です。近年は暑さの影響からか、以前に比べると空いていますが、お盆期間や平日を中心にやや混雑します。7月に比べると混んでいますが、土日はそれほど混雑しません。

2.期間別の混雑予想

2-1.上旬(1〜9日)

 8月に入ると夏休みの混雑が本格してくるため、7月に比べると少し混雑します。
 しかし、混雑するお盆期間や夏休みの最後の思い出作りで混雑する8月後半よりは、この上旬のほうが空いています。

 夏休みは平日が混雑するという特徴があり、土日はそれほど混雑しません。
 土日に行くのであれば上旬でも後半の時期でも大差は無いと考えています。

2-2.お盆期間(10〜16日)

 毎年お盆の混雑は10日頃からはじまっていき、16日に収束していきます。
 2016年から11日が山の日として祝日となりましたが、今年は平日の合間の祝日になるため、それほど大きな影響は無いでしょう。

 毎年14日あるいは15日がピークとなりますが、今年は土曜日の13日にピークがくると予想しています。
 それに次ぐ混雑が日曜日の14日、月曜日の15日という形になるでしょう。

 まとめると、今年は13日>14日=15日>12日=11日>10日>16日という順に混雑するでしょう。


2-3.後半(17〜31日)

 お盆が終わった後も混雑は残り、夏休みの最後の思い出作りで、夏休み期間の中では比較的混雑する時期と言えます。
 土日は影響はありませんが、平日は普段以上の混雑になるため、注意が必要です。


休止施設

ディズニーランド

5月15日〜8月31日
オムニバス
8月22日〜9月2日
ホーンテッドマンション

7月8日〜8月31日
スカイハイ・ウィッシュ
7月8日〜9月8日
スーパードゥーパー・ジャンピンタイム
ディズニーシー

7月8日〜8月31日
スカイハイ・ウィッシュ

混雑予想関連情報

両パーク共通

7月19日〜8月31日(平日のみ)
夏5ウィークデーパスポート
ディズニーランド

7月9日〜8月31日
ディズニー夏祭り
ディズニーシー

2016年4月15日〜2017年3月17日
東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”
7月9日〜8月31日
ディズニー・サマーフェスティバル

過去の入園制限

[2011]
14日(日)─11:40〜16:30(TDS)
15日(月)─11:30〜18:00(TDS)