2016年5月 ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想


Point
    行きたい日をクリックすると、その日の詳しい下記データなどが見れます。
  • 混雑予想の解説
  • 全アトラク待ち時間&ファストパス発券予想
  • ショー・パレード待ち時間
  • 過去2年の実際の待ち時間

TDL=ディズニーランド混雑予想

TDS=ディズニーシー混雑予想


24 25 26 27 28 29 30
TDL E E F F F D D
TDS D E F E E D D
1 2 3 4 5 6 7
TDL D D D D E E F
TDS E C C D D E E
8 9 10 11 12 13 14
TDL E F F F F E D
TDS E F F E E F C
15 16 17 18 19 20 21
TDL E F F E E F D
TDS D E F E E E C
22 23 24 25 26 27 28
TDL D E F F F E D
TDS D E E E E D C
29 30 31 1 2 3 4
TDL D D F F E E D
TDS C E F F E E C
F E D C B A
人気アトラク60分以下
ガラガラの日
人気アトラク60〜90分
普通の平日
人気アトラク90〜120分
混雑する時期の平日
人気アトラク90〜150分
普通の土日
人気アトラク120〜180分
混雑する時期の土日
B+は入園制限の可能性
人気アトラク150〜210分
激混み!入園制限レベル





ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想 2016年5月の解説

1.全体

 5月は頭のゴールデンウィークがやや混雑すること、下旬からは学校行事の代休で月曜日が混雑すること、この2点を除けば全体的に空いている月です。4月に比べるとやや人は増えますが、それでも十分過ごしやすい月と言えるでしょう。

2.期間別の混雑予想

2-1.ゴールデンウィーク

 今年のゴールデンウィークは3連休+平日+3連休+平日+土日という形になっていて、間の平日も休んだ場合は10連休になります。
 ゴールデンウィークは例年5月の連休が混雑し、今年は後半の3連休中日が混雑のピークになりそうです。

 しかし、近年のゴールデンウィークは混雑するというイメージが定着しているせいか、全体的にあまり混雑していません。
 春休み、ハロウィンやクリスマス期間の三連休に比べるとまだ空いているほうです。
 特に今年は連休期間が長く、また間に平日を挟むことから、分散して空くと予想しています。

 まとめると、4日>5日>3日>30日>>1日>29日>>7日>2日=6日=8日という順に混雑するでしょう。

2-2.中旬

 例年、ゴールデンウィークの翌週は反動で空く傾向にあり、5月中に行くのであれば狙い目と言えます。
 それでも4月に比べると少し混雑するでしょう。


2-3.下旬

 6月に向けて徐々に入園者数が増えてきます。それでもまだ普通の混み具合。楽しむには十分空いていると言えます。
 気を付けなければならないのは月曜日です。5月の下旬頃からは運動会・授業参観等の学校行事が増えるため、代休となる月曜は混雑する傾向にあります。


休止施設

ディズニーランド

5月9日〜5月28日
スイスファミリー・ツリーハウス
5月15日〜8月31日
オムニバス
5月19日〜6月3日
プーさんのハニーハント

4月6日〜5月14日
ハピネス・イズ・ヒア
ディズニーシー

5月9日〜6月19日
フランダーのフライングフィッシュコースター
5月30日〜6月17日
海底2万マイル

5月16日〜5月19日
ゴンドリエ・スナック

混雑予想関連情報

両パーク共通

4月6日〜7月15日(平日のみ)
首都圏ウィークデーパスポート
ディズニーランド

3月25日〜6月15日
ディズニー・イースター
ディズニーシー

2016年4月15日〜2017年3月17日
東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”

過去の入園制限

[2013年・TDR30周年]
 4日(土) ─ 10:00〜15:00(TDL)
 18日(土) ─ 12:30〜17:00(TDL)

[2010年]
 22日(土) ─ 11:00〜16:00(TDL)

[2008年・TDR25周年]
 4日(日・4連休2日目) ─ 8:30〜15:00(TDL)